<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

朱鷺のいる日常

2020.03.28 Saturday

 

朱鷺の姿を見かける機会が非常に多くなりました。

 

7M301495.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/500,F5.6,iso1600]

 

人は朱鷺に慣れてきた気はしますが、朱鷺は人には慣れたでしょうか。

まぁ、どちらも「過ぎる」と良くはないんでしょうけれど…。

 

 

 

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:里山

JUGEMテーマ:カメラ

Close to the night 〜 真野湾 〜

2020.03.27 Friday

 

昨夜の真野湾(Monowan Bay)沿いです。

 

7S200065.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F2.8,iso3200]

 

この前夜に「千畳敷(Sejōjiki)」「弁慶のはさみ岩(Benkei no Hasamiiwa)」の素晴らしい星空を見ていました。

夜の浅い時間に早くも西の空に傾くオリオン座を見て、急にこんな星空が惜しくなってしまいました。

 

7S200066.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F2.8,iso3200]

 

桟橋の向こう側の水平線の上がオレンジ色に光っています。

時刻は20時30分に近い頃です。

夕陽の名残か、はたまた上越市方面の街灯りでしょうか…。

 

7S200067.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F2.8,iso3200]

 

この日も星は多く、オリオン座が霞んでしまうようでした。

(肉眼でははっきり分かるんですが、こうして超広角レンズで撮った写真で見ると本当に見つけられないですね…)

 

7S200069.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F2.8,iso3200]

 

桟橋の袂にあった貝殻です。

こうして写真で見るほど明るくない場所なので、危うく踏んづけてしまうところでした。

すぐ下の波打ち際から拾って来た貝殻でしょうか…。

星空を撮り終えて、もう少し何かこうゴリゴリとした刺激が欲しいような、不完全燃焼のような気分だったんですが、

何となく、この貝殻の絵を見て、ふっと気持ちが緩んでしまいました。

 

 

 

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:海と空の写真

Close to the night 〜 弁慶のはさみ岩 〜

2020.03.26 Thursday

 

昨日の記事の続きです。

 

7S200058.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F2.8,iso6400]

 

「千畳敷(Senjōjiki)」からは車で2分とかかりません。

「弁慶のはさみ岩(Benkei no Hasamiiwa)」です。

 

既に春分の日を過ぎていますが、毎年2度、春分の日と秋分の日の前後に、この岩の間に夕陽が落ちます。

この春は、既に2週間くらいも前にそんな姿を目撃したところです。

 

7S200062.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F2.8,iso6400]

 

そして、同じこの時期に、この場所にオリオン座が鎮座することについてはこの日初めて知りました。

3月25日の21時30分過ぎに、こんな絵が見えることは記憶しておこうと思います。

 

7S200063.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F2.8,iso6400]

 

夕陽が落ち、オリオン座が居座る「はさみ岩」です。

もう1つ確認したいことがあります。

この春は、もう1回ここへ来たいと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:日常。