<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

焼き鳥「金福」

2018.01.17 Wednesday

 

相川が誇る名店「金福(Kimpuku)」さんへと足を運びました。

 

DSC06346.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/125,iso1600】

 

こんな冷たい雨の日は相川の”裏町”の路地を歩くに限ります。

まぁ、たいして寒い夜でもありませんでしたが。

昔はたくさんのお店が軒を連ねていました…。

 

DSC06361.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/125,iso1600】

 

この日は”尊敬してやまない大先輩”であるllloさんとお邪魔させていただきました。

仕事帰りの私に、先にお店へ向かっていたllloさんからの電話が鳴りました。

 

「今着いたんですが、満席で…」

「そうなんですか?? 平日なのに」

「そうなんですよ。こんなド平日なのに皆さん何を考えているんでしょう」

「じゃあ、どこか別のお店へ行って…」

 

なんて会話をしていたところ「おっ、1人帰る」「あっ、もう1人帰る」「おぉっ、3人くらい帰る」ということで、

llloさんに2名分の席の確保をお願いし、大急ぎで向かいました。

 

DSC06364.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/125,iso1600】

 

正肉、レバー、サビ焼き、梅しそ焼き等々、、、いつものメニューに舌鼓を打ちながら、黒ビールなんぞ頂いてみました。

これには、私の空いたグラスに日本酒を注ぐフリをしていたお茶目なマスターも「どうした??」という表情をされていらっしゃいました。

基本、生ビールしか飲むことはありませんからね…。

これからはちょっと大人な感じを目指したいと思います。

 

DSC06371.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/200,iso1600】

 

最近、SNS等でも取り沙汰されておりました、金福の新しいマスコットキャラクターの「まねき猫又2号」です。

その手元には空串を握っていたんですが、それだけでは寂しそうだったので銀杏を握っていただきました。

私は黒ビールをお代わりしつづけ、「お酒と女は2合(号)まで」をモットーとしているllloさんも3合(号)、4合(号)と…。

気がつけば閉店時間が迫り、お店には私とllloのみという状態になっていました。

 

何度も「今日が金曜日だったら」と呟きながら「平日から何を考えているんだ??」と、今度は自分自身に言い聞かせます。

離れがたき金福のカウンター。

少々お疲れ気味に見えたマスターと「まねき猫又2号」にお礼し、お店をあとにしました。

来週末にでも、また遊びに来たいなと思います。

 

今度は「まねき猫又2号」に何を握らせましょうか…。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

Today

2018.01.16 Tuesday

 

暖かな1日でした。

 

DSC06167.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F5.6,iso800】

 

夕陽とか、夕焼けの類をまったく見ていません。

真野湾の向こう側にほんのりとした夕焼けが見えただけで懐かしい気分になってしまいました。

少しずつ日が長くなっているということも、嬉しいことです。

 

DSC06168.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F5.6,iso800】

 

カメラを構えている私に気を遣って、前を横切るのをわざわざ待ってくださっていたお子さんとお母さん、ありがとうございました。

 

 

 

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日常。

寒波は去ったようです

2018.01.15 Monday

 

昨日の記事の続きの時間です。

 

DSC06075.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/1000,F5.6,iso400】

 

朝方は青空も広がっていたんですが、午後からはずっと雪でした。

まぁ、積もっている雪は前夜までに積もったもので、この頃降っていたのはボタ雪ですが…。

雪の京町通りを降りていく親子の姿がありました。

 

DSC06084.jpg

【α99,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/160,F11,iso100】

 

「相川坂下町」です。

坂の下にあるから坂下町なんでしょうね、きっと。

背後は佐渡奉行所です。

 

DSC06092.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/160,F11,iso100】

 

路地に続く足跡がなんとも言えず良い感じでした。

多少、うらぶれたような雰囲気も漂っていましたが…。

ここを向こうへと歩いていく人の姿を見たくて30分ほど”張り込んで”みたんですが、その間、人の姿は見られませんでした。

 

DSC06119.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1250,F2,iso100】

 

外海府の方面へと足を延ばしてみました。

「達者(Tassha)」です。

 

DSC06122.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso100】

 

「姫津(Himedsu)」です。

 

DSC06125.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1000,F2,iso100】

 

漁船が1艘、ウミネコの群れを引き連れていました。

この時間から漁へ向かったんでしょうか??

この風情が”夜叉の海”を思い出させてくれます。

 

DSC06250.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/250,F2.8,iso100】

 

尖閣湾(Senkaku-wan Bay)の断崖絶壁に立ってみました。

この頃が雪のピークだったでしょうね。

風も強くて撮影どころではなかったですが…。

 

DSC06135.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1250,F2,iso100】

 

DSC06156.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/100,F8,iso200】

 

DSC06275.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso100】

 

DSC06283.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso100】

 

北狄(Kitaebisu)です。

外海府の海岸線に続く漁師町が雪を被った姿が冬の佐渡の厳しい風情を語っているような気がします。

ここに生きている皆さまは強く、とても逞しいです。

そして、優しいです。

 

DSC06284.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso100】

 

DSC06288.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso100】

 

戸中(Tochū)です。

15時を過ぎると一気に夜に近づいてしまいます。

道中の道草が多すぎたようです。

このバス停の隣の護岸の向こう側は、海です。

こんな海岸線の近いところにこれだけの積雪量です。

 

DSC06301.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/250,iso200】

 

北片辺(Kita-Katabe)です。

冬になって雪が降ると見たくなる船小屋の景色です。

 

DSC06313.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/250,iso200】

 

DSC06322.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/125,iso200】

 

入崎(Nyūzaki)へと続く海岸線の直線道路です。

正面の丘の上には入埼灯台です。

この後、灯台のところまで車で登ってやろうと思い、踏み跡も轍もない新雪の山道へと突入しました。

しかし、雪そのものはサラサラの状態だったんですが、思いのほか雪が深く、やがて車は進めなくなってしまいました。

あの小高い丘の上から高千一帯を俯瞰してみたかったんですが、残念ながら叶いませんでした。

この要領で石名(Ishina)の海岸段丘の上から見下ろしたい風景があったんですが、「たぶん無理だろうな…」ということで、ここでUターンです。

思い描いていた絵はあって「何故今までそれを撮ろうとしなかったんだ??」なんて振り返ってみたんですが、結局はこういうことの繰り返しです…。

新雪が降り積もったら、車にはかんじきを搭載しておかないとですね。

 

新潟では8年ぶりと言われる大雪をもたらした寒波は一旦去ったようです。

今日は朝から強い風と一緒に雨が降りつけています。

幹線道路を覆っていた雪は軒並み姿を消しています。

 

せっかく降り積もった雪が一気に姿を消してしまうのは寂しい感じもします。

…が、雪の無くなった道路の走りやすさと安心感とを秤にかけたら、やっぱり雪が無いにこしたことはありませんね。

 

 

 

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:迫り来る冬

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:デジタルカメラとオールドレンズ