<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

桜の季節 2020 〜 新保八幡宮例祭 III

2020.05.08 Friday

 

新保八幡宮の正面での鬼太鼓が終わり、各組とも退散します。

 

7M302975.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F11,iso1250]

 

「密集を避けましょう」の看板が見えるでしょうか。

昨日も書きましたが、こんなこと、もう2度となければそれに越したことはありません。

…が、こうした取組、心得、そして行動は、今後の模範となることと思います。

見事な意思統一ぶりでした。

 

7M302989.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/200,F11,iso400]

 

7M303012.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1250,F2.8,iso800]

 

7M303019.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1250,F2.8,iso800]

 

7M303049.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F2.8,iso320]

 

7M303054.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F2.8,iso100]

 

今となっては、桜の季節が懐かしい限りです。

鬼太鼓のあとも様々な神事が続いていました。

いずれも、COVID19への感染防止対策として短縮・圧縮した内容だったようです。

 

神事と感染症対策のお話ですので、お祭の主催側においても様々な葛藤や議論があったと思います。

また、きっと一筋縄にはいかなかったんじゃないかと思います。

しかし、結果は、見事な意思統一感でした。

 

7M303058.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/200,F2.8,iso100]

 

7M303059.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/200,F2.8,iso100]

 

7M303069.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/200,F2.8,iso100]

 

7M303073.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/500,F2.8,iso400]

 

7M303080.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/500,F2.8,iso400]

 

7M303084.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/500,F2.8,iso400]

 

7M303087.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/500,F2.8,iso400]

 

7M303095.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso1250]

 

神事は神輿から流鏑馬へと。

そして、門付けを終えた鬼太鼓も再び境内に戻ってきていました。

 

例年以上に短かった冬です。

ひょっとしたら、祭りが始まる前に桜が散ってしまうんじゃないかと思いましたが、桜の咲き具合はちょうど良かったんじゃないかと思います。

 

何度も繰り返しになりますが、今年のようなことは、もう起こらなければ良いなと誰もが思うことと思います。

ただ、こんな逆境の中でも見事な意思統一によって大きな神事が執り行われたことは称賛に値することと思います。

 

この日を目指して様々な対応策を熟考され、それを敢行された主催者の皆様。

主催者の意向をよく理解するとともに、COVID19の問題を"我が事"と捉え、責任ある行動に終始した観覧者の皆様。

すばらしいお祭りでしたね。

こんなご時世ながら、このような素晴らしい祭礼行事を目の当たりにさせていただき、感謝しかありません。

たいへんありがとうございました。

 

 

 

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:地元の祭り

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

桜の季節 2020 〜 新保八幡宮例祭 II

2020.05.07 Thursday

 

昨日の記事に引き続き、4月15日の「新保八幡宮例祭」の様子です。

 

7M302868.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso1250]

 

7M302873.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso1250]

 

7M302874.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso1250]

 

7M302878.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso1250]

 

7M302879.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso1250]

 

7S200891.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1600]

 

7S200893.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1600]

 

7S200897.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1600]

 

7S200902.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1600]

 

7S200905.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1600]

 

7S200927.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1600]

 

7S200928.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1600]

 

7S200930.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1600]

 

7S200935.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1600]

 

7S200944.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1600]

 

7S200946.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1600]

 

7M302901.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso1250]

 

7M302917.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso1250]

 

7M302922.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso1250]

 

7M302930.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/5000,F2.8,iso1250]

 

7M302931.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/5000,F2.8,iso1250]

 

7M302950.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/5000,F2.8,iso1250]

 

ご覧のとおり、鬼以外の皆さんがマスクを着用しています。

(さすがに、鬼がマスクを着用すると窒息する恐れがあるんだそうです…)

 

境内には例祭の数日前から看板が設置され、COVID19に対する感染防止策が箇条書きされていました。

登場した鬼太鼓の皆さんも「ソーシャルディスタンス」といった、間隔を開けることを促す看板を掲げていました。

私たち観覧する側の人間も、各々が"3密"を避けるためにしっかりと意識しているといった雰囲気がありました。

 

感染防止のため、様々な行事が短縮されて執り行われた今回の「新保八幡宮例祭」でした。

もうこんなことは繰り返して欲しくないと誰もが思っていることでしょうけれど、今回の新保地区の取組はいつかまたこんなことがあった場合の

先進的かつモデル的な取組になるのかも知れません。

 

 

 

JUGEMテーマ:地元の祭り

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:神社仏閣

桜の季節 2020 〜 新保八幡宮例祭 I

2020.05.06 Wednesday

 

4月15日の写真です。

この日は、所謂「島祭り」でした。

 

7M302717.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/125,F11,iso200]

 

とにかく、今年はCOVID19の影響で「島祭り」の"敢行"については、各地域に委ねられたようです。

各地域においては、「神事と自粛は別だ」という至極当然のご意見もあったようですが、時節柄、自粛を選択した地域が圧倒的多数でした。

 

7M302722.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/125,F11,iso200]

 

そんな中、割りと早い時期に祭りの実施を前面に出していたのが、こちら、新保八幡宮の例祭です。

 

7M302732.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1000,F2.8,iso200]

 

私自身としては、今年については「どこそのお祭りを見に行こう」という考えも持っていなかったんですが、

数少ない友人の1人が「是非とも観に行きたい」ということで、まぁ、同行させてもらったというか同乗したというか…。

振り返ってみれば、良い機会を得たと思っています。

 

7S200785.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/250,iso200]

 

7M302753.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/125,F11,iso200]

 

7M302783.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1600,F2.8,iso200]

 

こちらの例祭につきましては、

4組(地区)の鬼太鼓が銘々の地区を朝から門付して回り、午後のある時間に揃って新保八幡宮の正面で鬼太鼓を奉納するものです。

その4組が集結する時間を狙って新保八幡宮をお邪魔しました。

 

7S200798.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso200]

 

7S200805.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/1250,iso200]

 

7M302789.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1000,F2.8,iso400]

 

7M302793.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1000,F2.8,iso400]

 

7M302797.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1000,F2.8,iso400]

 

7M302801.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1000,F2.8,iso400]

 

7S200818.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/800,iso200]

 

7M302834.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1600,F2.8,iso400]

 

7M302837.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1600,F2.8,iso400]

 

7S200831.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1250]

 

7S200845.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1250]

 

7S200853.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1250]

 

7S200854.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/2000,iso1250]

 

7M302853.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1600,F2.8,iso400]

 

7M302854.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1600,F2.8,iso400]

 

7M302855.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1600,F2.8,iso400]

 

7M302857.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1600,F2.8,iso400]

 

7S200859.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/2000,iso1250]

 

7S200861.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/2000,iso1250]

 

7M302860.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso400]

 

ちなみに、この「島祭り」に際し、"敢行"した地域と"自粛"した地域がありますが、それは各々の地域において判断したものです。

また、その判断についてはどの地域の判断についても、間違いという類のものは1つもなかったものと理解しています。

各々の地域において、時節柄遵守すべき課題等について意見を交わし、最善の策を選んだ結果なんだと思います。

 

続きは、明日にでもアップしたいと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:地元の祭り

Nowadays

2019.08.25 Sunday

 

夏も終わりに差し掛かっていますね。

もっとも、暦の上ではとっくに秋なんでしょうけれど。

 

7M307531.jpg

【α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,82,F9,iso160】

 

佐渡の夏を飾る最後の花火大会は「小木港祭り」です。

 

01.jpg

【α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,63,F9,iso160】

 

02.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,4,F9,iso160】

 

03.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,4,F9,iso200】

 

04.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,5,F9,iso200】

 

05.jpg

【α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,4,F9,iso200】

 

7M307643.jpg

【α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,15,F9,iso200】

 

フィナーレは三尺玉です。

佐渡の花火大会では、唯一の三尺玉です。

昨年は学生時代以来、20数年ぶりの柏崎花火で三尺玉を見ていました。

今年は最初で最後の三尺玉となりそうです。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:祭り

JUGEMテーマ:花火大会

 

両津七夕川開き大花火大会

2019.08.08 Thursday

 

こちらの花火大会は"毎年恒例"ですが、

今年は両津港開港150周年を記念して「両津港開港150周年記念花火」も打ちあがったそうです。

どれがその花火かということは、アナウンスすら聞こえないこの場所においては分かりかねましたが…。

 

7M306297.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,10,F8,iso200】

 

「この場所」とはドンデン山の中腹です。

 

7M306299.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,15,F8,iso200】

 

可愛いカワイイ後輩の女の子の写真とか撮るには絶好の場所です。

 

01_01.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,15,F8,iso200】

 

例年、この両津の花火大会は加茂湖ごしに見るのが常なんですが、今年は思い切って山へ登ってみました。

 

01_02.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,15,F8,iso200】

 

頭上の空には星と月。

前方彼方の空には分厚い雷雲と稲妻。

眼下には両津市街地の夜景と加茂湖の蛍と花火です。

 

01_03.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,15,F8,iso200】

 

01_04.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,15,F8,iso200】

 

01_05.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,15,F8,iso200】

 

01_06.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,15,F8,iso200】

 

02.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,30,F8,iso200】

 

フィナーレの二尺玉です。

このサイズ感は、次回以降のために記憶しておきたいと思います。

記憶ではもっと高く大きく打ちあがっていた気がしていたんですが、小佐渡丘陵の稜線が目印になりそうです。

 

今日、この場所には私を含めて4人がカメラを構えていました。

そのうちのお1人は、市内各所で私が偶然に出会う確率がNo.1の方でした。

もうお1人は、春の妙見山でお会いして以来の方でした。いつかお天道様の下でお会いできたらと思います。

 

皆さまが時計を持っていなかったということで、私が時間をお知らせさせていただき、そのたび「〇時〇〇分了解!!」というお返事をいただいたり。

「小さい」「あ、これは大きい。尺玉か??」「美しい」「こりゃだめだ」「F値は??」といった情報交換をさせていただいたり。

花火終了後はお互いのディスプレーの写真を見せていただいたり…。

とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

皆さま、たいへんお世話になりました。

またどこかで偶然お会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:祭り

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:カメラ

佐渡鉱山神事芸「やわらぎ」

2019.07.21 Sunday

 

昨日、今日は「鉱山祭」です。

 

7S206282.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/400,F5.6,iso1600】

 

昨年に引き続き、大山祗神社(Ōyamazumi Jinja shrine)で執り行われる神事「やわらぎ」を見に行ってきました。

 

7M309480.jpg

【α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso200】

 

例年、祝詞→神事と続くんですが、今年は祝詞の前に「鬼太鼓」の奉納がありました。

 

7M309491.jpg

【α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso200】

 

鬼太鼓を演じるのは、お馴染みの石花(Ishige)鬼太鼓保存会です。

 

7M309497.jpg

【α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso200】

 

7M309498.jpg

【α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso200】

 

7M309523.jpg

【α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso200】

 

7S206289.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F5.6,iso3200】

 

続いて、拝殿では祝詞が行われます。

 

7S206296.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F5.6,iso3200】

 

昨年同様、とても蒸す日でした。

昨年は雲が多かったとはいえ晴れていたと記憶していますが、今年は雨でした。

「雨降って地固まる」とは古くから云われていますが、この日は「やわらぎ」の日です。

山の神様に「少しでも岩が柔らかくなり掘り易くなってほしい」と願う神事です。

この日に限っては、あまり固まられてもな…なんて思わないでもなくありませんでした。

 

7M309549.jpg

【α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso1000】

 

ちなみに、1つ前の写真の左上に絵馬がかかっているのが見えるかと思います。

こちらは「七福神演能絵馬」と呼ばれるものですが、反対側には「やわらぎ絵馬」がかかっています。

 

7M309571.jpg

【α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso1000】

 

7M309580.jpg

【α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso100】

 

雨の降り続く大山祗神社です。

 

【α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/200,F2.8,iso400】

 

こんな日は、カタツムリも勢いよく木を登るというもんです。

久し振りに見ましたね。

こんなに肉厚でジューシーな感じのカタツムリを…。

 

7S209648.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F5.6,iso1250】

 

そして、神事芸「やわらぎ」です。

 

7S209649.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F5.6,iso1250】

 

「蓬莱也 蓬莱也 蓬莱也(Hōraiya Hōraiya Hōraiya)」の掛け声とともにこの神事を後世に伝承戦とする若手5人衆がやってきました。

 

7S209650.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F5.6,iso1250】

 

この先頭を行くのが"親方"です。

 

7S209660.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F5.6,iso1600】

 

"親方"の衣装にはムカデが描かれていますが、これは鉱脈を表しています。

(金鉱脈を見たことのある方であれば、なぜムカデなのかは容易に想像できるかと思います)

 

7S209675.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1250,F5.6,iso1600】

 

また、ムカデは山の守り神で、さらに、足がたくさんあることから「おあし」というように「お金」に繋がるんだそうです。

そのせいかどうか、私を含め、私の周りの方々はムカデを大切にしている方が多いように思えます。

(大切にしているといっても、頬ずりしたりする訳ではなく、例えば浴室にガサガサと現れても殺生することはしないということです)

 

7M309656.jpg

【α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso800】

 

7S209679.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1250,F5.6,iso1600】

 

最後は「佐渡金山やさかー、やさかー、やさかー」です。

 

7S209681.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1250,F5.6,iso1600】

 

「やさか」は、漢字では「弥栄」で、これすなわち「万歳」で同意とのことです。

こちらは"親方"に教えていただきました。

 

7S209689.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1250,F5.6,iso1600】

 

7S209690.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1250,F5.6,iso1600】

 

7S209691.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1250,F5.6,iso1600】

 

再び「蓬莱也 蓬莱也 蓬莱也」の声です。

 

7S209693.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1250,F5.6,iso1600】

 

ある意味、とてもシュールな光景を見せてくれる神事芸です。(…と思います)

 

7S209697.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1250,F5.6,iso1600】

 

そして、ある意味、とても難しい神事芸でもあると思います。

きっと台本的なものはあるかと思うんですが、基本的にはこの神事芸の全体を通して1つのテーマを伝え構築していくものと思います。

そういう意味では、ここの所作についてはアドリブ的なものや、例年の「こんな感じだろう」という要素も多いものと思います。

実際、この神事芸が始まる前に、メンバーから「どれが正解ってことはわからない」というような声も伝えていただきましたので…。

 

7S209708.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/250,F5.6,iso1600】

 

まぁ、色々ですが…。

この日、神事芸を演じていただいた5人衆です。

こうした神事芸等を後世へ伝えていくということは本当に難しく、エネルギーを擁することと思います。

この若手の皆さまにおかれましても前述のような葛藤はあるかと思うんですが、

この日のように、変わらぬ本質をお伝えいただけることこそが、意義あることと思います。

 

色々とお話を聞かせていただいた中で、演じていいらっしゃる皆さまにおかれましてもご不明な点は多いようですね。

絵馬にある姿と異なることに言及される若手もいらっしゃいましたが、未来の新たな"絵馬"に残るのはこの日の皆さまの姿だと思います。

迷いや困惑はおありのことと思いますが、これからも本日のような、伝承という過程における「今」の姿をお伝えいただけたらと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:祭り

 

善知鳥神社例祭 〜 2018 相川祭り 〜 VII

2018.12.13 Thursday

 

北野神社をあとにしました。

見上げた空にはおぼろ月です。

この日の夜、月明かりを見たのはこれが最後です。

 

DSC02153.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/25,iso6400】

 

相川夕白町の大神宮で賄いを受けます。

いつもトン汁をいただくんですが、これがとても美味しく、汗の冷えた体にジワ〜っと染み入ります。

毎年お見かけしていた保育園の頃の先生の姿が見えなかったのが気がかりでしたが…。

 

DSC02166.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/6400】

 

再び「相川濁川町」です。

大神宮を出立してから、時おり稲光と雷鳴が轟くようになっていました。

そして、この頃には雨が落ちるようになっていました。

 

DSC02170.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/15,iso6400】

 

DSC02180.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/40,iso16000】

 

DSC02199.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/60,iso16000】

 

この後、棒組は市街地の北端(下相川)を折り返し、「相川柴町」の御旅所を経て「相川塩屋町」まで歩を進めていました。

 

DSC02202.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/40,iso5000】

 

相川町商工会前での休憩です。

これから天領通り(相川一町目)へと向かうところです。

ずっと昔から、天領通りでの太鼓組との「ぶつかり合い」が人気を呼んできました。

しかし、3年ほど前からこの行事が見送られることとなってしまいました。

 

「ぶつかり合い」とは書きましたが、本質は「ねぎらい合い」と「譲り合い」と理解してきました。

棒組がその本質を踏み外してしまったんですが…。

いつかまた再開される日が来るよう、棒組もこの本質を共有することが何より必要と感じています。

 

DSC02215.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/40,iso5000】

 

DSC02216.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/60,iso6400】

 

そして、天領通りへ向けて出発です。

 

DSC02226.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/60,iso6400】

 

今年も多くのお客さんが待ち受けてくれた天領通りでした。

そして、天領通りを空ける形で棒組を迎えてくれた太鼓組には、今年も感謝をいたします。

いつか、天領通りの真ん中で迎えてくれる日が来ることを心より願いたいと思います。

 

DSC02229.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/125,iso6400】

 

今年から、新たに行われた"行事"です。

 

DSC02232.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/125,iso6400】

 

昔はこういうこともやっていたそうです。

「お神輿の下を潜る」です。

 

DSC02236.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/125,iso6400】

 

天領通りでシキを踏んだあと、担ぎ手がお神輿を支える中、たくさんの方がお神輿の下を潜って行きました。

次から次へと、結構な方がここを通られたようです。

最初にこの企画を聞いた時、シキを踏んでいる最中に潜らせると思っていました…。

 

潜られた皆さまにおかれましては、幸あらんことをお祈り申し上げます。

 

DSC02255.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/160,iso6400】

 

DSC02259.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/160,iso6400】

 

DSC02267.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/125,iso6400】

 

天領通りを過ぎると、何となく燃え尽きた抜け殻のようになってしまうのはいつものことです。

もう一方の班がこのまま最後まで担ぎきるだろうと分かった時点で、私も力が抜けてしまいました。

衰えることのない雨足が非常に恨めしく感じました。

 

DSC02285.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/125,iso12800】

 

そして、善知鳥神社に"帰還"です。

 

DSC02286.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/125,iso12800】

 

DSC02290.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/250,iso12800】

 

今年は雨のせいか、お神輿の後ろに続く提灯行列もとても少ないように感じました。

最後の力を振り絞り、本殿前のシキ踏み、そして万歳三唱です。

 

DSC02297.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/160,iso6400】

 

1月年ぶりに相川の町を見渡してきた鳳凰がお神輿から取り外されました。

これは"年男"の役割で、私も数年前に取り外しさせていただきました。

石でも投げられるんじゃないかとビクビクしましたが…。

 

当然のように滅多にこのお役目を果たせる機会はありませんし、私もあれが最初で最後と思っています。

しかしながら、棒組の関係者の中には唯一、このお役目を2度果たされたという方がいらっしゃることを知りました。

人口減少や高齢化によって、各地のお祭りが存続の危機に瀕しているのは周知の事実でしょう。

そして、それは佐渡においても例外ではありません。

 

お神輿をトラックの荷台で移動させているお祭りもあります。

それは、そのお祭りが悪い訳では決してありません。

しかし、そんな光景を見ると一抹の切なさは禁じ得ません。

相川祭りが続く限り、何とか人の力でこのお神輿を羽ばたかせ続けたいものです。

 

今年も無事に担ぎ終えました。

毎年担いでいる同級生と「相川祭りはハードだね」と言葉を交わしました。

しかし、ハードであるが故に --- という訳でもないでしょうけれど --- 素晴らしいお祭りです。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地元の祭り

善知鳥神社例祭 〜 2018 相川祭り 〜 VI

2018.12.12 Wednesday

 

相川郷土博物館をあとにした棒組は一気に"上町"へと駆け上がりました。

ちなみに、基本的に担ぎ手は背の高い順に並んでいますが、上町へと続く上り坂を行くときは並び順を逆にします。

 

DSC02092.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/100,iso6400】

 

宵の町を行く棒組です。

 

DSC02096.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/100,iso6400】

 

「相川八百屋町」です。

高校時代、野球部の先輩に「相川っちゃ『はっぴゃくやちょう』があるのんか。すげーな」と言われたことを思い出します。

ちなみにこれは「やおやまち(Yaoya Machi)」と読みます。

 

DSC02100.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/100,iso6400】

 

DSC02103.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/250,iso6400】

 

「相川下京町」です。

世に言う「京町通り(Kyō Machi Dōri)」です。

佐渡金山全盛の頃に、京の呉服店街だったことからこの名が付いたそうです。

佐渡金山に近い方から「上京町(Kamikyō Machi)」「中京町(Nakakyō Machi)」「下京町」です。

 

高校野球が大好きな私ですが、こういう地元に育ったため、名門中の名門である「中京高校」(=現・中京大中京高校)を「なかきょうこうこう」

と呼んでいました…。

 

DSC02106.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/13,iso5000】

 

「相川大工町」です。

太鼓組の本拠地の北野神社です。

 

DSC02111.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/100,iso6400】

 

「今頃太鼓組は下町のどこかで門付けしている…」

そんな頃でしたが、1組のジイバアとお孫さんの姿がありました。

 

DSC02130.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/100,iso6400】

 

"馬"に安置されたお神輿がお祓いを受けるのはいつものことなんですが、、、

 

DSC02134.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/40,iso6400】

 

こちらのジイバアとお孫さんもお祓いを受けていました。

初めて見る光景でした。

 

DSC02139.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/40,iso6400】

 

何にしても「良かったね」と…。

 

DSC02146.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/250,iso5000】

 

DSC02147.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/100,iso6400】

 

北野神社をあとにし、今度は下り坂です。

相川夕白町(Aikawa Yūhaku Machi)の大神宮を目指します。

そこで御旅所にお神輿を安置し、賄いを受けます。

ここまで来ると、ようやく「道半ばかな…」という気がして、少しだけ先が見通せる面持ちになります。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地元の祭り

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:SONY

 

善知鳥神社例祭 〜 2018 相川祭り 〜 V

2018.12.11 Tuesday

 

そして、お神輿が町中に放たれました。

 

DSC02011.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso320】

 

実際、毎年担いでいると、鳳が実に大きく羽ばたいている訳ですよ。

1年間の沈黙を経て、たった1日のほんの数時間とはいえ鳳自身も町中をじっくりと見渡したいんじゃないかななんて思っています。

 

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso320】

 

お神輿の掛け声は「ちょーさや」です。

私が伝え聞いたところでは「町栄=ちょーさや」とか「千代栄=ちょーさや」とか…。

未だ本当のところは知りません。

でも、小さなころからこの白装束と掛け声に憧れてきました。

お神輿を担ぎ、そして「ちょーさや」と声を張り上げることについては、何となく誇りを感じています。

 

DSC02020.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso320】

 

お神輿が来るのを待ってくれる人の姿を見るのが好きです。

嬉しいです。

 

圧倒的に高齢者の方が多いです。

中には --- ご本人様はベッドから立ち上がることができないであろうでしょうけれど --- 窓を開けて顔だけ向けてくださる方もいらっしゃいます。

 

「あ、今年も見てくれてる」

「今年はいないなぁ…」

 

実際、そんな方が毎年いらっしゃいます。

今年も同じ場所で同じ格好で見ていてくださる方を見て、私も安心します。

去年まで姿があったのに、今年はその姿を見られないということに気づくと、とても複雑で切ないです。

 

DSC02027.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso320】

 

DSC02030.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso320】

 

棒組は市街地の南端で折り返し、今度は市街地の中心方向へ向かいます。

道中で太鼓組と遭遇です。

お互い、言葉を交わしながら、エールを送りながら。

 

DSC02033.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso320】

 

DSC02034.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/1600,iso320】

 

DSC02037.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/1600,iso320】

 

DSC02039.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/1600,iso320】

 

DSC02046.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/1600,iso320】

 

「相川四町目」です。

 

DSC02049.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/1600,iso320】

 

「相川三町目」です。

 

DSC02057.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/1000,iso320】

 

「相川羽田町」です。

ここへ来る途中、佐渡西警察署へも立ち寄ります。

--- 私も含めて --- 担ぎ手の皆さん、何故か警察署へ向かうとなると肩に力が入るようです。

毎年、玄関へ突っ込むんじゃないかと思うような勢いで突進します。

毎年、棒頭の方に制止していただいています。

いつも笑顔で迎えてくださいます佐渡西警察署の皆さま、たいへんありがとうございます。

 

DSC02063.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/1000,iso320】

 

佐渡市役所相川支所へと向かいます。

旧庁舎は通り沿いにありました。

新築移転したため、ちょっと遠くなってしまいました。

 

DSC02065.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/640,iso320】

 

「相川濁川町」です。

"濁川"に沿って進みます。

 

DSC02070.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2000,iso1600】

 

こちらのお母さんも、1年に1度この日にお会いする方のお1人です。

今年もお会いできて嬉しいです。

 

DSC02081.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2000,iso1600】

 

そして相川郷土博物館前で休憩です。

お神輿は"馬"に安置され、お祓いを受けます。

背後には北沢浮遊選鉱場です。

 

例年、ここへ辿り着く頃は、お神輿がキラキラと輝くような夕陽が射しこんでいるですが、、、

今年の相川祭りは空模様にもう一つ恵まれませんでした。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地元の祭り

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:SONY

 

善知鳥神社例祭 〜 2018 相川祭り 〜 IV

2018.12.10 Monday

 

本殿前の3度撒き

次いで、お神輿前の5度撒き

最後は、参道での7度撒きです。

 

DSC01948.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/8000,iso800】

 

DSC01950.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/1000,iso100】

 

参道前の石段の上に注連縄が張られています。

7度撒きが終わったタイミングでこの注連縄が切られると、太鼓組、下り羽会、獅子組が出立します。

次いで、棒組が本殿前でのシキを踏みます。

石段の上と下に分かれ、皆さん、その瞬間を"固唾を呑んで"見守っています。

 

DSC01957.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2000,iso100】

 

DSC01990.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/6400,iso320】

 

7度撒きが終わりです。

次いで長刀が注連縄を切ります。

 

DSC01998.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/6400,iso320】

 

DSC01999.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/6400,iso320】

 

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/6400,iso320】

 

DSC02001.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/6400,iso320】

 

DSC02006.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/6400,iso320】

 

今年も、長刀の体を張った"業"のおかげで注連縄が切られました。

お神輿が1年に1度の"御奉公"に出立です。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地元の祭り

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル