<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

手打ちそば 徳平

2017.04.25 Tuesday

 

相川は七浦海岸線にある「徳平(とくべい)」さんへお邪魔しました。

 

DSC05932.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso400】

 

何年ぶりでしょう…。

いや、何十年ぶりですね。

 

DSC05937.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso400】

 

多分、こちらのお店の先代と亡き父が親しかったんじゃないかと思います。

小さい頃はよく来た思い出があります。

それもよっぽど昔の話で、私が小学校へ上がるかどうか…という頃のことじゃないかと思います。

 

先代は陶芸家でもあったと記憶しています。

古い記憶では、お見せに入るとたくさんの陶芸品が並んでいたような気がしますし、工場が隣接していたようなイメージがあります。

 

このお店の最後の記憶は、家族4人でお邪魔し、私はかけそばを4つもお願いしたと思います。

よっぽどお腹が空いていたんでしょう、お蕎麦が出てくるまで、やたらと長い時間待ったような気がします。

4つ並んだかけそばを私は両腕でガバっと手前に引き寄せようとして、見事にひっくり返してしまいました。

あの時の父の閻魔様のような表情が忘れられません。

 

DSC05940.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso800】

 

…ということで、ざるそばの山菜天ぷらセットをいただきました。

 

DSC05945.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso800】

 

それプラス、季節限定のめかぶそばです。

一体どんだけ食うんだ?? という気がしないでもありませんが…。

 

多分、蕎麦を切る時のいちばん端っこの部分 --- 少しだけ太い麺 --- が見えたりします。

それだけで手打ち蕎麦にありつけたという幸せ感に浸ることができます。

喉越しの良さとめかぶの食感を楽しみながら、ゆっくりゆっくり食べたつもりがあっという間に完食です。

旬の山菜の天ぷらには、体が欲していた色々をいただいたようで、体の中から浄化されたような気分でした。

 

DSC05947.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso800】

 

最後は蕎麦湯をいただいて…。

ごちそうさまでした。

 

DSC05953.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso800】

 

おつまみメニューもあったりして、夜には --- 昼間でも良いんでしょうけど --- 一杯やれるお店のようです。

地の利を活かし、旬の素材を用いたメニューに心惹かれてしまいました。

このお店の記憶を新たにしたところで、今後は定期的に足を運べるようになれたらと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:オススメのお店

Kimpuku Today

2017.03.03 Friday

 

ホントお久しぶりの「金福」でした。

この冬初めてですね。

 

DSC03048.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/30,F2000】

 

DSC03084.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/125,iso2500】

 

DSC03090.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/125,iso12800】

 

DSC03123.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/80,iso1600】

 

DSC03127.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/60,iso1600】

 

DSC03129.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/60,iso1600】

 

DSC03130.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/60,iso1600】

 

DSC03132.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/60,iso1600】

 

DSC03146.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/60,iso1600】

 

トマト巻き、ニンメ巻き、納豆巻き、うずら、そして銀杏、銀杏、銀杏…。

飾らない人柄のマスターの醸し出す雰囲気と美味しいお酒に酔わせていただきました。

肝心の「煮込み」を食べ損ねてしまうという失態をやらかしてしまったため、近いうちにまた来ます。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:オススメのお店

海府荘でランチ

2017.02.26 Sunday

 

快晴のもと、外海府の海岸線を北上していました。

 

DSC02643.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso100】

 

この季節にしてはあまりに天気が良すぎました。

先を急ぎたいのはやまやまでしたが、寄り道せざるを得ませんでした。

入崎灯台に駆けあがりました。

海も空もキレイです。

 

DSC02649.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso100】

 

そして関に到着です。

関漁港です。

海馿の峰(とどのみね)と、鏡岩、そしてその下に見えるのが国民宿舎海府荘です。

 

DSC02660.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso1600】

 

そう、やってきたのは海府荘です。

客室全室から海が見える海府荘です。

この日はランチを食べにやってきました。

 

DSC02664.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

海府荘といえば、四季を通じ、地元の旬の食材を用いたおもてなしの宿として知られています。

しかし、資生堂パーラーで修業を積んだシェフの計らいで、フレンチのコースや、カレー・オムライスの提供をいただけるのが嬉しいところです。

この日は、オフシーズンを利用して提供いただけるカレーとオムライスをいただくために車を走らせてきました。

両津港や相川から、わずか40分です。

風光明媚な車窓を横目にしていると、本当にあっという間です。

 

DSC02670.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso200】

 

このランチ、土日以外は要予約です。

お部屋へ通していただき、10分ほどで運ばれてきたのがこのカレーと、、、

 

DSC02674.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

オムライスです。

 

オムライスはシェフがいらっしゃる時でないとご提供いただけないとのことです。

何が何でもこのオムライスを召し上がりたいとおっしゃる方は、事前に予約をされることをおススメいたします。

私は何が何でもいただきたかったので、しつこく連絡を入れさせていただきました。

 

カレーもオムライスも、総じて“柔らか”です。

 

DSC02677.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/80,F2,iso200】

 

お飲物は、ホット、HOT、アイスから選べます。

佐渡発酵発の乳酸発酵「麹のおちち」がいただけるのが嬉しいです。

私が食後にいただいたのはコーヒーですが、舞い上がってしまいメニューをあんまり読んでいませんでしたね。。。

麹のおちちをいただいたら良かったです…。

 

DSC02681.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/30,F2.8,iso200】

 

で、まさかのお代わりをいただいたくらいにして…。

最初のカレー&オムライスは2人でシェア。

改めて、カレーを2つお代わりさせていただきました。

6時間もじっくりと煮込んだカレーだそうです。

オムライスもカレーもとっても美味しく、そして佐渡においては紛れもなく“オンリーワン”な存在であると思います。

「ここでしか食べられない」味と思います。

私たちが福神漬け代わりにした玉ねぎ?? ラッキョウ?? がこれまためちゃめちゃ美味しかったです。

私たちがお宿をあとした後「こんなに減らして…」なんて言われていないことをお祈りしたいと思います。。。

 

ちなみに、3月3日から相川地区では「佐渡國 相川ひなまつり」が開催されます。

こちら、海府荘においてもお雛様の展示と、ランチの提供をしております。

オフシーズンのわずかな期間での提供となっているこのランチです。

せっかくですから、この「ひなまつり」の期間中に足を運んでみてはいかがでしょうか。

きっとどなた様も「幸せ」になれることをお約束いたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

四季彩割烹 伝(でん)

2017.02.21 Tuesday

 

畑野にある「四季彩割烹 伝(でん)」さんにお邪魔したのは、もう10日近くも前のことです。

割りと、二言目には「伝行くか!」などと言って、職場の仲間とお邪魔させていただいたりしています。

 

DSC02150.JPG

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/60,F2.8,iso2000】

 

この日はまったく別の名目だったんですが、行き先がこのお店と聞いて俄然その気になった部分のあります。

常々、日本酒が飲めない…と言っていた私が「熱燗小僧の会」という高尚な会合に参加させていただいてこれが3度目です。

過去2回は地元・相川での開催でしたが、この日はジャンボタクシーで国仲方面へ繰り出しました。

 

DSC02162.JPG

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso2000】

 

さらには --- 時間は前後しますが --- 朝は朝で同じメンバーで酒蔵見学と…。

さながら“大人の遠足”のようでもあります。

 

DSC02164.JPG

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso2000】

 

DSC02182.JPG

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso2500】

 

「まずは冷やで1杯」

「そしたら、今度は燗で1杯」

 

純米酒の魅力を広める。

お燗の美味しさを広める。

佐渡の酒の良さを広める。

佐渡島の良さを広める。

会員地元の特徴・良さを広める。

お気に入りの飲食店を島外の人に知らせる、などなど。

各々ができることを確認・認識しながら、お酒とお料理の美味しさに皆酔いしれています。

気がつけば、キレイに空になった一升瓶が6本並びます。

 

DSC02188.JPG

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso2500】

 

寡黙に包丁を操るのは、職人肌の若いご主人です。

 

DSC02189.JPG

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso2000】

 

次々と運ばれる美しく、そして美味しいお料理と、、、

 

DSC02196.JPG

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/160,F2,iso2500】

 

眩しいほどに美しい女将にお酌でもしていただいた日には、、、もはや昇天です。

 

DSC02199.JPG

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/200,F2,iso3200】

 

DSC02197.JPG

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/200,F2,iso3200】

 

「日本酒はクルクルパーになってしまうから…」

「ビールは高いから、第3のビールを…」

そんな私が最初から最後まで日本酒で通すことができるようになってきました。

当然のように、翌朝に残るなんてこともございませんでした。

尊敬してやまない大先輩も「良いお酒を飲まないから翌日に残るんだ」ということを説いてくださるんですが、ようやく身をもって実感するに至りつつあります。。。

まだまだ日本酒の良さも味も理解できていない私ですが、こんな恵まれた場を契機として、いつか佐渡のお酒を少しでも語ることができるようになれたら…。

そのためにも、飲み続けたいと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:食!

JUGEMテーマ:オススメのお店

Today

2017.02.11 Saturday

 

昨夜もまた深酒が過ぎました。。。

活動を始めたのはお昼過ぎです。

羽茂の温泉にのんびりと浸かり、お昼でも…と思う頃には時刻は14時を過ぎてしまっていました。

 

DSC01944.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/60,iso100】

 

小木にある日和山さんにお邪魔してきました。

以前はカフェとして営業していましたが、その後いろいろな変遷を経て、現在はレンタルスペースとなっているようです。

 

DSC01949.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/60,iso1250】

 

通りがかったところ、看板には「ランチ」の文字が見えたためお邪魔してみることにしました。

 

DSC01953.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/60,iso1250】

 

既に時刻は14時を回っており、たいていのお店は「準備中」となる頃です。

思いがけず、昼食にありつけたことは幸運でした。

 

DSC01957.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/25,iso1250】

 

チキンカレーなぞをいただき、、、

 

DSC01960.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/125,iso800】

 

ドリアなぞをいただきました。

1人で2つ食べたわけではありませんので、念のため。。。

 

DSC01963.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/30,iso1600】

 

食後のコーヒーでもいただきながら、店内を色々と見て回りたかったんですが、15時からイベントがあるとのことで早々にお店をあとにしました。

営業カレンダーをみたら、普通に営業しているようだったので、また時間を見てのんびりしてみたいと思います。

 

DSC01968.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/400,iso100】

 

それにしても時化ました。

時おり降りかかってくる霰は槍のような勢いでした。

 

DSC01975.JPG

【α7SII,Industar 61L/Z-MC 50mm/F2.8,1/4000,iso100】

 

それでいて、たまに覗く青空はとても美しく、陽の光が照らす雲の形はヒマラヤの高峰群のようでもありました。

(ヒマラヤなんて行ったことないですけど…)

日本海側を中心に大雪に見舞われているようですが、佐渡はまださほどの降雪ではありません。

しかしながら、夜になって恐ろしく気温が下がっているようです。

明日の朝、窓の外を見て「うわっ」と驚くような気がしないでもありません…。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:

La Plage で Christmas Dinner 2016

2016.12.29 Thursday

 

今年もまた、浦島さんのフレンチレストラン「La Plage」クリスマス・ディナーを楽しませていただきました。

 

DSC08817.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F2.8,iso2500】

 

DSC08819.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F2.8,iso2500】

 

毎年同様、今年も窓辺の席へとご案内いただきました。

昨年まで3年間、私たちのお相手をしてくださったスタッフさんのことを思い出してしまいました。

きっとお元気にご活躍のことと思います。

 

DSC08705.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso3200】

 

目一杯お腹をすかせて17時30分にはレストラン入りです。

たくさんのテーブルがセッティングされており、この日も盛況さが伺える店内でした。

 

DSC08710.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso2500】

 

クリスマス・ディナーということですが、やはり最初の乾杯は生ビールですね。

このあたりは、普段どおりを心がけます。。。

 

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso2500】

 

DSC08726.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso2500】

 

さて、アミューズは「オーナメントの輝き」です。

サーモンとズワイガニのパルフェです。(…だそうです)

初っ端から濃厚な味わいに引き込まれます。

バルサミコ酢が良い仕事をしていました。

 

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso2500】

 

ほんのりと暖かなくるみパンは「祝福」です。

 

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F2.0,iso2500】

 

続いてオードブルは「冬の海流にのって」です。

冬の海流にのってやってくるといえば、佐渡産寒ブリですね。

 

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/30,F2.8,iso2500】

 

この寒ブリのセジールの燻製を蕪と春菊のソース、エスプーマされた白醤油、粗塩・藻塩などでいただきます。

エスプーマは食べる直前にスタッフの方が絞ってくださいました。

寒ブリの美味しさもさることながら --- こちらのディナーをいただいていつも思うことですが --- 「野菜ってすごい」です。

 

DSC08758.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/30,F2.8,iso2500】

 

続いて、スープは「雪の森の薫り」です。

 

DSC08762.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/30,F2.8,iso2500】

 

今年も木こりさんがパイ生地の上でお仕事をされていました。

今年も私の行いが良かったせいか、木こりさんが2人もいらっしゃいました。。。

 

DSC08768.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F2.2,iso2500】

 

パイの包みを開けると、トリュフ風味の島黒豚のコンソメスープです。

アツアツのスープにふわふわの黒豚、そしてトリュフの香りが何とも言えません。

いつもパイ生地を浸しながらいただくんですが、今年はパイ生地を混ぜないようにスープはスープでいただきました。。。

 

DSC08770.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/100,F2.2,iso2500】

 

そしてお魚料理です。

「サンタのフリュイ・ド・メール 〜 海からの贈り物 〜」です。

魚介類の蒸し焼きです。

お皿にお星さまやらサンタの足跡やらがあしらわれていますが、こちらはソースなんです。

 

DSC08780.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F2.8,iso2500】

 

芳醇な香りとともに魚介類をいただきます。

貝(2種)、魚切り身、白子、そしてエビが白ワインサフランのソースに包まれています。

それぞれに異なる歯ごたえに翻弄されてしまいます。。。

 

DSC08785.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F2.8,iso2500】

 

全粒粉のパンをいただきます。

いつも調子に乗ってがっついてしまうため、パンは2個までです。。。

それでも、このあたりで早くもお腹がいっぱいになりかけてきました。

「全部食べられるかな…」

思いがけない心配が脳裏をよぎってしまいました。。。

 

DSC08787.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/25,F2.8,iso2500】

 

DSC08800.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso2500】

 

そしてお肉料理です。

「暖炉の前のメイン・ディッシュ」です。

こちらは牛肉か子羊を選べます。

昨年は私の独断で子羊を選びました。

なので、今年は牛を選びました。

 

DSC08807.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso2500】


国産黒毛和牛のサーロインのグリエです。

西京味噌風味の赤ワインソースでいただきます。

自然と顔がほころんでしまうのが自分でもよくわかります。

ここでも季節の野菜が良い仕事をしてくれています。

 

DSC08809.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.2,iso2500】

 

ここで私も普段は飲むことのない赤ワインなぞに手を出してみました。

 

DSC08813.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F3.2,iso2500】

 

昨年は中盤にアルコール度数20%のカクテルに手を出してしまい、ノックアウト寸前に追い込まれてしまいました。

今年はそうならないようにと気をつけたつもりなんですが、お料理もワインも美味しすぎたんでしょうね、やっぱりノックアウトされてしまいそでした。。。

 

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F2.8,iso2500】

 

DSC08836.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F2.8,iso2500】

 

もはや胸いっぱいの私に救いの手がやってきました。

アヴァン・デセールは「樹氷の果実」です。

佐渡産のル レクチエを日本酒のジュレでいただきます。

ホッとするような一口でした。

 

DSC08846.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F2.8,iso2500】

 

そしてデセールは「聖夜のシャンゼリゼ通りから」です。

憧れのシャンゼリゼ通りに思いを馳せながら、ブッシュ・ド・ノエルをいただきました。

トナカイがソリを引く鈴の音が聴こえてきそうですね。

 

(「シャンゼリゼ通り」をまったく知りません。すみませんでした…)

 

DSC08858.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso1600】

 

そしてこちら、お店からクリスマス・プレゼントをいただきました。

中身は名前のカード入りのマカロン(2個)でした。

細部にわたってお店のお心遣いを感じます。

 

DSC08862.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso2000】

 

そして食後のお飲物です。

「瞳を閉じて」

コーヒーをいただきました。

瞳を閉じたら、即意識を失ってしまいそうでした。。。

 

今年も美味しいお料理と、たくさんのおもてなしといただいてしまいました。

スタッフの皆さま、たいへんありがとうございました。

食後の写真撮影等、我がままばかりですみませんでした。大切にしたいと思います。

 

今年も1年、たいへんお世話になりました。

また来年もよろしくお願いいたします。

ご馳走様でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:イベント

忘年会が急ピッチです

2016.12.28 Wednesday

 

と、とにかく忘年会がラッシュです。

こんなに忘年会が多いのは記憶にありません。

おまけに、日々の記憶もありません。。。

 

DSC08878.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35 1/40,F2.8,iso640】

 

この日は --- いつだったか・・・ --- 両津が誇る名店街である“親不孝通り“へ足を運んでいました。

既に2次会という状況ですが・・・。

 

DSC08884.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35 1/40,F2.8,iso400】

 

いしはら寿司さんに初めてお邪魔しました。

堅苦しくなく、こんな感じのゆる〜い酒席が好きです。

 

DSC08880.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35 1/40,F2.8,iso640】

 

枝豆をついばみ、、、

 

DSC08883.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35 1/40,F2.8,iso640】

 

卵焼きを味わい、、、

 

DSC08889.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35 1/40,F2.8,iso640】

 

イカゲソを軽く湯がいたこの一品に「うまい!!」と群がり、、、

 

DSC08896.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35 1/40,F2.8,iso640】

 

1次会でもお刺身は食べましたね。。。

まだまだ食べたりません。。。

 

DSC08898.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35 1/40,F2.8,iso640】

 

それにしても、いちばん美味しかったのがこちら「肝和え」です。

コオグリ(カワハギ)の切り身と肝を和えたシンプルな一品なんですが、これが絶品でした。

痛風持ちの男性陣も、お酒を飲めない女子も大喜びでした。

お寿司屋さんに来たのにお寿司を食べ忘れるというヘマをしでかしましたが。。。

 

DSC08888.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35 1/40,F2.5,iso640】

 

この後、いしはら寿司さんを後にし、さらに夜の両津の街へと繰り出そうとしたんですが、お休みのお店が多かったようで…。

10数分ののち、再びこの“親不孝通り”へと帰ってきました。

どなたかが、こちらを玄関と間違えたのか、路地の真ん中に綺麗にスニーカーが揃えてありました。。。

かくいう私もスニーカーに焦点をあわせられないくらいクルクルパーでした。。。

親不孝通りの夜は静かに更けていきました。

 

今年も残すところあと3日ですね。

どなた様も、飲み過ぎにはご注意くださいませ。

私も残る忘年会は1つです。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:オススメのお店

Silent Night

2016.12.24 Saturday

 

いやいや、別に柄にもないことを言おうっていうんじゃないんです。

本当に静かな夜だなぁ…と。

 

DSC08696.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,30,F2.8,iso3200】

 

昨日がずいぶんと時化ましたから、その対比が余計にそう思わせるのかもしれません。

いつもの、静かな真野湾に戻っていました。

 

DSC08680.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/20,F5.6,iso640】

 

それでもまぁ、年に1回くらいはこんな贅沢があっても良いだろう…と。

今年も味彩さんにこちらのセットをお願いしました。

クリスマス・ケーキ、石窯焼きのピッツァ、そして自家製ジェラートのセットです。

 

DSC08687.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso320】

 

佐渡の農家さんがこの季節に --- このケーキに --- 合わせて作るイチゴが乗っかっています。

生クリームの白を基調としたシンプルなデザインもそうですが、このサッパリとした味わいが大好きです。

放っておいたら私1人で丸ごと食べられますよ、ホント。

 

DSC08690.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/20,F5.6,iso640】

 

こちらはジェラートのセットです。

毎年変わるデザインがまた秀逸です。

何だかんだご馳走だらけで、こちらを食すのは明日になってしまいました。

「いちごミルク」を予約済みです。。。

 

いつもいつも、味覚から視覚から、五感を楽しませてくれる味彩さん。

本当にありがとうございます。

今年も美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:天体(月・星・他)

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:オススメのお店

小木銘物生そば「七右衛門」

2016.12.14 Wednesday

 

久しぶりにお昼を食べに小木へと向かいました。

 

DSC08059.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/800,F2.8,iso800】

 

その名も「七右衛門(しちえもん)」です。

 

DSC08064.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/800,F2.8,iso800】

 

ホントに久しぶりでした。

変わらぬ店内は、いつものとおり暖かさに満ち溢れていました。

ストーブには人知れず(?)焼き芋が。。。

これまた店内に優しい香りを充満させてくれていました。

さすがに「焼き芋1つください」とは言えませんでしたが。

 

DSC08066.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/100,F2.8,iso1600】

 

昨年あたり「店じまいする」とか「予約制になる」とか、そんなお話を耳にしました。

 

DSC08069.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/80,F2.8,iso1600】

 

それでいて、この日は予約も何も入れてありませんでした。

とりあえず暖簾がかかっている…ということで恐る恐るお店へ入ってみました。

 

「あの〜…予約とかしてないんですが、大丈夫ですか??」

「あー、どうぞ」

「2名なんですが…」

「あー、どうぞ」

「6つくらい頼みたいんですが…」

「あー、どうぞどうぞ」

 

DSC08072.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/20,F5.6,iso1600】

 

…という訳で、かけそばが6つです。

メニューはこれのみ。

1杯500円。

変わらぬ無骨さが好きです。

 

DSC08075.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50.F2.8,iso1600】

 

1人3つくらい食べられると、食べ方のバリエーションも色々できます。

つゆは僅かにしてとにかく麺を噛み噛みしたり、つゆを多めにしてゾゾゾっとすすってみたり…。

 

DSC08078.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F2.8,iso1600】

 

安定のお味の前にあっという間に完食です。

 

DSC08079.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F2.8,iso1600】

 

最後は心行くまで蕎麦湯を味わいます。

身も心もほぐれ、このままここにゴロンとしたくなってしまいます。

 

DSC08085.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/125,F2.8,iso1000】

 

食べログなんかを見ると、やはり「完全予約制」となっていますね。

本当は私たち「招かれざる客」だったのかもしれません。

にもかかわらず、ご丁寧にご対応いただきたいへんありがとうございました。

 

次回は必ず予約をしてきたいと思います。

ごちそうさまでした。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:オススメのお店

憩の館 佐志住施礎(さしすせそ)

2016.07.29 Friday

 

佐渡の最北端の弾崎(はじきざき)に昨年5月にオープンしました。

レストランやログハウスを兼ねた複合施設「憩の館 佐志住施礎(さしすせそ)」です。

佐渡の方には旧・はじき野フィールドパークといった方がわかりやすいかもしれません。

 

DSC00444.JPG

【α7S,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/640,F2.8,iso1600】

 

こちら、レストラン「よろこんで」です。

地場産の食材にこだわり「安心・安全・健康・手造り」がモットーのレストランです。

 

DSC00449.JPG

【α7S,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/100,F2.8,iso100】

 

DSC00453.JPG

【α7S,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/30,F2.8,iso250】

 

DSC00455.JPG

【α7S,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/30,F2.8,iso250】

 

DSC00457.JPG

【α7S,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/30,F2.8,iso250】

 

DSC00459.JPG

【α7S,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/30,F2.8,iso250】

 

この日いただいたのは「ブリの漬け丼」と、、、

 

DSC00483.JPG

【α7S,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/30,F2.8,iso250】

 

佐渡産の飛び魚を使った「佐っとびうどん」です。

最初は「刺身定食」にしようと思ったんですが、何故か口が勝手に「ブリの漬け丼」と動いてしまいました。

「佐っとびうどん」は麺の6割が飛び魚なんだそうで、独特の食感があります。

「ズルズルっと飲み込むのではなくて、しっかり感で味わってください」というとおり、噛むほどに飛び魚の風味が楽しめます。

 

“佐っとびシリーズ”にはハンバーグ、メンチカツ、ギョウザもあり、すべて自社製のオリジナル商品だそうです。

そのほかにも「海府ラーメン」「角煮ラーメン」といったユニークなメニューが並んでいます。

 

佐渡汽船両津港ターミナルビルの3階にオープンした「よろこんで」でも同様のメニューが楽しめます。

クロマグロの時期には、クロマグロの丼も隠しメニューとしてあるのかもしれません(?)

 

私は昨年の11月に初めてこちらのお店をお邪魔しました。

以降、クリスマスイベントや、お雛祭りイベントの際には丁寧なDMが届いています。

なかなか足を運ぶことができませんでしたが、ようやく来ることができました。

 

地域の「憩いの場」として、将来的には全島的な展開も視野に入れているんだそうです。

365日、年中無休というのも嬉しい限りです。

佐渡随一の透明度を誇り、「日本の快水浴場100選」にも認定されているニツ亀海水浴場のほど近くにあります。

この夏、島外から佐渡へいらっしゃるという方はもちろんですが、佐渡の方も夏休みに1度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:つぶやき。