<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

LOCAVOR STYLE - 味彩

2018.07.11 Wednesday

 

たびのホテル佐渡の1Fに「LOCAVOR STYLE - 味彩」さんがオープンします。

 

DSC06491.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso3200】

 

旧佐渡病院の跡地に大きなビルが建っています。

道路側から向かって左側の玄関がこちら「たびのホテル佐渡」です。

 

DSC06500.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso400】

 

向かって右側が「LOCAVEOR STYLE - 味彩」さんです。

 

DSC06495.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso200】

 

DSC06505.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso3200】

 

今日はオープニングレセプションでした。

幸いにして恐縮に、このレセプションにお招きを頂けたものですから足を運んできました。

当ブログが3,000回目の更新を迎えることのできた5月15日以来の「味彩」さんでした。

 

DSC06477.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso800】

 

「フルーツアート」です。

「味彩」さんの"代名詞"と言っても良いのかも知れません。

「フルーツアート」とは「日本フルーツアートデザイナー協会」が主宰し"ペティナイフ1本の奇跡"として認定される資格です。

ちなみに「味彩」さんは、新潟県内の同資格の認定第1号であります。

 

DSC06472.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso800】

 

ワインの後ろの色紙は、佐渡・鷲崎出身の"ことだま遊書作家"であり販売集客コンサル&POP広告クリエイターの 竹谷 千江子 先生の手によります。

 

DSC06520.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F4,iso1600】

 

今日は先生ご自身がご来店のうえ、お客様のリクエストに応えて色紙を描いていらっしゃいました。

大人気だったようで、先生はお料理もお酒もお召しになる時間がなかったようです。

 

DSC06468.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso800】

 

そして「味彩」さんらしい、スタイリッシュで洗練されたお料理の数々が並びます。

 

DSC06546.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F4,iso3200】

 

「LOCAVOR STYLE」とは"地産地消"のことなんだそうです。

「味彩」さんは、佐渡市が認定している「サドメシラン」として"地産地消"のお墨付きのお店です。

さらに、佐渡のご当地グルメ「佐渡天然ブリカツ丼」の提供店でもあります。

 

DSC06551.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F4,iso3200】

 

活南蛮エビです。

私も食させていただきました。

元来、甲殻類はあれもこれも含めて頭から始まって全身全て残らずいただく性分です。

今日も飛び出した部分 --- 触覚 --- からパキパキと食させていただき、残った美味しそうな部分も遠慮なく完食させていただきました。

口の中は傷だらけになりましたけどね…。

 

"美味"です。

 

DSC06560.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F2.8,iso1000】

 

それにしても迂闊でした。

こんなところにこんな大きな建物が建っていたなんて、全然知りませんでした。

まぁ、国道あたりからは見えづらい場所ということもあるんでしょうけれど…。

 

DSC06570.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F2.8,iso6400】

 

こちら「味彩」さんから"扉”を1枚経たホテルのフロントです。

 

DSC06567.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F2.8,iso6400】

 

フロントから見渡すホテル1Fの奥です。

奥に見えるドアの向こう側は障がい者を含めた方用の宿泊スペースです。

 

DSC06573.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/500,F2.8,iso6400】

 

フロント脇の待合スペース(?)です。

写真に向かって右側はホテルのエントランスです。

正面のすりガラスの向こう側が「味彩」さんです。

 

DSC06575.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F2.8,iso6400】

 

これまで金井地区で飲み会があったり、お食事会があったりというのはあまり数が多くはありませんでした。

決して「無かった」という訳ではなかったんですが…。

これまでは、本線経由の最終バス --- 金井発着の最終 = 22:24 --- しか頼るものが無かったんですが、今後は羽を伸ばすこともできそうです。

 

DSC06578.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F2.8,iso6400】

 

5月15日以来、2ヶ月も待ちわびました。

やはり、これまで当たり前のように「存在していたもの」がいきなり「無くなった」となるのは心情的に厳しいのかも知れませんね。

 

DSC06588.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F2.8,iso400】

 

「わたしは運がイイ」

これにあやかって言わせていただきますが、運がイイ張本人は私自身ですね。

40歳台になって、車中泊というのもそろそろ体に厳しくなってきた感が否めません。

今後、金井地区での飲み会が増えるとともに、宿泊も増えることと思います。

会社の方で1ヶ月契約とかしてくれたら良いんですけどね。

 

ちなみに「味彩」さんの今後ですが、プレオープンは7月13日。

グランドオープンは7月20日なんだそうです。

ホームページを含め、今後の詳細については近日中にアップされることと思いますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

四季菜割烹「伝」

2018.07.06 Friday

 

お久しぶりにお邪魔をしました。

 

DSC06175.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F2.8,iso640】

 

畑野にある四季菜割烹「伝」さんです。

 

DSC06177.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso640】

 

「たまには、落ち着くお店でしっぽりと…」

そんな風に思った時に真っ先に思い浮かんだお店です。

 

DSC06184.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso640】

 

佐度で水揚げされた新鮮な鮮魚のお刺身。

イカの沖漬け。

へんじんもっこのソーセージ

ふわふわのだし巻き卵。

お新香をいただき、遅くまでカウンターに居座らせていただきました。

 

DSC06189.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso640】

 

若くて寡黙で職人肌のご主人と、若くて和服が似合って美人なのに変顔もこなす奥様と、カウンターを挟んで楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

DSC06201.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso640】

 

やはり「美味しい」は人間にとってとても幸せなことと実感させていただきました。

それが楽しい空間であればなおのことです。

席に着くや否や「なかなか来てくれないっすね」というお言葉を頂戴してしまいましたんで、今後は足繁く通わせていただけるよう努力いたします。

楽しい時間と美味しいお料理をありがとうございました。

 

ちなみに「へんじんもっこのソーセージ」ですが、こちらのお店でしか食せない一品(逸品)がございます。

ぜひ、佐渡の方も、市外からいらっしゃる方におかれましてもお立ち寄りの上、ご賞味くださいますようお願いいたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:オススメのお店

 

「三崎そば」美味

2018.05.16 Wednesday

 

八幡(Yahata)の「三崎(Misaki)そば」さんです。

 

DSC02426.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso200】

 

藤の花が咲き誇る季節もそろそろお終いですね…。

 

DSC02435.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F2.8,iso400】

 

事あるごとに「行こう」と言いながら、新学期(新年度)に入って最初の訪問でした。(…と思います)

こちらのお蕎麦の美味しさにハートを掴まれてしまい、それまで通っていたお店への足が遠のいてしまいました。

まぁ、好みの問題ということもありましょうから、適正かつ相対的に”良し悪し”というような判断は出来ませんけれど、これはこれで事実です。

 

DSC02433.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F2.8,iso400】

 

個人的には太麺が好きですが、こちらの麺は非常に細いです。

しかし、この歯ごたえが好きです。

細いけれども、確かな歯ごたえがあります。

 

この日は、お店をお邪魔した時間が13時を過ぎていました。

ひとしきり、お客さんの波は終えたところだったんでしょう。

ご主人お1人での営業です。

大盛りを2つ頼んだところで「…時間がかかりますが、よろしいでしょうか??」と。

時間がかかるのは当たり前と思っているので、大歓迎でした。

 

お蕎麦にありつけたのはお店に入ってから30分後のことでした。

その間も --- 多分、ご主人にとっては予期しない数の --- 来店者が多数いらっしゃいました。

私たちがお蕎麦をすすっている間も、通路を隔てた作業室からは”石臼”を挽く音が聞こえてきました。

 

初めてこのお店に来た時に、ご主人のご友人と思しき方がおっしゃっていた「丁寧なんだよ」という言葉を思い出しました。

その丁寧なお仕事ぶりにハートを掴まされ、待ち時間なんぞは「当たり前」と思っていました。

私たちの後に来店された方も、石臼の音を聞きながら、そんな時間をも楽しみに変えていらっしゃったんじゃないかと勝手に思っています。

 

お蕎麦屋さんって昔はもっと身近な感じがしたんですが、最近は少し敷居が高い気がしています。

だからと言って、蕎麦好きな私としては臆面もなく立ち向かう訳ですが…。

「要予約」のお店は多いです。

”こだわり”と比例している部分は大きいかと思います。

もちろんお店としては利益を上げることが第1ですから、そこは理解します。

しかし --- 消費者の側から勝手を言わせて頂ければ --- 「要予約」は勝手が悪いです。

しかし --- だからこそ --- 待ち時間には寛容である必要があると思っています。

お店は最善のサービスを提供するために時間を要している訳ですから。

 

googlemapを見ると、こちらのお店の電話番号(携帯番号)が掲載されています。

お店にも同様の表示がありますが、違う点は「出来れば予約してください」との記載があることです。

美味しいお蕎麦 --- に限らずですが --- を食べたいと思ったら、ケツの時間なぞ想定しないことです。

極論ですが「いつまでも出来上がりを待つよ」という心持で来店いただけたらと思います。

こちら「三崎そば」さんは、そんなお店と思っています。

 

 

 

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

味彩で最後の夜( 3000th 佐渡の四季+α )

2018.05.15 Tuesday

 

佐度で唯一と言って良い”オールマイティーなお店”である「味彩」さんです。

 

DSC02360.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F4,iso800】

 

お店の移転のため、現在の長木にある店舗での営業は今夜が最後でした。

そんな訳で、味彩さんに散々お世話になった面々で集ってお邪魔をさせていただきました。

 

DSC02363.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F2.8,iso800】

 

お店に来る前からオーダーしたいメニューは決めていました。

佐渡産コシヒカリの上に納豆で「丼」と描き、そこにお刺身7種+αを散りばめた「味丼」です。

初めてこのメニューを食べた時のことを思い出しました。

美味しくて、お腹がいっぱいになりすぎて、しばらくぐったりしてしまいました。

今日も同じ道を辿りました。

「美味かった」です。

 

移転後の店舗においては、諸般の事情によりメニューの変更・縮小があるそうです。

是非とも、こちらのメニューにつきましては継続いただけることをお祈りいたします。

 

DSC02368.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F4,iso1250】

 

お店のスタッフの皆さまにはとにかくお世話になりどおしでした。

また、社長さんを起点としてたくさんの”出会い”に恵まれました。

「閉店」でなく「移転」なので「そんなに大袈裟になることもなかろう」と思われそうです。

…が、そこはやはり”このお店”の場所や空間に係る記憶と思い出の数々がありますから…。

一抹の寂しさを禁じ得ません。

 

新店舗は、現在金井に建設中の「TABINO HOTEL」の1階レストランとして、7月下旬にオープン予定だそうです。

7月下旬以降は車中泊はやめにして、こちらのホテルに宿泊のうえ、朝から”味彩”さんの朝食をいただくことにしたいと思います。

そういう意味では、今の店舗から移転となることの寂しさとは別に、新たなお店がどんな風になるのか楽しみでもあります。

きっと、これまでと同様佐渡ではオンリーワンのお店となることと思います。

 

ところで、タイトルにもあるとおり、本日の記事は当ブログの3,000回目の更新記事となります。

2008年3月24日にブログを開設してから10年と55日が経過しました。

その間、使用カメラにつきましても、α100→α550→α77→(α99→α7SII)とグレードアップしてきました。

まさか、α100を購入し、ブログを立ち上げた時にはこんなに継続するとも、こんなにカメラにハマるとも想像だにしませんでした。

このことにつきましては「日々コメントをいただいたりアクセスいただいている皆さまのお陰である」

間違いなく、そのように認識しているところです。

 

日々美しい佐渡の景色・風景の数々を目の当たりにする楽しみと幸せ。

そして、そんな数々を”記録”として残す楽しさ。

今後もブログという形で、佐渡の日々の姿形を、佐渡を好きであったり、佐渡出身である方たちにお届けできたらと思います。

 

お世話になった「味彩」さんが1つの区切りを持つこととなったこの日に、私も1つの節目を迎えることが出来ました。

こんな偶然に感謝をしながら、また気持ち新たに「佐渡の四季+α」を継続していけたらと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:オススメのお店

「金福」が復活しました

2018.05.12 Saturday

 

「金福(Kimpuku」が再開されました。

 

DSC02094.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F5.6,iso1250】

 

既に品切れとなっていた「軟骨」を12本注文してみました。

 

DSC02098.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/1000,F2.8,iso2500】

 

マスター(=福嶋さん)より「無いものを注文するな(笑)」と返って来ました。

 

DSC02101.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/160,F2.8,iso100】

 

そんなお元気そうな声が聞けただけで、何も言うことはございません。

 

DSC02109.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/160,F2.8,iso2500】

 

福嶋さん、お帰りなさいませ。

 

DSC02117.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/160,F2.8,iso2500】

 

DSC02118.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/160,F2.8,iso2500】

 

DSC02126.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/160,F2.8,iso2500】

 

DSC02132.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/200,F2.8,iso2500】

 

3月下旬、お店に「当分の間お休みします」という旨の張り紙が出されていました。

尊敬してやまない先輩からの情報では「どこかを骨折したらしい」と…。

 

DSC02143.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/200,F2.8,iso2500】

 

どこを骨折しあそばされたのかと思っていたんですが、左手を骨折してしまわれたんだそうです。

まだまだ腫れが残っているそのご様子を見せてくださいました。

串を焼くことにつきましては出来ないことはなかったんだそうですが、いちばん大事な「仕込み」が出来ないとのことでお休みされていたそうです。

 

「そんな状態では、息子たち(=焼き鳥)にも申し訳が無い」

と…。

 

DSC02148.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/100,F2.8,iso2500】

 

この日は、時間も時間ということもあったんですが、比較的お店には余裕がある感じでした。

そんなことも幸いし、私たちは並ぶことも待つこともなくカウンターに座ることが出来ました。

そして、いつもの福嶋さんのとおり、軽妙なトークと、予期しないおちゃめなあれこれに酔いしれる時間でした。

 

DSC02155.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/160,F2.8,iso2500】

 

「金福」いわんや「福嶋さん」の復活を待ちわびていたのは相川のみならず佐渡全島の皆さまだったと思います。

私もずいぶんと寂しい思いをしたこの1ヶ月ちょっとでした…。

寂しさが融けたことを喜ぶあまり、冒頭のような品切れ商品を注文するというような悪戯をさせてみていただいたところです。

たいへん失礼をいたしました。

 

もう2度と怪我なぞ召されることのないようお気をつけいただきたく、お願い申し上げます。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

 

カウンター席にて

2018.03.15 Thursday

 

まだ道路にも雪が残る寒い頃です。

 

DSC07583.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F2.8,iso1600】

 

白子が旬の頃ですから、もう1ヶ月くらいも前になりますね。

そうそうしょっちゅう来るお店ではありませんが、好きなお店の1つです。

 

DSC07586.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/25,F5.6,iso2500】

 

この日は、前述の白子に始まり「季節のものがあるよ」というマスターにお任せで「じゃ、それを…」といただきました。

 

DSC07589.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F2.8,iso1600】

 

カウンター席の良さは、目の前で”お仕事”を見ることができることですね。

こういうお寿司屋さんなんかでは、特に…です。

「バーナーで炙ってるなぁ…」なんて思いながら、食べてみて「目から鱗」というか…。

そりゃ”炙り”なんて珍しくもない手法なんでしょうけれど、口にしてみて”炙る”理由がわかるというか…。

いや、細かな色々はわかりません。もちろん。

 

ただ「旨い」

それだけです。

 

こちらのお店へ来たのは今回で4回目です。

うち3回はカウンター席です。

元気の良いチャキチャキした女将と、寡黙でカッチョイイマスターのお店です。

カウンター席には常連さんがいらっしゃいます。

期せずして、その常連さんが「知り合い」ということが多いです。

 

酒を肴に、魚を肴に、マスターの手元を肴に、女将の「佐渡弁」を肴に…。

気分的にちょっと憂いがあったり、愚痴をこぼしたくなるような時に、暖かく迎えてくれ、そして静かに包んでくれるようなお店です。

 

そんなお店は、河原田本町の一角にある「蛇の目鮨」さんです。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:旬の味覚

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

語らい

2018.03.09 Friday

 

久しぶりに気の置けない”仲間”との飲み会でした。

 

DSC08393.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/320,iso2500】

 

次々と運ばれてくる創作料理に舌鼓を打ちながら、、、

 

DSC08399.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/320,iso2500】

 

やはり、話題となるのは「仕事」のことですね…。

 

DSC08401.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/320,iso2500】

 

そして、仕事といえば”人”ですね。

 

DSC08405.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/320,iso2500】

 

どんな仕事であろうが何だろうが、そこに携わる”人”との関係が何より大きいんじゃないでしょうか。

どんなにキツい仕事であろうと、そこに関わる”人と人”がどれほど一体となって事に当たれるか…。

どんな優秀と言われる人材ばかりを集めても、結局は1つになれなければ意味がありません。

そう思っています。

 

DSC08409.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/320,iso2500】

 

自分のことはさて置いて…ですが。

私はこの点、人にはいつも恵まれていると思っています。

周囲の方からしたら、私なんて「なんでコイツと…」と思われて然るべきな人間なんでしょうけれど…。

私はいつも”人”に救われています。

 

そして、今日集った皆さんはそんな”人”たちでした。

この人たちといれば、何があっても「何とかなるんじゃないか」と思えてきます。

もう、皆で1つの仕事に一緒に向かうことはないとは思いますが…。

 

DSC08412.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/320,iso2500】

 

そんな今日、皆で集ったお店は金井郵便局のすぐお隣にある「食彩創房亶(Zen)」さんです。

独創的なお料理と、落ち着いた心地良い空間に、19時前にスタートした酒宴も気づけば22時を回っていました。

確か、幹事さんが無料扱いとなるようなコースでの予約だったかと思います。

語らいの場としてはもちろんですが、女子会なんかには最適なお店なんじゃないかなと勝手に思っています。

 

私は、また今日のメンバーでここへ来たいなと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:オススメのお店

 

「花園」へ

2018.02.24 Saturday

 

「花園」に足を踏み入れて来ました。

 

DSC08050.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/160,F2.8,iso1000】

 

…と言っても、バラ色の酒池肉林の…というのではなく、昔ながらの”喫茶店”である「珈琲花園」さんです。

佐渡汽船両津港ターミナルすぐ。ラーメン、丼物、パスタ等々、この通りには何でも揃っています。

 

DSC08047.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F2.8,iso1000】

 

「珈琲花園」さんは、この通りの一角に軒を連ねています。

ずぅっと前に1度だけ入ったことがあるような、無いような…。

いや、多分この日が初めてでしたね。

 

DSC08057.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/400,F2.8,iso1000】

 

玄関が、真新しかったんです。

なので、新しいお店なんだと思って入ってしまいました。

(「しまいました」なんて言うのは失礼かも知れませんが、最初はホントにそんな感じでした)

 

DSC08044.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F2.8,iso1000】

 

メニューは”ホット”のみです。

1杯400円です。

 

DSC08059.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/25,F2.8,iso1000】

 

店内は…。

 

DSC08065.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/100,F2.8,iso500】

 

福助をはじめとした骨董品で溢れています。

こちらはご主人のご趣味が高じたそうなんですが、店内に並ぶ骨董品の色々についてご主人が詳しくご紹介くださいました。

「仕方ないわねぇ…」という表情を浮かべながらも、そんなご主人の姿を優しく見守る奥様の笑顔が印象的でした。

 

DSC08070.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso500】

 

こちらの鉄瓶は鍛冶町産だそうです。

 

DSC08072.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/20,F2.8,iso500】

 

招き猫がゆりかごに揺られているというのも初めて見た気がします。

 

DSC08073.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/15,F2.8,iso500】

 

もう、なかなかお目にかかることもなくなりましたピンク電話です。

当然、現役です。

ダイヤル中央に注意書きがありますが、10円玉が切れそうになると「ブー」って音がしましたよね。(「ピー」ではなかったかな…)

料金不足になるのが嫌だったので、たいていは10円玉を山ほど投入していました。

”ガチャン”と受話器を置くと、下の返却口に余りの10円玉がジャラジャラと落ちてきましたね。

覚えてますか??

 

DSC08079.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso100】

 

こちらは新しくなった玄関のドアです。

 

お店は開店から間もなく50年を迎えるんだそうです。

なるほど、店内の年季の入った重厚なご様子からはその歴史が見てとれました。

しかし、私たちがこの日このお店に入ろうと思った最初のキッカケは「新しいお店かな??」というものでした。

こちらの玄関には、昨年、車が突っ込んできたんだそうです…。

で、修繕に際しては一部改装というような形で従来とは異なる趣に一新したんだそうです。

 

「でもな、ここだけは昔のままなんだよ」

そうおっしゃいながら、ご主人が玄関のドアを開けて瓦を指さしてくださいました。

お店の看板は真新しくなっていましたが、その上に並ぶ軒丸瓦には「花園」と刻み込まれています。

 

「開店当初はそれだけ意気込んだんだよ。ここだけは当時のままに戻したんだよ」

 

DSC08084.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/125,F2.8,iso100】

 

「もう80になったから、お店はいつ辞めても良いんだよ。人通りも本当に少なくなったしね」

「新規のお客さんなんて来ないよ。いつも顔馴染みばっかり。でも、みんなが『やめるな』って言うんだ」

 

お店に入った瞬間、玄関の真新しい様子とはまったく違う店内の様子には驚かされました。

メニューもなく、お冷を通してくださったご主人からは「ホットで良い??」の一言のみでした。

しかし「お客さん、どちらから来たの??」を皮切りに、色々な話に花が咲き、とても楽しいひと時を過ごさせていただくことができました。

 

いつでもお店をたたむ腹積もりがあって…ということは無いんでしょうけれど、店内のメンテナンスの行き届いた清潔感の溢れる様はとても清々しいです。

こう言っては申し訳ないかも知れませんが、所謂”骨董屋”というとゴチャゴチャとした埃っぽいイメージは拭いされません。

しかしながら、このお店にはそんなところは微塵もありませんでした。

 

「ソファはね、東京から仕入れたんだ。キャバレータイプだから、他の喫茶店よりも広いんだ」

お店はいつ畳んでも良い…なんておっしゃっていましたが、細部へのこだわりはきっとずっと変わっていないんだなと思います。

小1時間ほどお邪魔させていただき、お代を払ってお店をあとにしました。

「また来ますんで、それまでは畳まんでくださいよ」

ご主人も、奥様も笑っていらっしゃいました。

「珈琲花園」さん。また近いうち、間違いなく来たいと思います。

 

ちなみに、こちらのご主人と奥様…。

1月に足を運んだ「三崎そば」さんで顔を合わせていたお2人でした。

この日、敢えてその話は持ち出しませんでしたが、もう少しこちらのお店に足を運び、もう少し仲良くなることができたら「実は…」と切り出してみます。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

Largo Today

2018.02.18 Sunday

 

「喫茶店」へ行きました。

 

DSC07852.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/30,F2.8,iso400】

 

佐度にも可愛らしい”カフェ”がたくさん出来ていますが、ここに来てまた昔ながらの”喫茶店”に世の目は向いているようです。

 

DSC07859.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/20,F2.8,iso400】

 

だから、、、という訳ではありませんが、休日の朝の「喫茶店」へと足を運びました。

河原田諏訪町の「らるごコーヒーハウス」です。

その落ち着いた佇まいと、店内の重厚な装いには定評があります。

 

DSC07860.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/20,F2.8,iso400】

 

高校生の頃にはこのあたりの色々なお店に足を運んでいました。

土曜日のお昼にはカップル同士でお昼を食べに来て、そして午後からは部活を頑張ったり。

「お腹が痛い」といって学校をサボっては、お店にたむろしたり…。

 

1本隣の通りには「アンブレラ」というお店があって、そちらは当時お付き合いしていた子とお昼を食べに行った記憶があります。

こちら「らるご」さんは、たぶん初めてお邪魔したんじゃないかと思います。

 

DSC07862.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/20,F2.8,iso400】

 

モーニングサービスセットのコーヒーをいただきました。

開店時間は8時30分。

こちらのサービスセットは500円です。

開店時間が7時とかであれば、こちら方面んへお仕事の朝には間違いなく立ち寄らせていただきたいところですが…。

 

DSC07866.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/15,F2.8,iso400】

 

セットのドリンクは当然、コーヒーをいただきます。(コーヒーか紅茶を選択できます)

昨夜はまたしこたま飲んだものですから、朝の熱いコーヒーが五臓六腑に染みわたるようで旨いです。

 

DSC07870.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/15,F2.8,iso400】

 

私たちがお店をお邪魔したのは10時頃でした。

お店を入ってすぐのカウンターには常連さんと思しきお父さん方が2〜3名。

いちばん奥まったテーブルには、こちらも顔馴染みと思えるような50台くらいの女性お2人が楽しそうな会話を繰り広げていらっしゃいました。

雪の佐渡の朝の「喫茶店」は静かな賑わいです。

 

DSC07876.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/15,F2.8,iso400】

 

お店に入って「どこに座ろうか」と店内を見渡した時、こちらの一角が強烈に私にアピールしてきました。

「うわっ」という感じです。

高校生の頃、お店に入って、こういう席に黒い制服のおっかなそうなお兄さんがたがいらっしゃったら…。

「喫茶店」という響きに、懐かしさと一緒に危うさという香りを思い出すあたり、、、

そしてそんなお店の雰囲気を感じながら、悠々と時間を過ごせるようになったあたり、私も少しは大人になったのかな??…と。

 

「らるごコーヒーハウス」

朝は8時30分からの営業です。(閉店時間は聞き忘れました)

嬉しいことに漫画が豊富です。

最初のデートでここへ来て、お互い漫画を読みふけって無言同士…というは難しいと思いますが、、、

慣れ親しんだ友人同士、休日の午前中を充実させたい方、午後のまどろみの時間を優雅に迎えたい方等々…。

とっても過ごしやすい場所かと思います。

 

私もいつかカウンターに座れる”常連さん”を目指したいと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

 

「三崎そば」・・・美味

2018.02.02 Friday

 

八幡(Yahata)にある「三崎そば」さんへと再び足を運びました。

 

DSC06323.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2500,iso100】

 

1月の初旬に初めてこのお店をお邪魔したんですが、その1週間後にまたお邪魔をしていました。

 

DSC06326.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/100,iso1250】

 

この日は開店直後の早い時間にお邪魔しました。

 

DSC06330.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/100,iso1250】

 

薪ストーブに当たりながら、ソバの実を眺めながら、昔懐かしい佐渡の月刊誌やら写真やらを眺めながら、、、

 

DSC06331.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/100,iso1250】

 

前回より200円増しの「大盛り蕎麦」をいただきました。

前回は玉ねぎのマリネの付け合わせでしたが、この日は、、、忘れました。

ただ、丁寧なお仕事と、付け合わせもお蕎麦も「美味」であったことには間違いがありません。

ガツガツと行きたくなるところを、終始、少量を噛みしめながらじっくりと満喫させていただきました。

嗚呼、三崎そばさん…美味です。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:迫り来る冬

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル