<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 国仲平野 〜

2018.05.21 Monday

 

昨日に続いてとても良いお天気でした。

こんな日に事務所に籠って事務仕事なんぞしていると「勿体ない…」と思ってしまいます。

 

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F11,iso200】

 

DSC02531.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F11,iso800】

 

DSC02532.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F11,iso800】

 

とっぷりと陽が暮れた頃、国府川沿いの堤防を走る機会を得ました。

「得た」なんて言うと仰々しいですね。

単純に通りがかっただけです。

 

肉眼で見ると限りなく暗闇に近いんですが、陽が沈んだ西の空には確かに夕陽の名残がありました。

車を走らせていると気づかないんですが、エンジンを止めて車を降りると蛙の大合唱です。

平野部が”水浸し”となるこの季節、高所から俯瞰して見ることばかりを考えていましたが、こんな風に”水浸し”の中から眺めることを忘れていました。

「良い季節」です。

 

 

 

JUGEMテーマ:春の楽しみ

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

In the Twilight

2018.04.30 Monday

 

「長手岬の夕陽」からの大間港(Ōma-kō Port)です。

 

DSC01422.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F11,iso400】

 

この日の日没時間は18時35分頃でした。

その時間まではもう少し余裕がありました。

 

DSC09661.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/50,F11,iso100】

 

DSC01423.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F11,iso400】

 

しかし、水平線上に雲があるところまでは読み切れませんでした。

夕陽は水平線に「ジュッ」となる前に蜃気楼のように姿を消してしまいました。

 

この日は「夕陽を見たい」という東京からのお客様をお連れしていました。

「夕陽」と聞いて真っ先に浮かんだのは「長手岬」でした。

…で、せっかくなので、と欲張ってこちらへ来た結果がこのような結末をもたらしてしまいました…。

こうなると分かっていたら、もっと陽が高いところにある「夫婦岩(Meoto-Iwa)」のあたりで車を停めていれば…と後悔しました。

 

DSC01430.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,2.5,F11,iso100】

 

そのお客様につきましては「夜景がメイン」ともおっしゃってくださっていたので、その足でお連れしたのがこちら

北沢浮遊選鉱場(Kitazawa Fuyū Senkōba)です。

 

DSC01441.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,10,F11,iso100】

 

もう少しスッキリと晴れていたら、もう少し夕陽の”照り返し”がこの上空を彩ってくれたのかもしれませんが…。

 

DSC01451.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F8,iso100】

 

まぁ、そこのところは、満月に近いお月様が彩りを与えてくださいました。

月明りの照らす足元の煉瓦がまた美しいこと…。

最近、この場所へ来ると、足元の煉瓦の美しさにばかり目が行ってしまいます。

 

こちらのライトアップにつきましては、赤、白、青、ピンク、緑と様々に変化して行きます。(色は順不同です)

さらに、複数の色がチカチカと入り混じってみたりと、趣向を凝らしてあります。

この日のお客様につきましては「ロクなPCを持っていなくて、JPGで1発勝負だから大変だよ…」と呟いていらっしゃいました。

 

無い物ねだりなのかもしれませんが、普段、彼が撮影しているのは「東京タワー」や「スカイツリー」なんだそうです。

佐度に親戚がいらっしゃるということで、今回は法要に参加するためにご来島いただいたんだそうです。

私にとっては、彼がいつも目の当たりにしている風景が、私が渇望している都会の夜景ということで羨ましい限りでした。

 

また機会がありましたら、ご来島いただければと思います。

そして、是非またお声がけをいただけたらと思います。

次回は満天の星空の乙和池にでもお連れさせていただけたらと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

長手岬の夕陽

2018.04.29 Sunday

 

すっかり陽が長くなりましたね。

 

DSC09605.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/1000,F11,iso100】

 

陽が長くなったとはいえ、なかなか夕陽に立ち会える時間がなく、この日は久しぶりにじっくりと夕陽を”浴びた”気分になりました。

 

DSC09611.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/1000,F11,iso100】

 

「夕陽にいちばん近い岬」だったか「天国にいちばん近いみさき」だったか…。

長手岬(Nagate Misaki)です。

 

DSC09627.jpg

【α99,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/400,F11,iso100】

 

たぶん前者です。

夕陽にいちばん近い岬です。

 

DSC01414.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/400,F11,iso100】

 

DSC09634.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/320,F11,iso100】

 

DSC09640.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/200,F11,iso100】

 

 

DSC09644.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/200,F11,iso100】

 

DSC09652.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/160,F11,iso100】

 

まぁ、休日とは言え、そんなに大勢の人が押し掛けるというような類の場所ではありません。

この日は大型連休の初日ということもあり、それなりに人の姿が見られました。

私たちのあとに駐車場に車を停めたカップル(たぶん)は、始めは岬全体を見渡す東屋に居ましたが、気がつくと沖合へと続く溶岩台地を歩いていました。

私たちがここをあとにするのと入れ違いに、5人くらいの女子が沖合へと向かっていました。

普段はここで人とすれ違ったりということは稀なので、何となく「G/Wだなぁ」という面持ちになりました。

 

DSC09655.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/400,F11,iso100】

 

皆さま、楽しいG/Wをお過ごしください。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:

真野湾にて

2018.03.18 Sunday

 

行く宛てもないドライブです。

 

DSC08519.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso100】

 

ま、こんな時、海があるというのはとても助かる(?)ところです。

 

DSC08523.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F5.6,iso160】

 

夕暮れの迫る真野湾(Mano-wan Bay)です。

 

DSC08527.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F5.6,iso320】

 

真野湾越しに見えているのは大佐渡山地の高峰群です。

改めて、大きな島と思います。

 

DSC08529.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F5.6,iso320】

 

真野湾越しに見えている半島は二見半島(Futami-Hantō Peninsula)です。

 

DSC08513 (1).jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/30,F9,iso500】

 

半島の先端ちかくに灯る光は「台ヶ鼻灯台(Daigahana-tōdai Lighthouse)」です。

沖合に見えている岩陰は「フタマタイワ(Futamata-iwa Rock)」と呼ばれるものです。

 

DSC08516 (1).jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/30,F9,iso500】

 

DSC08520 (1).jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/30,F9,iso500】

 

DSC08533.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F5.6,iso640】

 

DSC08526 (1).jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/50,F5.6,iso1600】

 

DSC08528 (1).jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/50,F5.6,iso1600】

 

散歩をしている方、黄昏れていらっしゃる方、釣りをしている方、、、銘々が真野湾で時間を過ごしていらっしゃいました。

さて、また1週間の始まりですね…。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 大間港 〜

2018.02.01 Thursday

 

今日から2月ですね。

「それがどうした??」と言われたら返す言葉もありませんが…。

 

それより何より、久しぶりに”快晴”と言える1日でした。

「だからどうした(# ゚Д゚)」と言われたら、さらに返す言葉がございませんが…。

 

DSC06988.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1,F8,iso500】

 

休日に合わせてこんな好天だと嬉しいんですが、当然のように日中はお仕事です。

広がる青空。

照らす陽射し。

恨めしい気分で窓の外を眺めるほかありません。

 

DSC06991.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1,F8,iso500】

 

しかし幸いしたのは、日が長くなっていることです。

夕焼けの名残が空に映るうちに大間港(Ōma-kō Port)に辿り着くことができました。

 

DSC06992.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1,F8,iso500】

 

DSC06994.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1,F8,iso500】

 

DSC06996.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1,F8,iso500】

 

DSC07027.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1,F5,iso2000】

 

DSC07028.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1,F5,iso2000】

 

DSC07030.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/4,F4,iso3200】

 

DSC07031.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/4,F4,iso3200】

 

DSC07033.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/4,F4,iso3200】

 

DSC07034.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/4,F4,iso3200】

 

DSC07036.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/4,F4,iso3200】

 

DSC07049.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F5.6,iso200】

 

DSC07050.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F5.6,iso320】

 

いや、久しぶりに見た美しい夕景でした。(…と思います。最近、記憶が怪しいもんですから)

今日は煌々と月明りが照らしているようですね。

1日違いで、昨夜がこんな月夜だったら、佐度も「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」で大騒ぎだったのかも知れません。

まぁ、色々含めてプラスマイナスはゼロと思いますから、そこは次に訪れるとされる19年後を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

久しぶりの夕陽

2017.12.02 Saturday

 

このところ、なかなか思うように時間が取れません。

ゆえに夜景ばかりとなってしまっているんですが…。

 

DSC03618.jpg

【α99,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/50,F9,iso200】

 

今日はお休みではありませんでしたが、日没前にはカメラを構える時間に恵まれました。

久しぶりに地元・相川の海岸線に立つことが出来ました。

 

何の変哲もない夕景と言えばそれまでかも知れませんが、この季節にしては珍しく穏やかな海と、幼少の頃から眺めてきた変わりのない景色に

安堵感のようなものを覚えていました。

(「変わりのない景色」とは書きましたが、ずいぶんと変わりはしたとは思います…。まぁ、そんな変化も踏まえての「変わりのない」です)

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:ひとりごと

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 大野亀 〜

2017.10.09 Monday

 

佐和田方面で仕事を終え、向かった先は大野亀(Ōno-game)でした。

 

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso100】

 

DSC02469.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso200】

 

DSC00370.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA,1/40,F11,iso100】

 

夕陽が見たいと思い、久しぶりに佐渡の北端近くまで車を飛ばしてきました。

この日の日没時間まであと十数分でした。

夕陽はこの大野亀の向こう側に隠れてしまっていました。

ならば、この頂点から夕陽を見下ろしてやろうと思ったんですが、、、

 

DSC00378.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F11,iso200】

 

大野亀は現在登攀禁止となっています。

山頂までの道中に崩落があり、危険とのことです。

まぁ、これは今に始まったことではないのですが、すっかり失念していました。

 

DSC02471.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso200】

 

昔であれば「んなもん知るか…」と、立入禁止の柵を乗り越えたんでしょうけど…。

この日は自重です。

大人になりました…。

 

DSC02473.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso200】

 

…というか、個人的にはこんなものは「自己責任」の範疇と思いますけどね。

今は何かが起こればすべて自分以外の誰かの責任にしたがる時代ですからね…。

事故でも起きたらすぐに管理責任が云々とかの話になるんでしょう。

面倒くさい時代です。

さっさとあの目障りな「立入禁止」の看板を取っ払うことの方が、景観上よっぽど良いと思います。

 

DSC00381.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F11,iso200】

 

…という訳で、夕陽を直接見ることは諦め、海岸線沿いに続く遊歩道を行きます。

 

DSC02476.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/640,F2,iso200】

 

ゴジラの背びれのような大野亀の裏側です。

先日の「外海府クルージング」ではこの背びれを目前にUターンしたわけですが、、、

上からでも下(海上)からでも良いので、1度この背びれによじ登ってみたいですね。

 

DSC02478.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/640,F2,iso200】

 

二ツ亀(Futatsu-game)を望みます。

 

DSC00386.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F11,iso640】

 

カンゾウの花が満開の季節であれば、このまま遊歩道を進んだんでしょうけど…。

 

DSC00387.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F11,iso2000】

 

何となくこちらに佇んだまま日没を迎えてみました。

美しい”マジック・アワー”もさることながら、星が満天の瞬きを見せようという雰囲気がありました。

 

DSC00389.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F11,iso1600】

 

という訳で、ドンデン山(Mt.Donden-san)に駆け上がりました。

入川(Nyūgawa)の側からここへ上るのは何年ぶりでしょうか…。

 

DSC00392.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F5,iso4000】

 

ドンデン山荘は霧に包まれていました。

霧が晴れるとたまに素晴らしい夜景と星空が顔を覗かせてくれるんですが、いかんせん月明りが強烈すぎました。

 

DSC00393.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F14,iso3200】

 

両津湾に影を落とす月明りと雲海が幻想的な雰囲気を醸し出していました。

空気はとても澄んでいましたし、星もたくさん出ていたと思うんですが…。

ちゃんと月の満ち欠けを頭に入れてこないとダメですね。

とはいえ、これはこれで美しひとつの佐渡の夜景でした。

 

1日の走行距離が150kmを超えました。

最近はなかなか島内でも遠出をすることが億劫になっているところがあるんですが、久しぶりに「島を遊んだ」という感じです。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:天体・星空・星雲

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:名所

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 鎮目サンセット・パーク 〜

2017.10.02 Monday

 

たぶん、佐渡の方でいらっしゃっても「鎮目サンセット・パーク」と聞いて「あぁ、あそこね」と思う人は少ないでしょう。

 

DSC00724.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/320,F16,iso100】

 

ま、何のことはありません。

昨日の記事の「弁慶のはさみ岩(Benkei no Hasami-iwa)」の麓にあるちょっとした駐車場 --- 夏はちょっとした海水浴場 --- です。

でも、こんなお洒落な名前の駐車場だなんて、知らない人は多いと思います。

 

DSC00750.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2500,F4.5,iso100】

 

昨日の記事で、「はさみ岩」と夕陽の関係性についてはお伝えしたところですが、その背後には時化模様の日本海が映っていました。

たまに高い波が来ると、「はさみ岩」の隙間からは波しぶきが舞い込んできていました。

 

DSC00776.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2500,F4.5,iso100】

 

そんな波しぶきが夕陽に重なって何とも言えない美しさを醸し出していました。

「はさみ岩」を潜り抜け、波打ち際の岩場へと向かいます。

 

DSC00777.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2500,F4.5,iso100】

 

も少し波が強くて、もっと、バーンと弾け飛んでくれたら、飛沫自体も黄金色に輝いたのかも知れませんが、、、

 

DSC00778.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2500,F4.5,iso100】

 

まぁ、そんなことは置いておいて、自然の織り成す造形美にはいつもひれ伏すばかりです。

 

DSC00841.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2500,F5.6,iso100】

 

炎、波、空、そして水の流れ…。

このあたりは、見ていても飽きることはありませんね。

 

DSC00842.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2500,F5.6,iso100】

 

DSC00843.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,】

 

DSC00879.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/6400,F5,iso400】

 

DSC00936.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/6400,F5.6,iso400】

 

DSC00950.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/6400,F5.6,iso400】

 

DSC00951.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/6400,F5.6,iso100】

 

この「はさみ岩」の海側は、かつて鉱石を砕く石臼のための石切り場だったそうで、今も楔を打った跡なんかが残っています。

「はさみ岩」をくぐっても、「はさみ岩」を迂回しても簡単にたどり着くことはできます。

ただし、「落石注意」の看板とか「雷注意報」と同様、いざ何かが起こった時にはどうにもならない場所ではあります。

 

また、この界隈に「浅瀬」はございません。

決して滑りやすい岩場という訳ではございませんが、岩場にこびりついた海藻やらが水に濡れると悪さを働かないとも限りません。

文字通り「サンセット」を拝むには最適この上ない場所ではありますが、ここを訪れようという方におかれましては、くれぐれも頭上とお足元に

細心のご注意を払っていただきますようお願いいたします。

 

 

 

【ご注意】

繰り返しになりますが、いくら細心の注意を払っていてもどうにもならないことがあるかと思います。

落石に注意をしていても、いざ落石があったらどうしようもありませんし、雷に注意をしていたって落ちてこられたら対処の仕様もありません。

大袈裟ではありますが、つまりはそういう場所です。

ご注意をおねがいいたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:日常。

「はさみ岩」の秋

2017.10.01 Sunday

 

「秋の夕陽はつるべ落とし」とは言いますが、本当に陽が短くなりましたね。

短くなってしまったことにしばらく気づかなかった自分が情けない感じではありますが…。

 

DSC00708.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F16,iso100】

 

さて、相川の市街地のはずれにある「弁慶のはさみ岩(Benkei no Hasami-iwa)」です。

 

DSC01681.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F11,iso100】

 

春分の日と秋分の日の前後に、この岩の下に夕陽が落ちます。

 

DSC01685.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/8000,F29,iso100】

 

前にここで地元の方とお会いしたことがあって、その方曰く「10月1日がいちばんキレイに見える」とのことでした。

 

DSC00717.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/320,F16,iso100】

 

「その日が凪だと、一直線に光の筋がこう…。そこを船なんか通りがかったら、もう…」

そんなお話を聞かせていただきました。

 

DSC01695.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F22,iso50】

 

こちらは昨日(9月30日)の写真となります。

残念ながら波も高く、一直線に光の筋が…という訳には行きませんでした。

 

DSC01705.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F25,iso50】

 

今日は今日でどんよりしてしまっているので夕陽どころの騒ぎではありませんし…。

 

DSC01904.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/5000,F9,iso100】

 

DSC00984.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/200,F16,iso125】

 

せめて、久しぶりに海へジュっと落ちる夕陽が見られるかと思っていたんですが、、、

 

DSC00989.jpg

【α7SII,LA-EA4,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/125,F11,iso125】

 

いつも水平線のあたりには「見えない雲」が存在しています。

この日も残念ながら、水平線の手前で夕陽は雲にかき消されてしまいました。

 

 

 

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 国仲平野 〜

2017.09.19 Tuesday

 

基本、どこを切り撮ったって美しい佐渡島です。

 

DSC00289.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F14,iso100】

 

美しい夕陽は海岸沿いでなくても、どこであっても拝むことができます。

 

DSC00294.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F14,iso200】

 

この時期の国仲平野では黄金色の稲穂ごしの夕陽がとても美しいです。

 

DSC00297.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/250,F2,iso100】

 

春は春で、水鏡が美しい…とか。

夏は夏で、緑が美しい…とか。

冬は冬で、一面真っ白で美しい…とか。

 

DSC00298.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso100】

 

結局、どの季節になっても「今がいちばん良い季節だなぁ」なんて呟いている訳です…。

 

DSC00302.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/320,F2,iso100】

 

DSC00304.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/320,F2,iso100】

 

DSC00306.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/320,F2,iso100】

 

今日はたまたま通りがかった国仲平野で、いつもの川沿いの土手の道を車を走らせてみました。

先日、白い彼岸花 --- のような花 --- が咲いているのを見かけたので、そろそろ田んぼの畦に彼岸花が咲き誇っているんじゃないかと気がかりでした。

…が、今日みたところ、花を開かせているのはほんの数えるほどで、まだまだ蕾が膨らみ始めた頃のようです。

 

彼岸花が、あの怪しいながらも愛しげな花を開かせた頃、またこんな夕陽に巡り合えたらなと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:花のある暮らし