<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 真野湾 〜

2020.07.13 Monday

 

昨日の記事の続きの時間です。

 

7S202392.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F11,iso200]

 

国中平野を突き抜けて、真野湾(Manowan Bay)沿いにやってきました。

 

7S202396.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F11,iso200]

 

海も空も雲もキレイです。

数時間前の雨の名残が夕焼け空を美しく映していました。

真野湾のど真ん中は、Ryokan浦島さんの浜側にある駐車場です。

 

7S202400.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F11,iso400]

 

そこから車を走らせること約4kmです。

真野湾の付け根です。

サワネマリーナの桟橋です。

 

7S202404.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F11,iso400]

 

飛行機雲が膨張したような雲が、青空を真っ二つに裂いているようでした。

 

7S202412.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F11,iso400]

 

7S202414.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F11,iso400]

 

7S202419.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F11,iso400]

 

7S202422.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F11,iso400]

 

7S202425.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F11,iso400]

 

7S202430.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F11,iso400]

 

7S202433.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F11,iso400]

 

最後は、桟橋の先端近くから湾を背にした1枚です。

桟橋の先端まで歩けば、当然、帰り道には目にする風景です。

…が、写真に撮ったことってなかったかもしれません。

 

少し前までであったら、こんな写真は撮らなかったかもしれないです。

…が、もう少し色々な"可能性"を見出せたらなと思いまして、現在挑戦中です。

まぁ、"挑戦中"なんていうと大袈裟ですけど、例えば、電線とか、看板とか、自販機とか、

普段であればアングルから外したい人工物みたいなものを自然と調和させたり、そのものを主役にしてみたりと…。

あくまでこれは一例に過ぎませんが、切り取るアングルは無限にある訳ですから、ハナからその可能性や範囲を制限する必要性はなかろうと…。

 

そんなことを、今になって思っているところです。

この桟橋の上にいる時は、そんなことは1つも考えずにこの写真を撮っていました。

 

 

 

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:

春日崎の美しい夕景

2020.06.16 Tuesday

 

本日の記事の舞台は、相川市街地の南端にある「春日崎(Kasugazaki)」です。

 

7S201572.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/200,F11,iso400]

 

古くから「相川八景」の1つとして、

アメリカ進駐軍によって米軍レーダーが建設された場所として、

相川市街地や「道遊の割戸(Dōyūnowarito)」を一望できる場所として、

最近では、佐渡を代表するような夕景のスポットとして名をはせる春日崎です。

 

7S201580.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/160,F11,iso400]

 

「相川八景」については、絵師の山尾定政が

 

「道遊秋月」

「鹿伏夜雨」

「春日崎落雁」

「弾誓寺晩鐘」

「富崎晴嵐」

「才神暮雪」

「横嶌帰帆」

「下戸夕照」

 

の八景を描いたものだそうですが、

「春日崎落雁」についても、落雁と言えば誰しもご存知の干菓子のことですが、一体どのような絵なのでしょうか…。

詳しいことは --- 詳しくないことも --- 一切わかりません。

(一般的な話ではなくて、私個人の話しです)

 

7S201584.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/160,F11,iso100]

 

まぁ、そんな色々なことは置いておいて、春日崎の夕景です。

 

7S201588.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/1000,F5.6,iso400]

 

この日ここを通りがかったのはたまたまのことです。

そろそろ、ここに咲くノカンゾウが見頃なんじゃないかと思って立ち寄ってみました。

それにしても、素晴らしい光芒でした。

 

7S201591.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/60,F14,iso400]

 

既に市内の各所で枯れ落ちてしまったイワユリが見られます。

それは、ここ春日崎においても例外ではありませんが、中には例外もありました。

巌に健気に咲き誇っていました。

 

7M305535.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/6400,F2,iso100]

 

7S201602.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/80,F14,iso400]

 

7S201605.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/160,F11,iso400]

 

7S201634.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/80,F16,iso400]

 

7S201641.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/500,F2.8,iso400]

 

7M305555.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso100]

 

7M305561.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso100]

 

…と、まぁ、頭でっかちになてしまったきらいはありますが、何せ美しかった春日崎の夕景です。

こちらのノカンゾウにつきましては、あと1週間程度は見頃なんじゃないかと思っています。

 

明日も、梅雨の切れ間をぬうような好天だそうです。

こちらで夕陽とカンゾウを楽しんでいただいた後に、北沢浮遊選鉱場のライトアップを楽しんでいただく…なんてことを企ててみてはいかがでしょうか。

春日崎の夕景は19時過ぎまでお楽しみいただけるかと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:名所

 

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 大野亀 〜

2020.06.11 Thursday

 

6月4日の「大野亀(Ōnogame)」です。

 

7M305052.jpg

[Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F14,iso100]

 

時刻は17時30分に近い頃でした。

 

7M305057.jpg

[α7iii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/1000,F14,iso100]

 

大野亀の今年の夜景は見ました。

大野亀の今年の朝景も見ました。

 

7M305063.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 OSS,1/6400,F2.8,iso100]

 

なので、まだ見ていない夕景と、お日様がてっぺんにある大野亀を見たいと思った訳です。

 

7S200635.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F14,iso100]

 

…で、いっぺんに両方は無理なので、この日は夕景を見に来ました。

 

7S200649.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/200,F14,iso100]

 

7S200656.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/100,F14,iso100]

 

普段はあまり通ることのない、「大野亀島」の鳥居を抜け"参道"を行きます。

 

7M305068.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 OSS,1/640,F5.6,iso100]

 

しばらく「通行止め」となっていた、山頂への"参道"にいつものバリケードが無いことに気づきました。

とりあえず、1周してから登るかどうか考えてみることにしました。

 

7M305069.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 OSS,1/1250,F2.8,iso100]

 

「二ツ亀(Futatsugame)」を望みます。

西日を受けて輝いています。

この時期、この付近は海から日が昇り、海へ日が沈みます。

 

7M305076.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 OSS,1/125,F8,iso100]

 

7S200667.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso100]

 

7S200687.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/200,F14,iso1000]

 

7S200692.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/250,F8,iso1000]

 

7S200708.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/500,F14,iso200]

 

7S200719.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/500,F14,iso200]

 

7M305085.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 OSS,1/500,F2.8,iso100]

 

7S200727.jpg

[α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/400,F14,iso200]

 

7S200761.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/50,F14,iso200]

 

7S200786.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/1000,iso1000]

 

7S200796.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F14,iso1000]

 

…大野亀の夕景です。

こんな風にじっくりと見たことって、ひょっとしたら無かったかも知れません。

 

7S200815.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso200]

 

そして、久しぶりの"登攀"です。

 

7S200817.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso1250]

 

7S200821.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/250,F11,iso1250]

 

大野亀の頂上へ登るなんて、それこそ10数年ぶりです。

思っていたほど疲れもしませんでしたが、思った以上に長い道のりでした。

その全域に渡って歩道を整備してくださった方には、心よりお礼申し上げるところです。

 

7S200825.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso1250]

 

"山頂"からの風景も久しぶりです。

間もなく満月という立派な月が東の空にお目見えしていました。

 

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso1250]

 

外海府の海岸線です。

突き出している半島の突端は入崎(Nyūzaki)のあたりなじゃないかと思います。

 

7S200832.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso1250]

 

10数年前よりも山頂周辺は身動きが取りづらいように思えました。

写真の手前の斜面に写っているような若松が繁茂していたためかも知れません。

 

7S200837.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/400,F11,iso1250]

 

山頂より、北西の海へと沈む夕陽です。

 

7S200839.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso1250]

 

山頂へと続く歩道ですが、最後の10数mは"馬の背"を行くようなスリリングさです。

まぁ、歩道の両サイドは潅木ですし、そうそう足を滑らせて滑落することなどないと思います。

私自身も常に"我が事"として、人様に迷惑を掛けないよう心掛けたいと思います…。

 

7S200848.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/125,iso1250]

 

山頂にいたのは、10分程度だったでしょうか。

みるみるうちに暗くなって来たもんですから、あんまり長居はできないのかなと思っていました。

登り一辺倒で汗をかいていたんですが、10分も経つと涼しいくらいでした。

 

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso250]

 

帰途に就きます。

 

7M305104.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso250]

 

7S200861.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/60,iso1250]

 

7S200864.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/30,iso1250]

 

7S200868.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,30,iso400]

 

無事に下山しました。

時刻は19時30分を過ぎていました。

 

7S200871.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1732,F11,iso100]

 

20時過ぎから約30分ほど長時間露光してみました。

満月に近いような明るい月が背後に昇っていました。

カンゾウの園に明かりが当たるのは嬉しいんですが、大野亀上空の星空は最後まで目立たずじまいでした。

また、そこそこの風が吹いていたため、カンゾウの黄色い花影が波のように流れて写ったりするかななんて期待したんですが、期待外れでした。

 

7S200875.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,30,F2.8,iso400]

 

平日とあって、素晴らしいロケーションだったんですが、いかんせんお客様が少なかったようです。

まぁ、今年ばかりは仕方がないのかもしれません。

夜の大野亀を独り占めです。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:夕景

PUKA PUKA the Day

2020.05.28 Thursday

 

一昨日と似たような時間帯に似たような場所を走っていました。

 

7S200132.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/20,iso125]

 

車窓に映る景色は、先日が"動"ならこの日は"静"といった感じでした。

 

7S200137.jpg

[α7Sii,GIZMON Utulens,1/20,iso640]

 

なかなか難しい空模様でしたが、夕方以降は青空が広がりました。

 

7S200144.jpg

[α7Sii,GIZMON Utulens,1/20,iso640]

 

大佐渡山地の稜線にかかった綿あめのような雲が少しずつ千切れ、国中平野の上空をぷかぷか漂っていました。

 

7S200146.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/20,F8,iso400]

 

7S200150.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/20,F8,iso400]

 

見るほどに美しい国中平野の夕景でした。

 

7S200168.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,30,F22,iso50]

 

刻一刻と姿を変え、立ち位置によっても姿を変える景色を前に、ただただ贅沢な時間を過ごさせていただきました。

「日々絶景の佐渡島」ですが、見飽きることも見慣れることもありません。

日々このような時間を得られることについては、感謝しかありません。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:日常。

稜線の向こう側の夕焼けはものすごかったんじゃないかなと思うんですが、稜線のこちら側の夕焼けだってものすごかったです。

2020.05.26 Tuesday

 

帰途に就いた頃は、曇ったような霞みがかったような冴えない夕景が広がっていると思っていました。

 

7S200120.jpg

[α7Sii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso100]

 

国中平野のR350バイパスを走行中、冴えない夕景は劇的に変化して行きました。

農道に似つかわしくないような赤いトラックが、しかしこの夕焼けにはとても似合いでした。

 

7M304844.jpg

[α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/250,F2.8,iso100]

 

7M304848.jpg

[α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/60,F5.6,iso200]

 

大佐渡山地は小仏峠の背後から放射線状に夕陽の光線が広がっていました。

稜線付近から炎が燃え上がっているようでした。

農道に似合いの白い軽トラックが、しかしこの夕焼けに殊更似合っていました。

 

7M304854.jpg

[α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/60,F5.6,iso200]

 

大佐渡山地には雲がかかっていました。

大佐渡スカイラインを上ってみたら、稜線の向こう側の素晴らしい夕焼けやら、国中平野側には雲海でも見られたかも知れません。

しかし、それを叶えるについては、圧倒的に時間が不足していました。

「どこでもドア」があればと思いました。

 

7M304858.jpg

[α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F2.8,iso100]

 

間もなく19時を迎えようとする、今日の国仲平野の夕景でした。

 

7M304871.jpg

[α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F2.8,iso1600]

 

それから約20分後の相川湾です。

国中平野から望んだ、"稜線の向こう側"です。

夕陽を見ることはできませんでしたが、見事な照り返しを見ることができました。

 

月並みではありますが、今日も素晴らしい夕景の佐渡島です。

そしてそれは、佐渡島の"日常"でもあります。

そう。"日常が絶景"の佐渡島です。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

 

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 大間港 〜

2020.05.25 Monday

 

もう10日以上も前の写真です。

 

7M304231.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/640,F5.6,iso100]

 

"思ったよりも波がある"というような日でした。

 

7M304247.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso100]

 

相川湾の沖合に1艘の漁船が見えました。

勇敢な漁船に見えました。

上の写真を見てもお分かりのとおり、大きなうねりに呑まれ、時折姿が見えなくなりそうでした。

 

7M304252.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/800,F5.6,iso100]

 

7M304266.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/640,F5.6,iso100]

 

7M304270.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/640,F5.6,iso100]

 

7M304276.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/640,F5.6,iso100]

 

やがて海上でのお仕事も終了したようです。

夕陽に照らされながら、漁港に無事帰還しました。

勝手に私も一息つきました…。

 

7S209509.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

そして、大間港(Ōmakō Port)へ移動してきました。

写真は多めに、口数は少なくします。

 

7S209510.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209511.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209512.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209516.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209530.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209536.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209538.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209539.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209550.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209552.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209553.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209556.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209557.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209558.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209571.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209572.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209574.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209575.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

7S209576.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/4,F14,iso100]

 

上の写真ですが、半分逃げながら撮ったような1枚でした。

これまでにない大きな波が迫ってまして、身の危険を感じてしまいました。

もう数秒我慢すれば迫力のある写真が撮れたのかも知れません。

 

ま、しかし、思い切って逃げたために、本日、こうして美しい佐渡の夕景をお伝えできる運びになったと理解しているところです。

口数は少なく、もう少し写真を載せます。

 

7M304287.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/250,F8,iso100]

 

7M304288.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/250,F8,iso100]

 

7M304295.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/200,F8,iso100]

 

7M304326.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/160,F8,iso100]

 

7M304332.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/160,F8,iso100]

 

7M304336.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/160,F8,iso100]

 

7S209578.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/20,F11,iso100]

 

7S209581.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/20,F11,iso100]

 

7M304344.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/160,F8,iso100]

 

7M304349.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/160,F8,iso100]

 

この日も素晴らしい夕陽・夕景でした。

日常的にこんな景色が見られることには、常々感謝しているところです。

今年は水平線に直接落ちる夕陽を目にする機会が多いような気がしています。

 

COVID19の世界的な流行によって人間の活動が各国で制限されたことにより、自然環境の改善につながった例もいくつかあるようです。

インドのパンジャブ州では大気汚染が改善され、数10年ぶりにヒマラヤ山脈が見渡せるようになったんだとか…。

まさか、佐渡沖についても同様の事態が起きているとは考えられないでしょうけれど…。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:夕景

 

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 大間港 〜

2020.05.13 Wednesday

 

話しは前後しますが、5月7日の夕景です。

一昨日の記事の日と前後しますが、2日続けて素敵な夕景に出会いました。

 

7S209169.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/60,F11,iso400]

 

大間港(Ōmakō Port)です。

久し振りな気がしました。

どのくらい久し振りなのかは記憶にありませんが、私にとっては1週間も間隔が空けば「久しぶり」です。

まして、「不要不急の外出は控える…」という期間ですからね…。

家路へと向かうところ、"ちょっとだけ"寄り道をさせていただきました。

 

7S209171.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/125,F11,iso400]

 

7S209174.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/125,F11,iso400]

 

すっかり潮が引いていました。

希望としては、ここをザワザワと流れる波を期待していたんですが…。

 

7S209181.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/160,F11,iso400]

 

7S209183.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/160,F11,iso400]

 

7S209186.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/160,F11,iso400]

 

干潮に乗じて、普段は海水に浸っている岩礁地帯を歩いてみました。

 

7M303908.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/160,F11,iso100]

 

夕陽はぼんやりと雲の向こう側でした。

まぁ、こんな曇り空の夕焼けもいいものだなと思いました。

スッキリと晴れているよりも動きを感じられるような気がして、最近は雲のある空の方が好きです。

 

7M303918.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/100,F11,iso100]

 

ちなみに、いちばん右奥の岩を「横島(Yokoshima)」と言います。

子供の頃からそのように聞いていました。

理由は、「どこから見ても横に見えるから」なんだそうです。

理由の真相は知りませんが、恐らくそんな理由なんでしょう。

この島が本当に「横島」と知ったのは大人になってからです。

まさか本当のこととは思っていなかっただけに、国土地理院の地図上に「横島」という名前を見つけて感動したことを覚えています。

 

7S209202.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/4,F22,iso50]

 

7S209203.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/4,F22,iso50]

 

7S209204.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/4,F22,iso50]

 

7S209241.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/4,F22,iso50]

 

7S209242.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/4,F22,iso50]

 

7S209243.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/4,F22,iso50]

 

岩礁地帯の沖に近いところでは、クレバスに波が入り込んでいました。

干潮時にこんな岩礁地帯を歩くことはとても楽しいことですが、普段、来慣れていない方におかれましてはくれぐれもご注意ください。

何せクレバスがたくさんありますし、岩礁地帯から外は少なくとも水深は5m以上はありそうな場所です。

まだまだ海水浴には早いです。

どんなに小さなクレバスであっても、飛び越えたりされることについてはご遠慮いただきますようお願いいたします。

(要は、必ず2本の足が接地している状態を作るということです)

 

7M303922.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/100,F11,iso100]

 

7S209263.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/40,F11,iso100]

 

陽が落ちても、すぐにはこの場を立ち去れないような照り返しが続いていました。

見事な夕景でした。

まさに、翌日の真野湾の夕景が美しくあろうことを十分に予感させてくれるような夕景でした。

 

ちなみに…。

私も久し振りにこの場所へ来たので、この日に気づいたのですが、県道から車で向かおうとするとチェーンが張られるようになっていました。

(歩いて向かっても同様ですが…)

 

「おいおい…」

と思いながら近寄ってみると、チェーンの傍らには注意書きがありました。

てっきり、「進入禁止」とでも書かれているのかと思いきや、「チェーンを外してお入りください」とのことでした。

ちょっとびっくりされるかとは思いますが、慌てず騒がず、チェーンを外してお入りいただければと思います。

くれぐれも、強行突破はご遠慮ください。

 

 

 

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:

 

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 真野湾 〜

2020.05.11 Monday

 

久し振りに最近の写真です。

今年もあっという間に過ぎ去ったG/Wでした。

 

7S209268.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/40,F11,iso400]

 

5月8日の夕方です。

帰路の道中、ふと立ち寄った佐和田海水浴場の桟橋です。

真野湾が茜色に染まっていました。

 

足を停めたところの夕景がたまたま美しかったというのではなく、正確には、この美しい夕景に足を停められてしまったということです。

立夏を過ぎ、日が長くなり、日々美しい夕景が見られるようになりました。

今頃から夏至へ至る頃までが、個人的にいちばん好きな季節です。

 

 

 

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:海と空の写真

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 長手岬 〜

2020.03.21 Saturday

 

1週間ほど前の長手岬(Nagatemisaki)の夕景です。

以下、美しい長手岬の夕景の羅列となります。

 

7M300550.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/250,F11,iso100]

 

7S209881.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/160,F11,iso100]

 

7M300557.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F5.6,iso100]

 

7M300565.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/4000,F5.6,iso100]

 

7M300577.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1600,F11,iso100]

 

7M300581.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F11,iso100]

 

7M300586.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F11,iso100]

 

7M300594.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F11,iso200]

 

7S209884.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/160,F11,iso100]

 

7M300602.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F11,iso200]

 

7M300613.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F11,iso200]

 

7M300619.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F11,iso200]

 

7S209886.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/160,F11,iso200]

 

7M300623.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F11,iso200]

 

7M300625.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F11,iso200]

 

7M300628.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F11,iso200]

 

7M300630.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F11,iso200]

 

こんな素敵な夕陽になるとは思ってもみませんでした。

「だるま」も見られましたし、最後まで何にも遮られずに海に沈んでいきました。

私を含めてこの時間帯にこの場所にいたのは3組でした。

 

このところ「長手岬」が多めです。

何となく、足を運ぶ機会が増えています。

大時化となったこの3連休の初日も足を運んでいました。

 

 

 

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

 

One day

2020.03.20 Friday

 

昨日の記事の翌日の夕景です。

 

7S209893.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/320,F11,iso200]

 

真野湾沿いの国府川の河口付近です。

 

7M300788.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/500,F11,iso100]

 

ここから見える夕陽は、あと5分程度の夕陽です。

 

7M300792.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/500,F11,iso100]

 

手前の半島(=二見半島)を越え、相川や外海府海岸方面からなら夕陽の時間はさらに5分は延びるでしょう。

 

7M300797.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/500,F11,iso100]

 

なんだかんだ、静かな真野湾には波が立ち込めてはいましたが、冬型の気圧配置が去った日でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:夕景