<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

加茂湖を見渡す丘へ

2018.09.22 Saturday

 

大切な大切な友人を両津港へ送ったあとです。

 

DSC09673.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/400,F11,iso200】

 

加茂湖展望の丘(Kamoko Tenbō no Oka)です。

椎崎諏訪神社(Shiizaki Suwa Jinja Shrine)の能舞台前を横切り、そのまま続く松林の奥へと足を進めるとこの小さな展望台へとたどり着きます。

 

DSC09678.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1250,F5.6,iso200】

 

この日は多少の風もあり、この時点 --- お昼過ぎ --- で、夕方のジェットフォイルの航行は「未定」の状態でした。

 

DSC09140.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2000,F2.8,iso200】

 

風になぶられて細かく波立つ湖面。

その上空には、秋の風に自由な雲が浮かんでいました。

 

DSC09680.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/800,F11,iso200】

 

この場所で未だ出会ったことの無い、満点の星空を見つめてみたいところです。

 

 

 

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

霧の乙和池

2018.09.03 Monday

 

雨ばかり降っていた8月最終週のとある1日です。

濃い霧をかきわけるようにして「乙和池(Otowa ike)」へとやって来ました。

 

DSC01648.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F5.6,iso1250】

 

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F5.6,iso1250】

 

DSC01652.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F5.6,iso1250】

 

DSC07911.jpg

【α99,50mm F1.4,1/60,F2,iso200】

 

DSC07916.jpg

【α99,50mm F1.4,1/160,F2,iso200】

 

DSC07918.jpg

【α99,50mm F1.4,1/160,F2,iso200】

 

DSC07919.jpg

【α99,50mm F1.4,1/160,F2,iso200】

 

DSC07925.jpg

【α99,50mm F1.4,1/160,F2,iso200】

 

DSC07927.jpg

【α99,50mm F1.4,1/160,F2,iso200】

 

DSC07934.jpg

【α99,50mm F1.4,1/160,F2,iso200】

 

DSC07936.jpg

【α99,50mm F1.4,1/160,F2,iso200】

 

DSC07939.jpg

【α99,50mm F1.4,1/125,F2,iso200】

 

DSC01659.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F5.6,iso1250】

 

DSC07944.jpg

【α99,50mm F1.4,1/125,F2,iso200】

 

DSC07948.jpg

【α99,50mm F1.4,1/125,F2,iso200】

 

DSC07952.jpg

【α99,50mm F1.4,1/125,F2,iso200】

 

DSC01666.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F5.6,iso2000】

 

なかなかの雨足でしたが、鬱蒼とした木々がかくまってくれました。

雨に濡れ、霧に見え隠れし、いつもよりも艶めかしくて艶やかな印象でした。

 

こんなお天気にも関わらず、私以外にもここへやって来た方がいらっしゃいました。

私も「こんな日に、何だ??」と思いましたが、あちらさんも「こんな日に、何だ??」と思ったことでしょう。

 

 

 

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

One day

2018.08.14 Tuesday

 

なかなか時間もなく、大好きな夏の外海府海岸を走ることもありません。

 

DSC09698.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso100】

 

そんな中、外海府の海岸線を一気に飛び越え、佐渡最北端である二ツ亀(Futatsugame)までやって来ました。

まぁ、正確には「ニツ亀を見渡す場所」です。

 

DSC09700.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/320,F11,iso100】

 

今年の冬以来です。

あの時の凍てつくような風景や、立ちどころに凍りついてしまいそうな寒さがまったく思い出せませんでした。

 

DSC06793.jpg

【α99,50mm F1.4,1/3200,F2,iso100】

 

ひと言でいえば、暑かったです。

ちょうどキャンプ場が佳境の頃です。

ここにこんなにたくさんの人の姿があるのも初めて見ました。

 

DSC09703.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F11,iso200】

 

海水浴を楽しんだ方が、息を切らして長い階段を上ってこのキャンプ場へと帰って来ていました。

長い長い階段とともに、ここを訪れた方にとって夏休みの良い記憶として残ってくれることを願います。

 

 

 

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:名所

 

るるる

2018.08.04 Saturday

 

「灯台」です。

尖閣湾揚島遊園に聳える大崎灯台です。

 

DSC05444.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/800,F5.6,iso100】

 

DSC05448.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/800,F5.6,iso100】

 

尖閣湾沿いの遊歩道の向日葵畑との対比が素敵です。

まぁ、工作物ですから仕方がないのですが、満開になろうとしている向日葵畑を嬉々として(?)見つめていました。

 

ちなみに、タイトルの「るるる」についてですが…。

いつもたいへんお世話になっている先輩からのLINEに「お疲れさまでする」とありました。

どうやら語尾の"る"は誤植だったようなんですが、先輩からの続きのLINEには、照れ隠しのように「るるる(笑)」とありました。

そのあまりの無防備さと無理矢理さ加減に思わず微笑んでしまいました。

そんな訳で、今日のタイトルは「るるる」です。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:カメラ

熱田神社にて

2018.07.17 Tuesday

 

特に神社仏閣巡りをしようと思った訳でも何でもありません。

 

DSC04215.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

たまたま通りがかったところに神社があったというのが正解です。

 

DSC04218.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

何となく車を停めて境内へ足を踏み入れたのは「夏の匂い」というかを感じたからです。

 

DSC04221.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

土や草の香りがして、蝉の鳴き声が聞こえてきました。

 

DSC04232.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

足りていないのは、ここで遊びまわる子どもたちの姿や声かな…と。

 

DSC04234.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

夏は大好きな季節なんですが、どうも感傷的になりがちです。(個人的な見解です…)

 

DSC04240.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

感傷的になってしまうのは、いつも思い出す「あの夏」があるからです。

 

DSC04249.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

「あの夏」といっても、特定の夏ではなく、少年時代 --- 気持ちだけは今も少年ですが --- の夏全般ということになります。

 

DSC04252.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

私の少年時代の「夏」は高校野球とともにあったようなものです。

私自身、高校になっても野球を続けていましたが、TVで観ていた憧れの高校球児と同じ夢の舞台を目指しているなんて、実感はありませんでした。

大学生になって、TVで高校野球を観て「そういえば、コイツら年下だ」と気づいた時は衝撃的でした。

ま、この頃に完全に少年ではなくなったんだなと思います。

 

DSC04256.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

夏になると日が長くなって、それよりも少しだけ門限が長くなりました。

お祭りが近くなると、大人は毎晩パレード用の屋台の制作でした。

それに乗じた"夜遊び"の何と楽しかったことか…。

 

DSC04261.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

将来に対する不安なんて何もなくて、どれだけ無邪気な夢を描いても自由で…。

でも、そんな夏にも終わりが来ることだけは知っていて、時間の経過の無慈悲さと、過ぎてしまった時の取り返しのつかなさだけは実感しました。

 

DSC04242.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso100】

 

また夏が来ます。

もう夏なのかも知れません。

 

「あの夏」の頃は、例え取り返しがつかないと実感しても、また「次の夏が来る」と疑わなかったものです。

今は、疑いなくそんな風には思えなくなってしまいました。

歳のせいなんでしょうね、きっと。

 

…なんてことを、この場所にいる時はじっくりとは考えませんでした。

タイトルにもある通り、こちらの神社は「熱田神社(Atsuta-Jinja Shrine)」です。

国道350号線から両津吉井小学校へと向かい、学校の裏手へと進んだところにあります。

「さどの島銀河芸術祭」の会場の1つでもあります。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:神社仏閣

国仲平野を一望できる丘へ

2018.07.16 Monday

 

所謂"南線"の新穂大野のあたりから清水寺へと向かう道中、進行方向に向かって右側に丘の上に何やら建造物が見えます。

ずっと気になってはいたんですが、こういうところをそのまま放置しているといつまで経っても疑問は解決しません。

…ということで、今日は何が何でもこの場所へ立つんだという強い意志を持って車を向かわせました。

 

DSC04676.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1000,F2,iso100】

 

林道・無常堂線という、なんとなく残念そうな林道を進んでみました。

 

DSC04680.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso100】

 

目的地へ辿り着こうと思ったら、この林道はもっと右側へ向かってもらう必要があったんですが、道は違う方向へと伸びているようでした。

途中、あまりにも悪そうな大きなキノコが生えていたもんですから、思わず車を停めて見入ってしまいました。

「あら、これは珍種ね」

なんて、品の無い会話を交わしながら…。

 

DSC04682.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/3200,F2,iso100】

 

結論からしますと、広域農道・佐渡線の栗野江付近に入口があります。

そこから階段を10分ほど歩くと、ようやく目的地の小高い丘に辿り着きました。

 

DSC07390.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F11,iso100】

 

非常に爽快にして、ナイスビューが広がっていました。

この小高い丘は「城が平(Jō-ga-taira)」と言うんだそうです。

 

DSC04686.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/3200,F2,iso100】

 

標高は約150mです。

 

DSC04688.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/3200,F2,iso100】

 

あまり高すぎず、かといって低すぎず…。

まさに"里山"といった感じです。

大佐渡スカイラインほどに佐渡全体を俯瞰できるという訳ではありませんが、適度な距離感です。

今日は若干霞みがかっていましたが、クリアに晴れた日や夕暮れの町に灯りが灯る頃に来たら、また良いのかも知れません。

 

DSC07392.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F11,iso100】

 

DSC04692.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso100】

 

展望スポットの背後には地蔵尊があります。

この場所は「栗野江城跡」。そして「佐度一国義民殿」でもあります。

 

DSC07394.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F11,iso100】

 

こちらが義民殿の本殿です。

麓から見えていた建築物はこれだったんですね。

 

佐度が幕府の直轄領だった頃、年貢の増米を阻止せんとする農民一揆に端を発した騒動は、幕府への直訴という形で増米を免れ、終息します。

しかし、主だった農民は直訴罪で死罪に処されたほか、離島への流罪であったりと諸々の刑に処せられました。

そんな人々を島民は「義民」として崇め、この場に祀って来たんだそうです。

 

戦後、政教分離政策が進み、この義民殿は行政の枠外に置かれることとなり、同時に荒廃が進みました。

当時の本殿は老朽化と荒廃により半倒壊状態となっていましたが、地元を中心に組織された「佐渡一国義民殿再建実行委員会」の尽力により

平成25年12月に現在の姿を取り戻したんだそうです。

 

季節柄、佐渡のあちこちは伸びきった雑草に覆われている場所が目につきます。

そんな中にあってこの場所はキレイに草が刈られ、人の手が入っていることを伺わせてくれました。

「いつか」とばかり思うのでなく、「えぃっ」と足を踏み入れてみることの重要さを感じ入った「城の平」でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

雨の"紫陽花寺"へ

2018.07.07 Saturday

 

雨ということで蓮華峰寺(Rengebuji Temple)へ足を運びました。

 

DSC03673.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/25,F11,iso400】

 

DSC06229.jpg

【α7SII,Pentacon AV 80mm F2.8,1/100,iso400】

 

DSC06232.jpg

【α7SII,Pentacon AV 80mm F2.8,1/250,iso100】

 

DSC06234.jpg

【α7SII,Pentacon AV 80mm F2.8,1/60,iso100】

 

DSC06245.jpg

【α7SII,Pentacon AV 80mm F2.8,1/100,iso100】

 

DSC03691.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/320,F2,iso100】

 

花期としては終わりに近かったようで、ガクアジサイなんかは、皆さん揃ってうつむいていらっしゃいました。

変色してしまっていないアジサイを探すのが大変でした。

ただ、それを差し引いてしまえば、こんなに"満開"の蓮華峰寺は初めてだったかも知れません。

カンカン照りだったら虚ろに映ったかも知れません。

やはりアジサイには雨が似合います。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:ひとりごと

虫谷の澗

2018.06.19 Tuesday

 

そして虫谷(Mushiya)です。

「虫谷の澗(Mushiya no Ma)」と呼ばれる青い入江です。

 

DSC03398.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1600,F2,iso100】

 

DSC03401.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1600,F2,iso100】

 

DSC05370.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso200】

 

DSC05372.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F5.6,iso200】

 

いつものように、海に向かって左側の岩場から入江に沿って沖の方へと進みます。

 

DSC03412.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso100】

 

DSC05376.jpg

【Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F11,iso400】

 

DSC05379.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F11,iso100】

 

ここの岩場では、蛇によく遭遇します。

ホントによく会います。

お互い「またオマエか…」と呆れるくらいよく会います。

 

足元は良いとして…。

何ヵ所か岩にへばりくような場所があるため、その時に"ご対面"することだけは避けたいなと思っていました。

この日は1度もお目にかかることはありませんでした。

まぁ、幸いでした。

 

DSC05386.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F11,iso400】

 

DSC03414.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/200,F2,iso100】

 

DSC05393.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F8,iso400】

 

DSC03419.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/160,F2,iso100】

 

DSC03423.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/160,F2,iso100】

 

DSC05413.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F11,iso100】

 

DSC03431.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso100】

 

DSC05423.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F8,iso400】

 

DSC05427.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F11,iso400】

 

DSC05440.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F11,iso500】

 

DSC05449.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F11,iso400】

 

DSC05466.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F11,iso100】

 

入江に沿った岩場を伝って外海へ出ました。

初めてです。

海の遥か彼方には、柏崎市の名峰・米山(Mt.Yoneyama)の姿が見えました。

入江の青さも見事ですが、外海との間に「青の境界」はありませんでした。

 

DSC05452.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F11,iso1000】

 

どこからか声がするな…と思ったら、シーカヤックの一団がいらっしゃいました。

 

DSC05458.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F11,iso1000】

 

やがて皆さん、入江の奥へと進んでいきました。

私の視線とカヤックの皆さんの視線と、そんなに距離はなかったんですが見えている世界は全然違うんでしょうね。

私も1度、海の上から入り江の奥を眺めて見たいです。

 

DSC03440.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/160,F2,iso100】

 

DSC03454.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/200,F2,iso100】

 

DSC05470.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F11,iso640】

 

ダイブしたかったですね。

何も考えずに…。

すれば良かったです。

 

DSC03459.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso100】

 

DSC05478.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso400】

 

再び岩場を伝って陸地へと向かいます。

この日は運よく、蛇と遭遇することはありませんでした。

昔は蛇なんて怖くもなんともなかったんですけどね…。

見つければ捕まえて、尻尾を持って振り回して投げたり、飼育を試みたり…。

今はとても捕まえようという気にすらなりません。

 

DSC03466.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso100】

 

DSC05485.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso400】

 

先ほどのカヤックの皆さまはと言えば、波打ち際にカヤックを置いてゴロンとしていらっしゃいました。

 

DSC03468.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso100】

 

今ほど歩いた岩場の対岸の岩場です。

こちら側にはイワユリが見えたもんですから、そのあたりまで行ってみたいと思ったんですが…。

そういうことをする時に限ってロクなことをしないという自分の性格をよく知っているもんですから、自重しました。

 

調子に乗って岩場を跳ねて、そして海へ落ちて、カメラもスマホも台無しにして、カヤックの皆さまの失笑を買うという…。

そんな未来が見えたもんですから。

最近、ちょっとした未来が見えるようになりました。

ロクな未来が見えませんが、危険回避のためには役に立っています。

 

波打ち際でゴロ寝をするカヤックの皆さまとは別に、もうお1人カメラを持った男性がいらっしゃいました。

「岩場を伝って来たんですか??」

驚いたような顔をしていらっしゃったので「どちらからいらしたんですか??」とお聞きしたところ「地元です」とのことでした。

私自身もそうですが、地元の人間ですら知らない佐渡はまだまだたくさんたくさんあると思います。

 

ちなみにこちらの岩場を伝って外海方面へ進むのはさして難しいことではありません。

ただ、ものすごい数のフナ虫が足元をガサガサと這い廻っているので、苦手な方はゾワゾワするかも知れません。

急に蛇が目線の高さに現れるとか、思わぬことが起きた際には海へ飛び込むことをお薦めいたします。

ただ、その時に備え、カメラやスマホといった電子機器や水濡れ注意の品は携行しない方が良いかと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:名所

 

蓮華峰寺へ

2018.06.18 Monday

 

昨日の日曜日です。

「梅雨はどこへ行った??」というような快晴でした。

 

DSC03353.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/4000,F2,iso100】

 

すっかり濃くなった田んぼの緑と青々とした海を見下ろしながら国道350号線を南下します。

 

DSC05285.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso250】

 

蓮華峰寺(Rengebuji Temple)です。

紫陽花が咲く時期にしか来たことがありませんので、ほぼ1年ぶりです。

毎年「1年ぶり」に足を運んでいる感じです。

 

DSC03358.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso100】

 

DSC05290.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/250,F5.6,iso125】

 

結論から先に申し上げます。

昨日現在、まだ紫陽花はほとんど咲いていないという状況でした。

 

DSC05296.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F5.6,iso125】

 

DSC05305.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F5.6,iso400】

 

DSC05308.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso100】

 

DSC03368.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2000,F2,iso100】

 

DSC03371.jpg

【α99,50mm F2.8 Macro,1/500,F2.8,iso100】

 

池の周辺には、数少ない紫陽花が咲いています。

池の睡蓮も小さくはありましたが、型崩れすることもなく花開いていました。

 

DSC05311.jpg

【α7SII,Pentacon AV 80mm F2.8,1/1000,iso100】

 

DSC05316.jpg

【α7SII,Pentacon AV 80mm F2.8,1/1000,iso100】

 

DSC05320.jpg

【α7SII,Pentacon AV 80mm F2.8,1/500,iso100】

 

DSC05323.jpg

【α7SII,Pentacon AV 80mm F2.8,1/250,iso100】

 

DSC05333.jpg

【α7SII,Pentacon AV 80mm F2.8,1/640,iso100】

 

花だけ見ているととても涼しげなんですけどね…。

実際には、汗ばむような暑さでした。

毎年同じ季節に来ているからでしょうけど、このお寺のイメージはいつも「猛暑」な感じです。

今回は少しだけ来るのが早かったようです。

今週末〜来週末頃 --- のもう少し涼しい日 --- にでもまた来れたらなと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:ひとりごと

「おしん林」

2018.06.16 Saturday

 

思い立って、妙見山(Mt.Myōken-san)(1,042m)に登った日です。

 

DSC05054.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F5.6,iso100】

 

白雲台交流センターの真正面に妙見山への直登ルートがあります。

そのルートに足を踏み入れて1〜2分ほどで「見返り坂」です。

そこから振り返って望む白雲台交流センターです。

背後には国仲平野と真野湾です。

すごい立地だなと思います。

 

DSC03071.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/80,F2,iso400】

 

登山道を行きます。

白い、これはキノコでしょうか??

触るとヒンヤリとしていました。

 

DSC03077.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/80,F2,iso400】

 

カタクリですね。

花が散って久しいことと思います。

"実"になっていました。

 

DSC05062.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F5.6,iso1600】

 

やがて「おしん林」です。

清涼感たっぷりのブナの林です。

 

DSC05064.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F5.6,iso1600】

 

「おしん林」

「オシンバヤシ」

「Oshin-Bayashi」

「お・し・ん・ば・や・し」

由来は何なんでしょうね??

 

DSC05067.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/13,F11,iso1600】

 

同じブナの林としては十日町の美人林(Bijin-Bayashi)があまりに有名です。

 

DSC05069.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/13,F11,iso1600】

 

あちらはすらりとした"美人の頃"のブナ林です。

こちらは、、、いかがでしょうか??

同じブナの林とは言えずいぶんと違いますね。

 

DSC05073.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F5.6,iso1600】

 

美人林は、1度はげ山になったところにたまたまブナの種の大豊作が重なり、一斉に芽吹いたブナが林として成長したんだそうです。

こちら「おしん林」は天然林でしょうか??

 

DSC05086.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F5.6,iso1600】

 

DSC03089.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/40,F2,iso400】

 

DSC05094.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F5.6,iso1600】

 

DSC03093.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso400】

 

DSC03103.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/80,F2,iso400】

 

DSC05103.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F5.6,iso1600】

 

DSC03111.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/30,F2,iso400】

 

DSC03114.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/30,F2,iso400】

 

DSC03118.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso400】

 

DSC03122.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso400】

 

視界が開けました。

約30分の"森林浴"でした。

ここから先の出来事は一昨日の記事のとおりとなります。

急な「思いつき」でやって来た割りには(?)絶景に恵まれました。

「おしん林」も、この後の夕景も。

 

夕景については、日々のことですから計算通りに行かないことの方が多いでしょうが、「おしん林」については今後様々な機会に合わせて足を運びたいと思います。

本当は、この日も霧の中の「おしん林」を想定していたんですが、思ったよりも霧が晴れていたことが、結果、素晴らしい夕景を見ることになりました。

次はちゃんと、霧に覆われた「おしん林」を狙って来たいと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:つぶやき。