<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

宇賀神社の石段

2019.01.06 Sunday

 

久し振りに来てみたくなっていました。

 

DSC06192.jpg

【α99,50mm F1.4,1/400,F2,iso200】

 

DSC06194.jpg

【α99,50mm F1.4,1/8000,F2.8,iso200】

 

DSC06196.jpg

【α99,50mm F1.4,1/1000,F2,iso200】

 

DSC06109.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso200】

 

宇賀神社(Uga Jinja Shrine)です。

2016年2月以来です。

 

DSC06204.jpg

【α99,50mm F1.4,1/160,F2,iso400】

 

この神社には、椎泊側と両尾側と2つの上り口があります。

もう少し若い頃は元旦の朝に毎年この神社を訪ねていました。

最近は思い出した頃に来ています。

特に、両尾側の竹林と石段がとても美しいので、こちらの石段を上ることが多くなっています。

 

DSC06210.jpg

【α99,50mm F1.4,1/200,F2,iso400】

 

DSC06117.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA,1/50,F5.6,iso1250】

 

DSC06122.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F2.8,iso400】

 

昨日、既に初詣は終えていたため、この石段を最後まで上るつもりもありませんでした。

しかし、このどこまでも続きそうな美しい石段を見ていたら、やはり上らないわけにはいきません。

 

DSC06219.jpg

【α99,50mm F1.4,1/200,F2,iso400】

 

上り始めてすぐのところで、地元の方と思しきお父さんが2人降りていらっしゃいました。

「まだまだ1/10だよ(笑)」

「頑張ります(笑)」

 

DSC06129.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/125,F5.6,iso200】

 

それから10分後。

無事に山頂に辿り着きました。

年末年始の不摂生がたたり、いつに増して苦しい道中でした。

石段は4〜500段程度と思いますが、ここを上るたび「ここを上れなくなったらお終いだな…」という焦りに駆られます。

 

DSC06126.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/400,F5.6,iso400】

 

幸い、今回も無事に上りきることができました。

これで今年も1年やっていけるでしょうか…。

ぜいぜいと息を切らしながら、山頂からの風景を眺めながら息を整えます。

 

DSC06228.jpg

【α99,50mm F1.4,1/1250,F2,iso200】

 

山頂の装いはお正月のままでしたが、人は誰もいませんでした。

私もおみくじくらいは引かせていただこうと思っていたんですが、生憎、お財布を忘れてしまいました。

さすがに麓まで取りに戻る勇気も元気も気力もありませんでした…。

 

DSC06230.jpg

【α99,50mm F1.4,1/1250,F2,iso200】

 

こちらは商売の神様と伺っていますが、やはり季節柄のこともあって合格祈願の声が多いですね。

受験生の皆様におかれましては、いよいよラストスパートに差し掛かる頃でしょうか。

体を第一に頑張っていただけたらと思います。

 

DSC06236.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/500,F5.6,iso200】

 

山頂から見下ろす佐渡一周線です。

写真手前は両尾、中ほどは羽二生、そして左奥に見えるのは入桑の集落です。

 

DSC06133.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/100,F5.6,iso1600】

 

行きはよいよい --- 決してそうではありませんが --- 、帰りは…。

途中、あり得ないくらいの急こう配があります。

必要以上に慎重に、一歩一歩しっかりと踏みしめながら下ります。

…が、上りのダメージは大きく、両膝が大笑いしている状態です…。

 

DSC06138.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/100,F5.6,iso1600】

 

そして上り口の鳥居が見えてきました。

1段1段、プルプルする膝を騙し騙し帰還しました。

 

DSC06146.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/100,F5.6,iso1600】

 

振り返って、久しぶりにお目見えした石段をもう1度眺めます。

記憶にあった以上の荘厳さに、改めてため息をつきました。

繰り返しになりますが、この石段を無事に往復できたことで、今年も1年なんとかやっていけるのかも知れません。

 

帰路、立ち寄ったコンビニのレジ待ちでも膝が大笑いしっぱなしでした。

決して待ち時間にイライラして貧乏ゆすりをしていたわけではないのですが、周りにも気づかれるんじゃないかと思うくらい

大笑いが止みませんでした…。

 

 

 

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所

初詣

2019.01.05 Saturday

 

初詣…的な。

 

DSC06175.jpg

【α99,50mm F1.4,1/80,F2,iso200】

 

ここへ来るのが昨夏以来なんて、ちょっとびっくりです。

 

DSC06179.jpg

【α99,50mm F1.4,1/80,F2,iso200】

 

大山祗神社(Ōyamazumi Jinja shrine)です。

 

DSC06181.jpg

【α99,50mm F1.4,1/60,F2,iso200】

 

前回は、鉱山祭り初日の朝に執り行われる神事芸「やわらぎ」を見に来た時でした。

あの時は、この石段を上り下りするだけで汗が噴き出す暑さでした。

今日は冷たい横殴りの風に雪が混じっていました。

 

DSC06183.jpg

【α99,50mm F1.4,1/60,F2,iso200】

 

石段を上がってびっくりしました。

単管の足場が組まれ、大規模修繕(?)に取り掛かろうという状態になっていました。

そんな状況でしたんで、拝殿前に立ってお参りすることはご遠慮させていただいたところです。

…が、こちらの改修工事については喜ばしいことです。

 

DSC06102.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso200】

 

車をUターンさせるためにさらに奥まったところまで入るんですが、そこから見渡せるのが北沢浮遊選鉱場です。

どの景色もとりたてて真新しいというようなことはありません。

…が、この時期ですと何かにつけて"初"という冠が付いてくるのが気持ち的にありがたいところです。

新年"初"の大山祗神社と北沢浮遊選鉱場でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

光明仏寺へ

2018.12.18 Tuesday

 

「山居池」へ足を運んだなら、ここを素通りするわけにはいきません。

 

DSC04648.jpg

【α99,50mm F1.4,1/200,F2,iso200】

 

「光明仏寺(kōmyōbutsuji Temple)」です。

 

DSC04651.jpg

【α99,50mm F1.4,1/200,F2,iso200】

 

雪の光明仏寺は初めてかも知れません。

山中で大雪に見舞われた2年前。

その時は、あまりの雪の勢いに山居池からUターンしました。

この日はこれ以上雪が降りそうな気配もありませんでしたし、林道の積雪も5cm程度でしたから、そのまま足を進めました。

 

DSC04652.jpg

【α99,50mm F1.4,1/40,F2,iso1600】

 

本堂に足を踏み入れると、壁中の参拝記念を記す"落書き"が目に留まります。

 

DSC04655.jpg

【α99,50mm F1.4,1/40,F2,iso1600】

 

廃寺にこういう形での参拝記念を残すことが世の常なのか常識なのかは知りません。

 

DSC04659.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/15,F2.8,iso1600】

 

良いのか悪いのかはわかりません。

好感を持ったことはありませんが、私がこのお寺に初めて足を運んだ時から見ている光景です。

 

DSC04663.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/15,F2.8,iso1600】

 

DSC04668.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/15,F4,iso1600】

 

「見慣れた」「お馴染みの」

そういった光景です。

…が、ずっとおかしな違和感を覚えてきた図でもあります。

 

せめてもの救い(?)は、このお寺には"最初からの記憶"があることです。

小学生の時に父に連れてきたもらったのが最初です。

運転免許を持たない父でしたから、いつも助手席から運転席の母に支持 --- ナビ --- をしていました。

こんな山奥の、入口の目印も看板もないようなところ(当時)をどこへ行くんだろうと思っていました。

 

DSC04669.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F4,iso200】

 

まぁ、小学生とか中学生であった私や姉をこんなところへ連れてきて、父本人は何かもっともらしい解説をする訳でもなく、

何となく懐かしそうに顎を上げ、このお寺の色々を見上げていたような印象があります。

 

DSC04673.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/20,F2,iso1600】

 

母親には何事か解説めいたものをしていたように思いますが、「光明仏寺」という名前についてはハッキリと聞き取れました。

サッパリわかりませんでしたが、何やら神々しい印象を得たことは記憶に残っています。

 

DSC04676.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/15,F2,iso1600】

 

DSC04677.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/15,F2,iso1600】

 

DSC04688.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F4,iso1600】

 

特に施錠してある訳ではないので、誰でも自由に出入りができます。

だからこそ、参拝記念の"落書き"がここまで増えたんでしょうけれど…。

最も古い落書きは明治のものです。(私が見つけた範囲ですが)

最も新しいものは今年の9月というものがありました。(私が見つけた範囲ですが)

同じ名前も4つありました。(私が見つけた範囲ですが)

 

不思議に思うのは、ほとんどの落書きが木炭 --- たぶん --- によるものです。

 

DSC04690.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F5.6,iso200】

 

何か、例えば年に1度のお祭りとかそんな類の行事でもあったんでしょうか。

その際に、火でも焚いて、出来上がった --- たぶん、そう上手くは出来上がらないでしょうけれど --- 木炭で参拝記念を記すことが通例だったとか…。

一様に木炭で書かれた参拝記念を眺めていたら、そんなことを考えてしまいました。

 

DSC04697.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F2.8,iso200】

 

DSC04712.jpg

【α99,50mm F1.4,1/1600,F2,iso200】

 

これから本格的な冬を迎えます。

このお寺が雪に覆われながら冬を過ごす姿は見るすべもありませんから、想像するしかありません。

本堂の扉を開くと、薄い壁にはあちこち隙間があいているらしく、外の光が見える場所がたくさんあります。

雪が積もれば、本堂内には吹き溜まりもできるでしょう。

本堂と戸1枚を挟んで炊事スペースのようなものがあります。

そちらはいよいよ朽ちかけています。

いつもおっかなびっくり足を進める本堂の床はいつ抜けてもおかしくなさそうになっています。

(本堂中央部分は床が張り替えられていました)

 

一昨日の記事ではありませんが、近い将来、あんな風に朽ちていく可能性があることは容易に想像ができてしまいます。

私にできることは何もありませんが、せめてここへ来るたび記憶を新たにすることと、将来「在りし日の…」という時には、

お見せできる写真の1枚でも残しておけたらと思っています。

 

 

 

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

山居池へ

2018.12.17 Monday

 

朝目を覚ますと窓の外は雪…ではありませんでした。

…が、屋根には朝方までに降ったと思われる雪が薄く積もっていました。

 

DSC04553.jpg

【α99,50mm F1.4,1/1600,F2,iso200】

 

…とすれば目指す先は1つです。

 

DSC04557.jpg

【α99,50mm F1.4,1/400,F2.8,iso200】

 

いざ車を走らせてみると、道路に雪は皆無です。

屋根の雪もあっという間に溶けてしまっていました。

まぁ、賽は投げられた訳ですから、当初の目的地へとひたすら車を走らせます。

 

DSC04561.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F5.6,iso200】

 

目的地はこちらでした。

外海府の山奥にひっそりと、しかしただならぬ存在感を放っている「山居池(Sankyo no Ike)」です。

 

DSC04566.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F5.6,iso200】

 

木々は白い雪に纏われ、シンという音だけが漂っている…。

そんな山居池を想像していました。

 

DSC04587.jpg

【α99,50mm F1.4,1/5000,F2,iso200】

 

木々は雪に纏われてはいませんでした。

時間もお昼過ぎに差し掛かっている頃でしたし…。

初動が遅すぎました。

 

DSC04598.jpg

【α99,50mm F1.4,1/2000,F2,iso200】

 

「シン」という音のない音が漂っているのは想像どおりでした。

何となく、こういう空間の中にいると、お腹の底の方が「つーん」というか「すーん」とする感じがします。

 

DSC04605.jpg

【α99,50mm F1.4,1/2000,F2,iso200】

 

直接的には感じられないような風が湖面を撫でていたようです。

"水鏡"とはいきませんでした。

 

DSC04606.jpg

【α99,50mm F1.4,1/1250,F2,iso200】

 

湖面から枯れ木や枯れ枝が突き出している絵って、大好きです。

 

DSC04607.jpg

【α99,50mm F1.4,1/1250,F2,iso200】

 

できたら、池の中に歩を進めて色々なアングルを探りたいとも思っていたんですが、この日は油断をしていてウェーダーを持参していませんでした。

季節柄なのかはわかりませんが、いつもより水位が高く、長靴だけでは水没しそうな感じでした。

 

DSC04616.jpg

【α99,50mm F1.4,1/1600,F2,iso200】

 

何の実かは分かりません。

 

DSC04620.jpg

【α99,50mm F1.4,1/250,F2,iso200】

 

何の巣かも分かりません。

 

DSC04622.jpg

【α99,50mm F1.4,1/8000,F2,iso100】

 

何の木かも知りません。

空模様は重ためでしたが、雪が降ってくるようなことはありませんでした。

 

DSC04624.jpg

【α99,50mm F1.4,1/8000,F2,iso200】

 

突然の雪に見舞われ、みるみる雪化粧していったあの2年前の再来を期待したんですが、叶いませんでした。

 

DSC04632.jpg

【α99,50mm F1.4,1/1250,F2,iso200】

 

DSC04636.jpg

【α99,50mm F1.4,1/500,F2,iso200】

 

DSC04639.jpg

【α99,50mm F1.4,1/2500,F2,iso200】

 

DSC04643.jpg

【α99,50mm F1.4,1/1000,F2,iso200】

 

今季の見納めのつもりできました。

…が、冬のうちにも1回来たいと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所

 

二ツ岩大明神へ

2018.12.16 Sunday

 

この場所へカメラを持ってくるのは本当に久しぶりでした。

 

DSC05617.jpg

【α99,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/400,F5.6,iso200】

 

二ツ岩大明神(Futatsuiwa Daimyōjin)です。

佐渡の貉(ムジナ=狸)の総大将である「団三郎(Danzaburō)」を祀っています。

 

DSC05624.jpg

【α99,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/200,F5.6,iso200】

 

現世のご利益があるとして、市内外から厚い信仰があります。

しかしながら、近年では管理が行き届かないようで、"荒廃"しているというのが印象です。

 

DSC05634.jpg

【α99,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F5.6,iso200】

 

相川小学校時代の秋遠足のコース上にありました。

コース上にあったとはいえ、鳥居の参道前で小休憩をしていたくらいです。

 

「見てきたい奴は見てきていいゾ」

先生方もそんな感じだったと思います。

そう言われて、当然のように見に行く類の児童だったと思います。

 

DSC05637.jpg

【α99,50mm F1.4,1/500,F2,iso200】

 

DSC05643.jpg

【α99,50mm F1.4,1/500,F2,iso200】

 

DSC05648.jpg

【α99,50mm F1.4,1/500,F2,iso200】

 

DSC05656.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/250,F2.8,iso200】

 

DSC05679.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F11,iso200】

 

DSC05682.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F2.8,iso200】

 

DSC05686.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F2.8,iso1600】

 

鳥居の参道は100mに少し足りないくらいでしょうか。

様々な願掛けをした鳥居が並んでいます。

直近では「平成28年」というようなものも見られました。

 

途中、鳥居がスカスカになっているような部分もありまいた。

昔はそれこそ「鳥居のトンネル」でした。

管理が届いていないというところはこういう部分なんでしょう。

やむなく"撤去"されたというような鳥居の山がそこかしこに積んでありました。

 

DSC05688.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F5.6,iso1600】

 

参道を突き当たると社があります。

文字通り「二つの岩」を祀る社です。

この岩と岩の隙間が団三郎の住処です。

現在はこの社が朽ちかけて屋根が落っこちてしまうような状況になっています。

社を囲うようにして単管で足場が組まれていたので、地元の有志の方による修繕が試みられているのかもしれません。

 

DSC05693.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/100,F2,iso200】

 

DSC05699.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/100,F2,iso200】

 

DSC05701.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/160,F2,iso200】

 

DSC05710.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/200,F2,iso200】

 

DSC05717.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/200,F2,iso200】

 

DSC05735.jpg

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/200,F2,iso200】

 

DSC05741.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F11,iso400】

 

DSC05756.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F11,iso100】

 

穏やかな日曜日の夕暮れが迫っていました。

最近よく思うことですが、こういう色々な場所へ足を運んできましたが、記憶の最初っていつだったんだろうなと。

今でこそ、当たり前に足を運んでいますが、最初に訪れた時って、何を思い、何を感じたんでしょうか。

 

大人になって、自分で車を運転するようになって開拓してきた場所もありますが、

こういう、きっと誰かに連れてきてもらったことが記憶のスタートになる場所の「始まり」はどんなだったのかなと。

今日も当たり前のように参道を歩きながら、「いつからこの場所知ってるんだっけ?」と。

そんなことを考えてしまいました。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

遭難碑にて

2018.11.20 Tuesday

 

5日前の記事の続きになります。

林道「地獄谷線」をあとにし、大佐渡スカイラインを相川方面へと向かいます。

 

DSC03521 (1).jpg

【α99,50mm F1.4,1/4000,F2,iso200】

 

標高900mのスカイラインのピークを越え、相川方面へと下っていきます。

大きなカーブを曲がると、やがて車道から少し奥まったところに1つの石碑が見えます。

 

DSC03523 (1).jpg

【α99,50mm F1.4,1/4000,F2,iso100】

 

遭難碑(Sōnan-hi)です。

その名のとおり、遭難を示す石碑です。

 

DSC03723.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/500,F5.6,iso200】

 

詳細については→(こちら)をご参照いただければと思います。

昭和6年3月に発生した遭難事故で、当時の東京高等師範学校附属中学校の生徒2名とガイド1名の3名が春の佐渡の山中に没した事件を今に伝えています。

 

DSC03530 (1).jpg

【α99,50mm F1.4,1/5000,F2,iso200】

 

私のこの場所のいちばん古い記憶は小学2年生の時です。

古いアルバムに、この近くの「屋敷平(Yashikidaira)」で、姉と当時の愛犬・ヒューマと私が写った写真があります。

私の左腕には白い包帯が巻かれていて、首から三角巾で吊られています。

ランドセルを背負ったまま雲梯で3段飛ばしをして落下し、見事に手首を骨折した頃です。

 

DSC03730.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1600,F2.8,iso100】

 

佐渡でいちばん高い山が1,173m。

日本でいちばん高い山が3,776m。

世界でいちばん高い山が8,848m。

そのくらいの知識はありましたが、山の怖さたるや知るすべもありません。

感じたこと「たかだか標高1,000mの佐渡」と「遭難」という言葉が結びつかなかったということです。

 

DSC03737.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F2.8,iso100】

 

そこで聞いた母の「佐渡の山でも遭難することがあるんだよ。山は怖いんだよ」というような言葉は今も朧気に覚えています。

今であれば当たり前に理解できることですが。

 

DSC03744.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/250,F5.6,iso100】

 

26歳で佐渡に帰ってくることとなり、今や大佐渡スカイラインへ来ることは日常に近いくらいのことです。

こちら「遭難碑」については、春にスカイラインが開通した時期と、秋の閉鎖の時期にお祈りに来る場所になりました。

春には安全祈願に。

そして、秋はシーズンを無事に過ごした感謝にです。

(あくまで、自身の安全についてです)

 

この日は、恐らくは今シーズン最後のスカイラインになるかと思い、ここへお礼にやってきました。

ここに立って、またこうしてこの碑の姿を見るのは来年4月中旬以降になりそうです。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:名所

 

Kamoko Today

2018.11.19 Monday

 

また秋らしい、くるくると空模様の変わる1日でした。

 

DSC04020.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F5.6,iso3200】

 

今日、加茂湖畔に来てよかったなと…。

ホントに良かったなと…。

それだけです。

 

 

 

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:ひとりごと

姫崎灯台特別一般公開

2018.11.04 Sunday

 

弾崎灯台特別一般公開の翌日は、姫崎灯台(Himezaki Tōdai Lighthouse)の特別一般公開でした。

 

DSC00880.jpg

【α99,50mm F1.4,1/5000,F2,iso100】

 

佐渡汽船新潟港ターミナルからカーフェリーに乗って佐渡へ向かうと、、、

「本船はただいま姫崎灯台を通過し、両津湾内に入りました。あとおよそ30分で…」

という船内アナウンスがありますが、その灯台です。

 

DSC00884.jpg

【α99,50mm F1.4,1/5000,F2,iso100】

 

公開時間スタートから少し経ってからの到着でした。

本当は公開時間と同時に来るつもりだったんですが、中途半端な時間になってしまったため、いちばん混雑している時間に当たってしまったようです。

 

DSC01487.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/1000,iso100】

 

灯台の直下にある資料館もまた、趣のある建物です。

普段は非公開となっているため、内部を見るのはこの日が初めてでした。

 

DSC01498.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/1250,iso100】

 

たびたび…というほどではありませんが、たま〜にフラ〜っと来てみる場所です。

現存する鉄造りの灯台としては日本最古のものなんだそうです。

 

DSC00890.jpg

【α99,50mm F1.4,1/2000,F2,iso100】

 

普段は固く閉ざされている扉の鍵です。

 

DSC00894.jpg

【α99,50mm F1.4,1/160,F2,iso100】

 

初点灯は明治28年12月10日です。

「主要部材には当時わが国では使用されることの少なかった錬鉄が使用されており、現在も使用に耐えていることから当時の技術の高さが伺えます」

(この日いただいた新潟海上保安部のお手製写真はがきより)

 

DSC01505.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/250,iso2500】

 

初めて入る灯台内部です。

「地域活性化に役立つ近代化産業遺産」の認定証です。

平成9年には「世界の灯台100選」「日本の灯台50選」に選ばれています。

 

DSC01507.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/160,iso2500】

 

DSC00901.jpg

【α99,50mm F1.4,1/80,F2,iso100】

 

DSC01515.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/160,iso2500】

 

狭い灯台内部で約40分ほど並びました。

1度に灯台上部へ上れるのは4名程度でした。

灯台上部より帰還された皆さまからは「死ぬかと思った」「上れないかと思った」「降りれないかと思った」と言った声が聞こえました。

どんな急な階段を上ったんだろう?? なんて思っていたんですが、これを見て納得です。

階段なんてものではありませんね。

梯子です。

 

DSC01518.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/160,iso2500】

 

DSC01521.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/160,iso2500】

 

昨日の記事にも書きましたが、基本的には、一般の方に内部を公開するための造りとはなっていません。

この"梯子"を見て、そして上ってみて、120%納得です。

 

DSC01523.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/160,iso2500】

 

内部は3階建て --- という言い方が正しいかどうか疑問ですが --- になっています。

それぞれのフロアに海上保安部の職員の方が配置されており、親切に丁寧に手取り足取り誘導してくださいました。

 

DSC01529.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/500,iso100】

 

灯室の外側からの風景です。

この灯台も、灯室に沿って1周できるようになっています。

ただ、弾崎灯台よりもずいぶんと狭かったため、ただならぬ恐怖を感じてしまったことも事実です…。

 

DSC01534.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/125,iso100】

 

光度は13万カンデラ --- 60W白熱電球約2,200個相当分 --- だそうです。

光達距離は約33kmということで、新潟市から三条市までの直線距離ほどになるんだそうです。

 

DSC00919.jpg

【α99,50mm F1.4,1/2500,F2,iso100】

 

DSC00921.jpg

【α99,50mm F1.4,1/3200,F2,iso100】

 

DSC01542.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/160,iso640】

 

DSC00925.jpg

【α99,50mm F1.4,1/160,F2,iso100】

 

それにしても、お洒落で可愛らしい内部の装飾です。

こちらの板張りの木目なんですが、これは木目に見せるように手で彫り込んである"模様"なんです。

細部に渡ってこだわりがあるようです。

 

DSC01548.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/160,iso640】

 

灯台前の資料館にも初めて"潜入"です。

こちらは、ホント、灯台資料館ですね。

 

DSC00933.jpg

【α99,50mm F1.4,1/800,F2,iso800】

 

DSC00940.jpg

【α99,50mm F1.4,1/2500,F2,iso100】

 

DSC00947.jpg

【α99,50mm F1.4,1/500,F2,iso100】

 

2日間に渡る、貴重な灯台めぐりの時間でした。

弾崎灯台については、以前にも公開していた時があったようですが、今回のように「150周年」のような区切りのイベントとなると、

次回までにはまたしばらく時間が空きそうです。

そういう意味においても、この2日間にこの2つの灯台の内部を見ることができたのは、本当に貴重な体験でした。

 

この日、姫崎灯台では、灯台から出てきた年配の女性が「最初で最後だわ」と笑っておっしゃっていました。

ぜひぜひ「200周年」の頃までお元気にいらしていただきたいと思います。

「50年前に『最初で最後』って言うたのんに」

そんな声を聞いてみたいと思います。

 

私もそれまでこの世にいる自身はありませんが…。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

弾崎灯台特別一般公開

2018.11.03 Saturday

 

「150周年灯台記念日行事」の一環として、新潟海上保安部では灯台の役割を広く知っていただくほか、

新潟県佐渡市との地域連携推進及び海上保安業務への理解を目的とし、内部を公開していなかった灯台を一般公開します。

 

上記は、新潟海上保安部からのお知らせとなります。

私がこれを知ったのは、さど観光ナビでした。

実施日の前日とかそんな感じでした。

 

DSC01282.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/5000,iso125】

 

その日はとても晴れた1日でした。

やってきました、佐渡の最北端に位置する弾崎灯台(Hajiki-zaki Tōdai Lighthouse)です。

 

DSC01286.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/500,iso500】

 

早速、内部に潜入です。

 

DSC01288.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/500,iso500】

 

狭い灯台内部は、ひたすら螺旋階段です。

「基本的に、内部を公開するという発想はありません。ですので『一般の方に上りやすく』という発想もありません」

という、海上保安部の方の申し訳なさそうなご説明には、120%納得です。

 

それでいて、内部の窓際には灯台のミニチュアが設置されていたり、ちょっとした解説が加えられていたり。

「20数年前までは佐渡にも(灯台担当の)人がいたと思うんですが、今は新潟に集約されておりまして、我々も年に1度来るか来ないかという…」

重ね重ね、海上保安部の方の申し訳なさそうなご説明には、120%納得です。

 

DSC01293.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/80,iso500】

 

最上部直下の最後の螺旋階段です。

 

DSC00828.jpg

【α99,50mm F1.4,1/1250,F2,iso100】

 

灯室の外側からの風景です。

灯室に沿って1周できるようになっています。

下から見たら大した高さは感じませんが、上に立ってみるととんでもなく高く感じてしまいます。

 

写真に写っているのは、映画「喜びも悲しみも幾年月」の像です。

こちら、弾崎灯台を含めた全国の11灯台が舞台となっています。

いつか、この11灯台をめぐるツアーも慣行したいと思う今日この頃です…。

 

DSC00831.jpg

【α99,50mm F1.4,1/4000,F2,iso100】

 

同じ場所から左側へ視線を移します。

二ツ亀(Futasu-game)が見えます。

こんなところで灯台守をするなんて、、、何も知らない私的にはあこがれてしまいます…。

 

DSC01306.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/100,iso100】

 

とにかく、灯室付近では、色々とためになるお話を伺ったと記憶しているんですが、中身を記憶していません。

ただ、まとめてしまうと「今の灯台に人は不要」ということになってしまいます。

かつては"灯台守"が守っていた灯台の灯りも、今はほとんどオートメーション化されているということです。

ま、「人件費が云々」とか、「就業環境が云々」とかいうようなお話に鑑みたら至極当然のことなんだとは思いますし、当たり前のことなんでしょう。

それでいて、そのことに一抹以上の寂しさを感じる人はきっと少なくないんだろうと思う次第です。

 

DSC01310.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/40,iso2000】

 

DSC01312.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/500,iso100】

 

DSC00832.jpg

【α99,50mm F1.4,1/30,F2.8,iso100】

 

初点灯は大正8年12月1日だそうです。

こちらは日本中の灯台を扱うサイト「日本の灯台」の情報と一致します。

まぁ、当たり前のことなんでしょうけれど、何か感動してしまいました。

 

DSC01315.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/640,iso100】

 

普段は写真のような万国旗はありません。

こちら、海上保安部の皆様が朝早くから現地に入り、階段途中のミニチュアやらと併せて準備されたものと思います。

たいへん、お疲れ様でございました。

 

DSC00834.jpg

【α99,50mm F1.4,1/4000,F2.8,iso100】

 

DSC00840.jpg

【α99,50mm F1.4,1/60,F4,iso100】

 

この場所へ来るにあたって、お食事処は当然考えていました。

いちばん簡単なところで、弾崎灯台の入り口にある「憩の舘 佐志住施礎(さしすせそ)」を考えていました。

ところがまぁ、こちらのお店が閉店されてしまっていたようで、少しだけ車で移動し SADO 二ツ亀 ビューホテル へとやってきました。

 

何気に、こちらのホテルの「海鮮丼」は"佐渡一"と評されることが多く、それはそれで楽しみでした。

ところが、私たちが到着した頃には「海鮮丼」は品切れになってしまってまして…。

悩んだ挙句、お刺身定食をいただくことにしました。

写真からはわからないと思いますが、写真左上のサザエについては、下から火が灯っている「壺焼き」です。

コストパフォーマンスは高いんじゃないかと思います。

 

DSC00844.jpg

【α99,50mm F1.4,1/2000,F2,iso100】

 

ちなみに、冒頭の「灯台150周年記念」ですが…。

これは、日本最初の洋式灯台である「観音埼(かんのんさき)灯台」(神奈川県横須賀市)の起工日である1868(明治元年)11月1日にちなんだもので、

11月1日が「灯台記念日」と定められているんだそうです。

 

ただでさえ、四方を海に囲まれている佐渡島です。

大小を含めたら数え切れないくらいの灯台やら標識やらが点在しています。

各々に対して、興味を持ったら尽きないんでしょうけれど、そこへ至るまでに時間がかかりそうです。

当たり前すぎて…。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:地域/ローカル

秋の戸地川へ

2018.10.28 Sunday

 

秋らしい、くるくると変わる空模様でした。

 

DSC02867 (1).jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,0.4,iso100】

 

久しぶりの戸地川(Toji-gawa River)でした。

 

DSC02724.jpg

【α99,50mm F1.4,1/20,F5.6,iso800】

 

DSC02740.jpg

【α99,50mm F1.4,1/50,F2,iso100】

 

朝起きると、窓の外には青い空が広がっていました。

「今日はどこへお出かけしようか…」なんて思いながら二度寝し、次に目が覚めたのは雨がバチバチと屋根を叩く音でした。

その後、再び青空が覗いたかと思えば、強風を伴った雨が窓から吹き込んで来たり…。

…秋ですね。

 

DSC02873 (1).jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,3.2,iso50】

 

大好きな水辺へと足を運びました。

 

DSC02759.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,3.2,F11,iso50】

 

DSC02766.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/30,F5.6,iso400】

 

DSC02770.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/30,F5.6,iso400】

 

DSC02777.jpg

【α99,50mm F1.4,1/60,F2,iso100】

 

DSC02886 (1).jpg

【α99,50mm F1.4,1/50,F5.6,iso800】

 

DSC02887 (1).jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F5.6,iso500】

 

DSC02890.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F5.6,iso500】

 

毎年決まって秋に来ています。

…が、毎年決まって「遅かったかな…」という頃に来ています。

なので、今年はいつもより10日ほど早めに来てみました。

 

「ちょっと早かったかな」

そんな感じです。

難しいもんです。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所