<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

棚田の夏

2020.08.15 Saturday

 

たまたま通りがかった岩首の「昇竜棚田」です。

 

7S208427.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/320,F14,iso200]

 

きっと「こんなところ、通りがかるかい」とお思いのことと思いますが、本当なんです。

先日の大雨で1周線沿いに土砂崩れが発生し、松ケ崎⇔岩首間が全面通行止めとなっています。

 

私はたまたま小倉越えの道中でそのことに気づいたため、林道を使って昇竜棚田経由で1周線に戻りました。

しかし、こんな迂回路を知らない方にとっては、1周線を走行中に通行止めを突き付けられたらたまりません。

道中にあまり事前のアナウンスが無いものですから、この場でも強調して申し上げておきますが、

 

令和2年8月15日現在 松ケ崎⇔岩首間は全面通行止め です。

ちなみに、松ケ崎の「ケ」は大きな「ケ」です。

念のため…。

 

7S208434.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F11,iso200]

 

で、期せずして訪れました、久しぶりの「昇竜棚田」です。

ま、"期せずして"なんて言いますが、ここまで来なければならないお仕事もあったもんですから、ちょうど良かったというか何というか…。

 

7S208435.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F11,iso200]

 

ところが、車を停めてお仕事をしようと思った矢先に、軽トラックに乗った「棚田おじさん」がやって来まして、、、

 

7S208438.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F11,iso200]

 

「おい、華。何してんだ??」

「ご無沙汰してます。仕事ですよ」

「仕事とか何とか言って、趣味という名の仕事なんじゃねぇだろうなぁ」

「いや、ホント仕事ですって」

 

7S208441.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F14,iso200]

 

まぁ、そんなやり取りを経まして、それでも1時間くらい色々とお話を聞かせていただきました。

とても貴重なお話でした。

私にとってだけでなく、佐渡島にとって…という。

 

7S208442.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/250,F11,iso200]

 

耳の痛いお話もたくさんありましたけどね。

 

「お前んとこの会社の〇〇よぉ」

「え?? どの〇〇??」

「●●に◎◎してたけど、××だから△△になった〇〇だよぉ」

「あー…。その〇〇」

 

7S208447.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/400,F14,iso200]

 

「ちゃんと言っとけ〇〇に」

「承知しました。『お前のせいで俺が2時間も説教くらったじゃねーか』って言っときますよ」

「そうそう(笑)」

 

7S208454.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/320,F11,iso200]

 

まぁ、そんな会話を経て私も色々と宿題をいただいた面持ちになっていました。

ちなみに、会話の内容は特に誇張していることもありませんが、文字だけで見ると「棚田おじさん」がずいぶんとガラ悪く映りそうです。

実際にガラが悪いなんて、そんなことはありませんことを申し添えたいと思います。

 

7S208456.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/320,F11,iso200]

 

おじさんが去ったのち、ゆっくりと --- という訳ではありませんが --- 棚田を見させていただきました。

考えさせられることは山ほどありましたし、やらなければならないことを考えたら時間的な余裕などないことも感じます。

 

とりあえず、記事の最後の2枚の写真ですね。

海を向いた向日葵がたくさん写っていて、とても素敵な絵に見えます。

しかし、その実は、この向日葵が物語っていることは棚田が維持できなくなっているということに他なりません。

そして、これは棚田に限ったことではなく、今始まった問題でもないとうことです。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:里山

 

とっても蒸し暑いです

2020.08.04 Tuesday

 

梅雨明けと同時に気温も一気に上昇中です。

 

7S203616.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F14,iso100]

 

7月後半の大雨の影響もなく、佐渡の稲は順調に育っているようです。

 

7S203620.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F14,iso100]

 

「朱鷺と暮らす郷 田んぼアート」もなお健在です。

 

7M308084.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/40,F11,iso640]

 

曇り空というのではなく、霞んでいました。

そして、蒸していました。

夕方以降、国中平野の田んぼの周辺をウロウロしてみたんですが、湿気がまとわりつくようでした。

 

最近、熱さの中でのマスク着用によりお肌が荒れるケースが急増しているそうですね。

新しい生活様式の中で、肌荒れにも注意が必要ですが、熱中症にもご注意ください。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日常。

 

梅雨の隙間

2020.07.12 Sunday

 

先週の写真ですが、ずっと雨が続いた中に雲の切れ間がありました。

 

7S202356.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F14,iso200]

 

"切れ間"どころか、国中平野の上空すべてが青空というような状態でした。

 

7S202359.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/800,F14,iso200]

 

確か、ほんの1〜2時間前までは雨が落ちていて、厚い雲が立ち込めていたはずでした。

 

7S202363.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F14,iso200]

 

「朱鷺と暮らす郷 田んぼアート」です。

前回から、早くも2週間以上が経過しました。

前回はちょっと時期が早い感じがありましたが、今回は「見頃」だったと思います。

朱鷺の姿も前回よりふくよかな感じになっていました。

 

7S202377.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/500,F14,iso200]

 

7M306913.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/8000,F2,iso100]

 

流れる雲の中から大佐渡山地が姿を見せていました。

金北山の山頂付近は、短いスパンで雲から浮きつ沈みつしていました。

 

7M306928.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/40,F11,iso100]

 

ところで、この季節。

田んぼに住み着いている亀が、道路を横断している姿をよく見かけます。

人気TVゲームの敵キャラでは決してありませんので、踏んづけて蹴飛ばすようなことのないよう、優しい対応をお願いいたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:夕景

 

朱鷺と暮らす郷×田んぼアート 2020

2020.06.25 Thursday

 

今年もまた、国中平野の一角に「田んぼアート」が出現しています。

 

7S202094.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/100,F11,iso100]

 

こちらの苗が植えられた日は生憎の空模様でした。

今年は、新市長も田植えに参加されたんだそうです。

 

昨日の夕方には、梅雨時期とは思えない青空に今年の絵が浮かび上がっていました。

右奥には「感謝」の文字も見えますね。

田んぼアートデザインについては→(こちら)をご覧ください。

7〜8月頃が見頃とのことです。

 

今日からしばらく雨がちな空模様となりそうです。

土手に上り下りする際には、足を滑らせないようお気を付けください。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:イベント情報

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

朝の続き

2020.05.24 Sunday

 

夜明けの「昇竜棚田」を見、松ケ崎ヒストリーパークまで戻りながら、敢えてそこから海岸線を逆行します。

すなわち、両津港方面へと車を走らせました。

 

前日の夜からスタンバイするほど気合を入れて来た割りに、"不完全燃焼"といった感がぬぐえなかったんだと思います。

何となくですが、直線距離で帰ることを好まず、遠回りして帰宅することを選択していました。

ま、ちゃんとした目的を持っていた訳でも何でもないので、結局はただ"遠回り"して帰宅したというだけのことだったんですけどね…。

 

7S209161.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/40,F11,iso100]

 

両津大川(Ryōtsu Ōgawa)です。

姫崎灯台(Himesaki Tōdai Lighthouse)の入口です。

両津湾を挟んで、対岸には大佐渡山地です。

手前の田んぼに映る空がとても綺麗で足を停められました。

 

結局、遠回りしたにも関わらず、松ケ崎から自宅までの間で写真を撮ったのはこの場所だけでした。

2日がかりの"遠征"の最後はあっけないものです。

撮る気力はありませんでしたが、色々と"めっけもん"はありましたので、それはまたいつかの講釈で…。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:地域/ローカル

夜明けの棚田

2020.05.23 Saturday

 

前夜からの続きです。

 

7S209114.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/160,F5.6,iso400]

 

04:47です。

 

7M303838.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/160,F2,iso100]

 

ここにこうして車中泊をするのは初めてです。

こんな風に夜明けの写真を撮るなんて、2014年以来です。

 

7S209118.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/100,F5.6,iso400]

 

7S209122.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/50,F5.6,iso400]

 

この日の日の出の時間はまったく覚えていませんが、アラームの時間は日の出の時間に設定をしたハズでした。

ま、アラームで起こされてからも寝袋の中でグダグダとしているのは、日常と変わりありません。

 

7S209123.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/50,F5.6,iso400]

 

で、寝袋でグダグダとしていたところ、駐車場の私の車の隣に軽自動車が滑り込んできました。

女子2人組でした。

キャッキャ言いながら、車を降りて行きました。

 

7S209127.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/50,F5.6,iso400]

 

私としては、誰よりも早くこの場にスタンバイさせていただいていた訳ですが、先を行かれてしまいました。

これを機に、私も大急ぎで表へと駆け出しました。

 

7S209133.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/50,F11,iso400]

 

7S209136.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/50,iso400]

 

7S209137.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/50,iso400]

 

7S209143.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/400,F11,iso400]

 

前夜までは根拠のない自信に満ち溢れていたんですが、結果としては予報どおり見事なまでの曇り空でした。

先に撮影をされていた女子とも思わず声を掛け合いました。

 

「曇ってしまいましたねぇ…」

「曇っちゃいましたねぇ…」

 

7M303841.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso100]

 

7M303845.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso100]

 

7S209148.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/40,F11,iso200]

 

ご覧のような空模様が変わることはなく --- これはこれで良いんですが --- 、

また、思いがけず、私たち以外にも早朝の棚田を見に来る方が集まってきたため"3密"を避ける意味でも、早々に下山の途に就きます。

 

7S209150.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/40,F11,iso640]

 

7S209153.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/40,F11,iso640]

 

7S209158.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/40,F11,iso100]

 

7M303850.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1250,F2,iso100]

 

7M303855.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F2.8,iso100]

 

下山し、松ケ崎ヒストリーパークへと移動しました。

 

7M303859.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/640,F2.8,iso100]

 

時刻は5時40分です。

漁船が何艘か越佐海峡に浮かんでいました。

 

例年であれば、キャンプ客で混雑しているヒストリーパークです。

私も、今年のG/WはここでBBQでもしてテント泊をするつもりでいました。

ヒストリーパーク入口に張られた「KEEP OUT」の黄色いテープが痛々しかったです。

 

それにしても…。

佐渡市については、この時期からずっとCOVID19の感染者がいなかったため、こうした普段どおりの生活については「淡々」といった印象でした。

このあたりは自然と一緒で、世間がウィルスで大騒ぎしようと何であろうと、淡々と日々の営みが川の流れのように続いている感じでした。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:里山

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

月夜の棚田

2020.05.22 Friday

 

またG/Wの頃の佐渡です。

 

7S209095.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,30,iso1600]

 

5月5日の写真です。

日中は人に接しないために外出を自粛しながらも、夜間にひっそりと外出できないかと模索していた頃です。

明け方の棚田の写真を見に行こうと、前の晩から行動に移すということをしていました。

 

7S209096.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,30,iso1600]

 

冒頭の写真と上の写真は赤玉(Akadama)の棚田です。

下久知(Shimokuji)から山越えをしてきました。

本当はここまで来るつもりはなく、稜線に沿って林道を進む予定でした。

ところがまぁ、林道が土砂崩れで閉鎖されていました…。

 

対岸には、弥彦・角田の両名山の姿が見えます。

 

7S209098.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,20,F11,iso400]

 

県道45号線 --- 所謂「佐渡一周線」 --- に合流しました。

ここから、「小木(Ogi)多田(Ōda)」方面へと向かいます。

 

7S209099.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F11,iso2500]

 

まだ20時代でした。

しかし、人っ子1人いない赤玉の夜でした。

誰かが拾って来たんでしょうか、オレンジ色の浮きがポツンと置かれていました。

 

7S209100.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F11,iso1600]

 

豊岡(Toyooka)です。

佐渡の南側の --- 越佐海峡に面した ---- 海岸線を「前浜」と言うそうなんですが、

この「前浜地区の夜」というものについては、長い佐渡生活においてもほとんど経験がありません。

そういう意味でも非常に貴重な時間でした。

 

7S209101.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,15,F5.6,iso1600]

 

そして、目指す棚田に到着です。

岩首(Iwakubi)の「昇竜棚田」です。

 

7S209102.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,15,F5.6,iso1600]

 

7S209106.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,30,iso1600]

 

7S209107.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,30,iso1600]

 

7S209110.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,30,iso1600]

 

出来たら星空が見たかったんですが、月明かりが煌々と照らす夜でした。

天気予報や月の満ち欠けを見たら、星空撮影にも夜明けの撮影にも適さない日であることは分かっていました。

まぁ、単純に外へ出たかったんですね。

 

7S209111.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F5.6,iso1600]

 

7S209112.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,15,F5.6,iso1600]

 

7S209113.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,30,iso1600]

 

さて、仮眠です。

天気予報では翌朝は曇りとのことでした。

…が、いつもの気楽さで、何となく、根拠もなく「晴れるだろう」なんて思っていました。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:里山

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

Nowadays

2020.05.14 Thursday

 

水を張られた田んぼがとても美しいです。

 

7M304146.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/160,F2.8,iso1600]

 

7M304132.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/160,F2.8,iso1600]

 

7S209391.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F5.6,iso2500]

 

7M304162.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/60,F2,iso1600]

 

概ね田植えは終わっているようですが、これから水を張るような田んぼもあるようです。

ずいぶんと差がありますね。

田んぼの近くにツツジが咲いているのを見ると、改めて田植えの季節という感じがします。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:里山

JUGEMテーマ:日常。

田んぼアート

2019.06.26 Wednesday

 

ちょっと前まで水鏡のようだった田んぼが、緑みどりしています。

 

7M307456.jpg

【α7iii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F8,iso100】

 

か弱そうで、春の風になぶられていた稲が、今はワサワサとしています。

さながら、やんちゃ坊主のようです。

 

7M307460.jpg

【α7iii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/250,F5.6,iso100】

 

そして、今年も国仲平野に描かれた「田んぼアート」が見頃を迎えています。

 

7M307464.jpg

【α7iii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/250,F14,iso125】

 

今年は「けものフレンズ」とのコラボなんだそうです。

その辺の事情に全く疎い私は、けものフレンズが何たるかも全く知りません。

今日、この場所でこの田んぼアートを眺めていた若者にそのように伺いました。

 

「今日の新潟日報に掲載されたじゃないですか。この短い時間にめっちゃお客さんが見に来ましたよ」

その若者から、そう聞かされました。

すみません。

私は今日の新潟日報すらも読んでおりませんでした。

 

ちなみに、田んぼアートの位置につきましては(→こちら)です。

 

 

 

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

緑が眩しい季節です

2018.07.01 Sunday

 

「田んぼアート」です。

 

DSC05801.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F11,iso100】

 

国仲平野のど真ん中に大きな大きな朱鷺が1羽、羽ばたいています。

それこそ、これから田んぼを飛び立とうという感じに見えます。

 

DSC05807.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F11,iso100】

 

こちら"ノーマル"な国仲平野の風景です。

 

DSC05808.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F11,iso100】

 

"ノーマル"なんて言うと失礼でしょうか。

とんでもなく緑がキレイな季節になっています。

佐渡の場合、農家さんは畦の手入れに除草剤は使用しませんので、これも「一面緑」を保つ大きな要因となりましょう。

丁寧に丁寧に草刈りが行われています。

 

DSC05835.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F11,iso200】

 

国仲平野からの帰路に足を停められました。

これまた美しい真野湾の夕景です。

 

DSC05839.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F11,iso200】

 

日々絶景の佐渡島です。

これから夏が過熱します。

 

 

 

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル