<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

穏やかになりました

2020.01.09 Thursday

 

昨日は台風並みの強風が襲った佐渡島でした。

 

7S204549.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/250,F8,iso100]

 

一夜明けたサワネマリーナの桟橋の様子です。

"心もとない桟橋"は無事のようでした。

 

7S204551.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/200,F8,iso100]

 

朝の真野湾を見てびっくりしました。

昨夜は暴れるように波立っていたのに、僅か数時間で嘘のように静かになっていました。

もちろん、風もピタリと止んでいました。

 

7S204552.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/50,F5,iso100]

 

波打ち際にはこんなものがいくつも転がっていました。

真野湾は牡蠣の養殖が盛んで、沖合にはたくさんの牡蠣筏が浮かんでいます。

その牡蠣筏に吊るされていたはずの牡蠣の子どもを付着させたホタテの貝殻です。

 

パッと見た感じでも、この桟橋の周辺にいくつも転がっていました。

本日時点で主だった被害等はアナウンスされていませんが、少なからずこうした"被害"はあったようです。

深刻でないことを願うばかりです。

 

7S204557.JPG

[α7Sii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,30,F11,iso1000]

 

そして夜の真野湾です。

写っているのは、佐和田海水浴場にある"頑丈な桟橋"です。

 

7S204558.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F5.6,iso1250]

 

こちらもほぼ、いつもの静かな真野湾に戻っていました。

昨夜はこんな波打ち際に近づくなんて出来ませんでしたからね…。

 

7S204561.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F8,iso2500]

 

7S204563.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F11,iso100]

 

相川へ戻ってきました。

城址橋(Jōshibashi Bridge)です。

昨夜ここを通った時は強風でハンドルを取られました。

フロントガラスには飛沫のような水滴が張り付き、それは強風で煽られた雨なのか海から巻き上げられた潮騒か分かりませんでした。

今日は風も飛沫もない城址橋でした。

 

7S204564.JPG

[α7Sii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,30,F11,iso1000]

 

城址橋から見下ろした相川市街地です。

最近、何となく我故郷の夜景が染みます…。

 

背後の相川湾の波も随分と静かになっていたようです。

今回の時化ですが、風向きがいつもとは違ったようです。

いつもは北西の風が吹きつける佐渡島ですが、今回の風は南西の風だったようです。

なので、真野湾方面の時化に比べたら、相川から外海府の方面はさほど荒れていなかったんだそうです。

 

それでいて、風もないのに海からは「ゴーッ」という波の音が響いていました。

これは昨夜の時化云々に関係のない、冬の相川の日常の音なんだと改めて理解したところです。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

低気圧が通過して行きました。

2020.01.08 Wednesday

 

昨夜の天気予報のとおり、大時化を伴った前線が通過して行きました。

 

7S204546.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F5.6,iso1000]

 

午前中の段階で、佐渡汽船からは午後の便の欠航がアナウンスされていました。

その時点ではまだまだ静かな空模様だったんですが、午後になって外へ出ると強風が吹き荒れていました。

その後、夕方にかけて風も収まってきたと思っていたんですが、暗くなってからは再び強風が吹き荒れました。

 

7S204547.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F5.6,iso1600]

 

写真は22時頃の真野湾です。

一時に比べたら風も緩んでいたとは思うんですが、まだまだ三脚が揺さぶられるほどの風が吹いていました。

いつもは静かな真野湾ですが、白波が次々と打ち寄せていました。

1枚目の写真の桟橋は頑丈にできていますからこんな波にもしっかりと耐えそうですが、2枚目の"いつもの桟橋"はとても心もとなく見えました。

明日には収まってくれることと願います。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:ひとりごと

月の夜に

2019.10.17 Thursday

 

月明かりが煌々と照らす夜がありました。

 

7S209871.jpg

【α7Sii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,30,F8,iso200】

 

こんな夜は、大佐渡スカイラインへと駆け上がりたくなります。

(あくまで私見です。念のため…)

交流センター白雲台(Hakuundai)までやって来ました。

 

7S209875.jpg

【α7Sii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,0.8,F2.8,iso1600】

 

ちょうど両津港(Ryōtsukō Port)のあたりから、新潟にかけての越佐航路が月明かりに照らされていました。

海と月の真ん中に雲を挟んでいたので、斑模様のようになっていましたがなかなかレアなケースかと思います。

 

7S209880.jpg

【α7Sii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/3,F2.8,iso2500】

 

ちょうど、両津港発の最終のカーフェリーが岸壁を離れたところでした。

こんな日の越佐航路からはどんな月明かりの景色が見えるんでしょうね。

 

7S209882.jpg

【α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F14,iso2000】

 

時刻は19時を過ぎた頃かと思いましたが、下界も肌寒かったくらいです。

標高が900mに迫るこの場所の気温は1ケタ台だったことに間違いはありません。

まぁ、寒い思いをしてでも、見るだけの価値のある風景でったと思っています。

 

 

 

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

 

1