<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

草刈神社

2013.03.18 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
午後から小木半島をブラブラと歩いて来たんですが、そろそろ陽も暮れようかという頃に、この神社にたどり着きました。



DSC07530(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 22mm 1/25sec F8.0 ISO=400 多分割測光 WB=太陽光 --

羽茂本郷にある草刈神社です。



DSC07532(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 24mm 1/40sec F5.6 ISO=400 多分割測光 WB=曇天 --

せっかくここまで来たんだから、羽茂大崎の方を通って、少し遠回りしながら帰ろう・・・。

そんな風に思いながら車を走らせていたんですが、この神社の看板を見つけ、1度は通り過ぎたんですがUターンしてきました。


正直、全っ然知らない神社でした。



DSC07535(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 70mm 1/25sec F4.5 ISO=400 多分割測光 WB=曇天 --

階段を上りきり、左手に鎮座しているのは「うん」の狛犬です。



DSC07536(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 16mm 1/20sec F5.6 ISO=400 多分割測光 WB=曇天 --

すぐお隣には“佐渡一ノ宮”「渡津神社」があります。


狭い境内に立った印象は“一回り小さな渡津神社”でした。

とても立派で品格のある神社です。



DSC07542(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 16mm 1/20sec F5.6 ISO=400 多分割測光 WB=曇天 --

境内の反対側(正面に向かって右側)に足を進めると「連理の木」の案内板があります。


本来、佐渡には無い木だそうで、2本の木の幹や枝が1つになっており、男女の仲睦まじい様を表しているんだそうです。

案内板には「こちら」と矢印があったんですが、その矢印の先には無限に木が生い茂っておりました。。。


きっと、写真に写っている木が連理の木なんだと思います。



DSC07547(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 60mm 1/15sec F4.5 ISO=400 多分割測光 WB=曇天 --

帰り際。

「あ」の狛犬です。



DSC07551.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 22mm 1/20sec F8.0 ISO=400 多分割測光 WB=雲をグレー点指定 --

“一回り小さな渡津神社”なんて印象を持ったことを書きましたが、この神社には能舞台がありました。

新潟県神社庁佐渡地区協議会発行による「佐渡神々のおやしろ」によりますと、祭礼日は6月15日とのことで、薪能が舞われているそうです。


偶然足を止められ、しかもとても立派な神社を知ることができた身としては、ぜひとも、この舞台で演じられる能を鑑賞してみたいですね。



DSC07560(AWB).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 50mm 1/60sec F2.8 ISO=400 多分割測光 AWB ピクチャー・エフェクト=ミニチュア --

すっかり陽が傾いたところで、そろそろこの場を去ろうと車に乗りかけてから目に入ったのがこの遊具です。


滑り台ですね。

しかも、ボロボロに錆びていて、スロープの方はとても滑れる状態にはありませんでした。


ここで能が舞われるとなれば、大勢の大人が家族連れで集まったんじゃないかと思います。

しかし、小さな子供にしてみれば、能を見ていても訳がわからず退屈になってしまうかも知れません。


大人が能を楽しんでいる間、子供は子供で大人の邪魔にならないように遊んでいたのかな・・・。

幼い頃は、自分の住む地区の祭りがそんな感じだったことを思い出し、勝手に想像してみました。



ところで、この神社へと進んでくる小道には標柱があり、そこには「助平神社」とありました。

この神社のことを言うんでしょうね。

確かに、羽茂といえば「つぶろさし」ですが、帰ってから調べてみると、この神社でも「つぶろさし」が舞われ、しかもご神体も安置されているとのことです。


うかつでした。

常々「“助平”が地球を救う」と思い込んでいる私としては、ぜひともご神体を拝みたかったところでした。

次回、6月に来ることができたら、その時はご神体の前にひれ伏してみようかと思います。


それにしても「助平神社」ですか・・・。

なんてロコツな。。。



素晴らしい神社ですね。。。



【お詫び】

「草刈神社」と「助平神社平成園」は別物らしいとのことです。

私の助平根性が招いた勝手な妄想だったようです。

謹んでお詫びもうしあげます。


ご指摘くださいました“みぃしゃ”さん、ありがとうございました。

(2013/03/22 追記)
関連する記事
コメント
おはようございます!

最近当HPにて佐渡情報を見聞しているヒロアキ君とともに“ひれふし”たいと存じます・・・

渡津神社の隣の宿泊施設も再開しているなら投宿候補地なんですよね・・・

小木祭りの日に泊まれなくて、ここまで来ました。

小木の町までタクシーで2500円位だった記憶があります。
運転手さんがお上手で千円程度の時間感覚でした・・・
見事であります・・・

  • by Ryu Takk
  • 2013/03/19 8:58 AM
Ryu Takk さん、おはようございます!
いつもありがとうございます(^^)

ヒロアキ氏と是非ひれ伏してみてください(^^)

ウッドパレス(かな?)は宿泊できれば面白そうな施設ですよね。
お食事なんかも、地の物とか出てきそうで。
すぐお隣の温泉も無料で使用できるようですしね。
観光協会のページからのリンクが切れているので解りませんが・・・。

小木の町から2,500円ですか。
実際千円程度の時間に思えますが・・・。
運転手さんの手腕のなせる技なんでしょうか(^^?
  • by 
  • 2013/03/20 12:16 PM
はじめまして!
mixiの友人からこちらのブログを紹介して頂きました(犬落としの滝)。今回の草刈神社ですが「助平神社平成園」と草刈神社は別物と思われます。近くに住む酔狂な人の平成園です。社横の宮司さんのお宅の玄関には天皇皇后両陛下のおいでになった時の写真が飾られています。つぶろさしはお神楽ですから。神社と平成園は関係ないものと思います。
  • by みぃしゃ
  • 2013/03/22 2:05 PM
みぃしゃさん、こんばんは!
コメントありがとうございます(^^)

何とまぁ・・・。
無知ぶりをさらしてしまいお恥ずかしい限りです(汗)

「つぶろ」=「助平」と、ものすごく単純に結びつけてしまいました。
あちらの平成園は酔狂(笑)な方のものなんですね(^^;

今年はこちらの能舞台で演じられる能も観に行ってみたいと思います(^^)

ツッコミどころが満載のブログですが、今後ともご指摘事項等ございましたら、
どんどんお願いいたしますm(_ _)m
  • by 
  • 2013/03/22 9:40 PM
大変申し訳ありません!
間違った情報を流してしまいました。
宮司さん宅の写真は天皇皇后両陛下ではありませんでした。
今朝宮司の奥様に確認したところ、先代宮司が一の宮へ皇族の方をご案内した時のものと判明しました。
「よく似ていらっしゃる」と笑われていました。
本当にごめんなさい!
  • by み
  • 2013/03/23 2:00 PM
み さん、こんばんは!
コメントありがとうございます(^^)
しかも、わざわざご丁寧に(^^)

一の宮へ皇族の方がいらしたということすら知りませんでした。
まして、その方々が天皇皇后両陛下に良く似ていらっしゃるなんてことも(笑)

次にここへ行くときは、良く似た皇族の方の写真を見に行ってみようかと思います。

ありがとうございました(^^)
  • by 
  • 2013/03/25 11:02 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL