<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

七ツ滝で見つけた花たち

2008.04.23 Wednesday


七ツ滝
を目指す道中、楽しませてくれた花たちです。





岩肌に咲くイソスミレです。


どうも彼を捕らえるのがうまく行きません。。。

気難しい花なのかも知れません。





これは苔ですな。。。

原始的な感じです。


中学生くらいの時に苔の生態を習った気がしますけど、とうに忘れました。





割と山奥の方にたくさん群生していました。

鈴のような花ですが、何て言うんでしょ?


とりあえず、これもミヤマシラネソウとしておきます。





ニリンソウです。


北原白秋の歌だそうですが、

「一輪咲いて一輪草、二輪咲いて二輪草、三輪咲いて三輪草」

というそうです。


まったくもってその通りだと思います。。。

が、ニリンソウも必ずしも二輪咲くものでもないらしいです。


この子も一輪です。

でも、やっぱりニリンソウです。





エンレイソウというそうです。

大変失礼ですが、絶対に毒があると思ってました。。。


花が咲くまでに15年もかかるそうで、漢字では延齢草と書きます。

6月頃に実が熟すそうなんですが、美味しいらしいです。

毒もないらしいです。


…が、口の中が大変な色になるそうです。





この日一番キレイに見えたのは、この花です。

ワサビの花です。

香りまでお届け出来ないのが残念です。


このあと、ワサビを醤油漬けにしていただきました。

とても美味しく、お酒がすすみました。



味をお届け出来ないのも残念です。。。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL