<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

清水寺 9月

2016.08.28 Sunday

 

すっかり足が遠のいていました…。

清水寺(せいすいじ)に久しぶりに足を運びました。

 

DSC00353.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso100】

 

足を運んだのはちょうど1週間前です。

「これでもか…」というくらいに暑かった日の午後です。

 

DSC00372.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso400】

 

たまに風が吹くと涼しさを感じないわけではありませんでした。

しかし、そんなそよ風もセミの鳴き声がすべて吹き飛ばしてしまいました。

 

 

DSC06365.JPG

【α7S,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F2.8,iso100】

 

お盆には檀家さんが見えたりもしたんでしょうね。

参道は綺麗に掃かれていました。

まぁ、季節・時期に関わらず、いつも綺麗にしてありますが。

 

DSC06377.JPG

【α7S,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/25,F2.8,iso400】

 

参道を上り終えただけで汗が滴り落ちました。

ジワジワ、シャワシャワと蝉の声が聞こえる中、舞台を見上げてしばし佇んでいました。

引き返そうか悩んだ挙句、やっぱり舞台まで上がっていました。

 

DSC06379.JPG

【α7S,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/250,F2.8,iso100】

 

夏の終わりの近い時期に、蝉の鳴き声を聞きながらこの場所へ立つ…。

このお寺にたくさんある風景の中で、体感したいひとつの場面でもありました。

 

DSC00381.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/3200,F2,iso100】

 

それでいて、いざそんな場面に出くわすと何をどう撮ってよいのかわからなくなるのが常です。

とにかく、下から見上げた救世殿は鬱蒼とした木々に囲まれていたため、下から撮るのを諦めたところです。

 

DSC06383.JPG

【α7S,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/40,F2.8,iso1600】

 

DSC00387.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/60,F2,iso100】

 

DSC00389.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/60,F2,iso100】

 

DSC00395.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1250,F2,iso100】

 

DSC00397.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso200】

 

DSC00403.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso200】

 

DSC06386.JPG

【α7S,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/40,F5.6,iso800】

 

前述のとおり、自ら望んだ時期に望んだ風景を見ることができたと思います。

…が --- 好き勝手言いますが --- 暑さと明るさが過ぎて逆に虚ろに感じてしまった気がしてしまいました。

(「虚ろ」というのは決して嫌いではないのですが、現在のこのお寺の保存状態からすると、あまり歓迎できる表現でもないかなと…。)

せめて救いだったのは、参道入口すぐにある水路が涼し気に流れていたのと、少しばかりの竹林がサラサラと涼し気な音を立てていたことでしょうか。

 

何だかんだ言って、次にここへ来るのは紅葉も終わりかけの切羽詰まった時期のような気がします。

銀杏の実が落ちる前に期待ですね。

 

 

 

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

関連する記事
コメント
新潟の友人に言われた事があります。
「佐渡はちゃんと清水寺を管理できないのか?もったいないよ」
確かに荒れ放題で、手入れが行き届いてない状態に、ぐさっときました。

一市民として、どうすればいいのでしょうかね?
  • by 甚吉
  • 2016/08/29 10:47 AM
甚吉さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

う〜〜ん…。
難しい問題ですよね…。

今こうしている間にも、佐渡なんかは廃寺がどんどん増えています。
住職の跡継ぎがいないことが主な原因とは思いますが、檀家の減少もあり
寺院の経営(という言葉が適切かどうか…)も厳しいんじゃないかと思います。

こちらの仁王門は市の指定の有形文化財となっているようですが、
じき、国の指定になるとも聞いたことがあります。
そなると、修繕の際には多少のお金も出たりするんでしょうけれど…。

現状、私も含めて一市民ができることといえば…。
見守ることと、そうした声を挙げ続けることしかないのかな…と。

私にはそのくらいしか思いつきませんorz
  • by 華
  • 2016/09/03 6:51 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL