<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

善知鳥神社例祭(相川祭り) II

2016.10.23 Sunday

 

10月19日14:42。

 

043.JPG

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/800,F5.6,iso1600】

 

最後に善知鳥神社を出立するのが棒組です。

「ひだりーみぎ、ひだりーみぎ、ちょーさや、ちょーさや」

棒頭の号令に従って御神輿が本殿前のシキに臨みます。

 

044.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/3200,F1.7,iso400】

 

シキを終えると、石段をジワリジワリと降りて行きます。

 

045.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/3200,F1.7,iso400】

 

棒組にとってここから長い長い半日が始まります。

 

046.JPG

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/80,F11,iso100】

 

さて、こちらは16:27の京町通りです。

実はこの日は相川のほか、戸地や北狄でもお祭りが行われていました。

例年、相川祭りでは御神輿を担いでいるので、他の地区のお祭りを見たということは1度もありません。

今年は良い機会と思い、午前中は戸地祭りを見に行っていました。

そして善知鳥神社で御神輿を見送ってから足を運んだのがこちら、京町通りです。

 

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/125,F11,iso800】

 

10月16日〜30日まで開催されている「没後20年 椎 隆信 回顧展」を見に其蜩庵へ。

夕暮れ時になってふたたびお祭りを見に行こうとお店を出たところで出くわしたのがご覧の夕景でした。

 

048.JPG

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/100,F11,iso800】

 

もうちょっとすると棒組がこの京町通りを通過する頃でした。

…が、この陽の沈み具合からすると、ここを御神輿が通る頃には真っ暗になっていそうだったため、御神輿のルートに沿って少し下ってみました。

 

049.JPG

【α7S,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/125,F5.6,iso400】

 

050.JPG

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/100,F2,iso400】

 

お祭りの提灯にも灯がともされはじめました。

ひっそりとしていた京町通りにもポツポツと人の姿が見え、皆さん、御神輿の到着を待ち構えているようでした。

 

051.JPG

【α7S,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/20,F5.6,iso1600】

 

京町茶屋から見下ろす相川湾の夕焼けです。

日常的に見られる夕景ではありますが、この日違っていたのは、太鼓の音が響いていたことです。

「あぁ…。相川は今日、お祭りなんだな」

こんな風に実感しながら町を俯瞰するのは初めてでした。

ことさら明かりが多く灯っているとかではありませんが、いつもより少しだけ相川が華やいでいるような気がしました。

 

052.JPG

【α7S,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/50,F5.6,iso6400】

 

すれ違い困難な時鐘楼の狭い通りを抜け、相川病院に着いたところで高張提灯に出会いました。

危うくお祭りの通行妨害をするところでした。。。

 

053.JPG

【α7S,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/50,F5.6,iso6400】

 

054.JPG

【α7S,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/125,F2.8,iso6400】

 

次いで棒組です。

 

055.JPG

【α7S,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/125,F2.8,iso6400】

 

056.JPG

【α7S,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/125,F2.8,iso6400】

 

この上町へと臨む途中、相川郷土博物館で休憩があります。

そこまでは身長の高い順に並ぶんですが、そこからは身長の低い順に並び替えです。

しばらくは民家もない坂道を上ります。

御神輿の担ぎ手にとってはいちばん辛い箇所でもあります。

何だか、申し訳なかったです…。

 

057.JPG

【α7S,LA-EA4,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/50,F2.8,iso10000】

 

ここから御神輿は大工町の北野神社まで上ります。

次いで夕白町(ゆうはくまち)の大神宮で御旅所に御神輿を安置し、賄いを受けます。

その間、下町の太鼓組の様子を見に行くことにしました。

 

058.JPG

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/20,F2,iso1600】

 

17:55。

相川下戸町五町目です。

 

059.JPG

【α7S,LA-EA4,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/320,F2,iso25600】

 

060.JPG

【α7S,LA-EA4,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/60,F2,iso5000】

 

061.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/13,F2.8,iso800】

 

062.JPG

【α7S,LA-EA4,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/320,F2,iso25600】

 

1軒1軒門付けしている太鼓組です。

夕方を過ぎて気温がずいぶんと下がって来ていました。

太鼓組は昨夜の宵宮から門付けをしていますし、この日も朝6時30分から門付けしています。

それでも皆さん、お元気いっぱいなご様子でした。

 

063.JPG

【α7S,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/60,F2,iso12800】

 

ふたたび上町へ。

棒組を先導するのは海士町(あままち)の法螺貝です。

 

064.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/5,F2.8,iso800】

 

18:37。

夕白町の大神宮 --- 新明(しんめん)さん --- に棒組が到着しました。

大神宮前でのシキを経て、境内にある御旅所に御神輿を安置します。

 

065.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/5,F2.8,iso800】

 

066.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/50,F2.8,iso800】

 

067.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/5,F2.8,iso800】

 

068.JPG

【α7S,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/40,F2,iso6400】

 

御旅所毎に行われるお祓いです。

この間、御神輿の担ぎ手の皆さんは新明さんで賄いを受け、ボロボロになった草鞋を交換します。

 

069.JPG

【α7S,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/50,F2,iso6400】

 

070.JPG

【α7S,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/50,F2,iso6400】

 

071.JPG

【α7S,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/50,F2,iso6400】

 

072.JPG

【α7S,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/50,F2,iso6400】

 

073.JPG

【α7S,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/80,F2,iso6400】

 

074.JPG

【α7S,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/30,F2,iso6400】

 

075.JPG

【α7S,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/30,F2,iso6400】

 

076.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/4,F2.8,iso1600】

 

077.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/4,F3.2,iso1600】

 

19:11。

御神輿が新明さんを出立します。

出立時にもシキを踏みます。

いつも御神輿を担いでいると、ここからが後半戦といった感じです。

…が、前述したとおり、今年は担ぎ手がとても少なかったんだそうです。

 

078.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/4,F2.8,iso1600】

 

賄いの方々からも「今年は人が少ないから、お料理が少し余った」「いつもより来るのが遅れたみたい」といった声が聞かれました。

こちらに保育園時代の恩師がいらっしゃいまして、せめてご挨拶だけと思ったところおにぎりとトン汁をいただいてしまいました。

 

「まぁ〜、ずっと撮影しておるのん?? たいへんなお仕事だの〜」

「イエ、これは仕事なんかじゃなくて…」

「まぁ〜、またずっと追いかけて行かんなんのんでしょ?? そりゃあたいへんだの〜」

「イエ、車ですから全然大変じゃないんですが…」

 

私、何もしていないのに、すみません。

たいへんありがとうございました。

ごちそうさまでした。

 

079.JPG

【α7S,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/20,F2,iso8000】

 

下相川へ先回りしようと車を走らせたところ、眼下に高張提灯の列が見えました。

濁川沿いを行くお祭りの隊列です。

 

080.JPG

【α7S,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/25,F2,iso10000】

 

この後ろから御神輿が続いてくるわけなんですが、御神輿を上から見下ろすというのはたいへん失礼な行為にあたります。

視界に入れないよう、「ちょーさや」という掛け声だけを耳に響かせます。

こんな景色も今まで見たことがありませんでした。

 

081.JPG

【α7S,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,30,F2.8,iso6400】

 

道中、星空がキレイなことに気付き、千畳敷へ立ち寄ってみました。

天の川が姿を現していました。

私が小中学生の頃、お祭りの日といえば冷たい霙まじりの雨…というような印象がとても強いです。

さすがに「霙」は言い過ぎでしょうけど、それくらいに寒かったイメージばかり残っています。

ここ数年はずっと晴天が続いていますね。

 

こんな天の川を眺めながら、背後からは下り羽の笛の音、そして、法螺貝に続いて「ちょーさや」の掛け声が響いています。

こんなに贅沢な星空の夜を知りません。

 

082.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/4,F2.8,iso1600】

 

柴町(しばまち)の御旅所を経て、佐渡市相川支所長、善知鳥神社総代長、神鉾、高張提灯、下り羽、棒組、そして提灯行列が列をなします。

 

083.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/4,F2.8,iso1600】

 

084.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/4,F2.8,iso1600】

 

085.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/4,F2.8,iso1600】

 

ここからは1列となって太鼓組の待つ天領通りを目指します。

 

 

 

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:地元の祭り

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL