<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

乙和池

2008.05.01 Thursday

JUGEMテーマ:名所
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
JUGEMテーマ:カメラ

乙和池(おとわいけ)へ行ってきました。

大佐渡スカイラインの大平高原より約500mのところにある、高層湿原性として日本最大の浮島のある池です。





その昔、乙和という娘が村人とワラビをとりに行き、小さな水たまりのような池で、汚した腰巻を洗ったといいます。





すると、乙和の立っているところを残してみるみるうちに水たまりは大きな池となり、闇の中から、池の主の声が聞こえました。


「前世の因縁により、お前がこの池の跡継ぎとなれ」

と。





3日間の猶予をもらった乙和は泣きながら村へ帰りました。


約束の日、朝早くから乙和を呼ぶ声が聞こえます。

乙和は村人と念仏の声に守られ、山へ向かいました。





それから7日間、山は深い霧につつまれ、7日目には大雨となり暴風雨となります。

この時、池の主は天へ昇り、乙和が池の主となったと言われています。





それ以来、この島には浮島が現れましたが、島の真ん中にはポッカリと穴が開いています。

前の主が天へ昇った跡なのか、それとも、池に沈んだ乙和が村を見守るための窓なのか。。。



5年ぶりくらいに行ってきました。

新緑がとても気持ち良かったです。



水面にはもう一つの世界が映っていました。
関連する記事
コメント
幻想的な世界ですね。
乙和池って始めて聞きました。
行ってみたくなりました。

新潟の十日町にある美人林にある池も、池を覗くと林が逆さになって写ってて、感動しました。
この池も、同じ。もうひとつの世界ですね。

  • by ちよ
  • 2008/05/04 8:16 AM
ちよさん、こんばんは!

乙和池・・・結構、有名なスポットらしいです。

この日も他に2人組が来てました。最後の写真の奥の木の影に写っていますけど、最初は乙和の霊かと思いました(^^;

十日町の美人林!
同じ景色を見たことがありますよ♪
  • by 華
  • 2008/05/08 11:31 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL