<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

松ケ崎ヒストリーパークにて

2017.05.10 Wednesday

 

大型連休の初日のことなんですが、こちらにキャンプを張っていました。

 

DSC06102.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/2500,F2.8,iso100】

 

対岸の新潟市 --- 間瀬海岸 --- と佐渡島が最短距離になる場所です。

鴻ノ瀬鼻と呼ばれるこの場所は、古くは越後から佐渡への上陸地点で、日蓮上人や世阿弥がここから上陸したと伝えられています。

現在は、松ケ崎ヒストリーパークとして資料館とフリーキャンプ場が整備されています。

大型連休や行楽シーズンにはたくさんのテントが張られています。

 

DSC06105.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/2500,F2.8,iso100】

 

実はこの連休の初日の朝、急に粟島行きを思い立ちました。

行程 --- というほどのものでもありませんが --- を組み、あとは船の時間に合わせて出発をする…という段階でした。

ところが、宿がまったく取れず、結局断念する羽目になってしまいました。(まぁ、当然っちゃあ、当然ですね)

ということで、せめて島内でもプチ旅行気分を味わいたいということで、午後からのバーベキュー&キャンプを選択したわけです。

 

DSC06108.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/2000,F2.8,iso100】

 

テントサイトには10ほどのテントが張られていました。

すれ違う方は皆さん、笑顔で挨拶を交わしてくれます。

そしてお客さん同士の「お久しぶり」というような会話も聞こえてきました。

さらに、地元のおかあさんと思しき方が差し入れ(おみやげ??)をするような姿も見られました。

 

炊事棟もトイレもキレイに使用されています。

所謂“常連さん”の集う場所という感もありますが、ここを訪れる方、そして迎える方同志のこうした交流がこのキャンプ場の魅力なんだと思います。

炊事棟もトイレもキャプサイトも、ゴミひとつ落ちていません。

 

DSC06114.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/200,F2.8,iso100】

 

こちら、既にほろ酔い加減の頃です。

日中よりテントが2〜3張り増えていました。

ここを拠点として佐渡を満喫していらっしゃる方や、あちこちを移動しながらこの日にこの場所へ来た方など、色々と思います。

 

DSC06115.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/400,F2.8,iso100】

 

日が暮れると、ギターの弾き語りが聴こえて来たりしていました。

皆さまがそれぞれに、周囲に一定の配慮をしながら楽しい時間を過ごしていました。(…と思います)

 

DSC06117.JPG

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/400,F2.8,iso100】

 

夜になって笛の音や太鼓の音が聴こえてきました。

「お祭りが近いのかな??」なんてことを思いながら、私たちと言えば買い過ぎたお肉を必死で消化することに精一杯になっていました…。

「慣れないことはするもんじゃないな…」なんて思いながらも、新しい楽しみ方を味わいながら、島内プチ旅行の夜は更けていきました。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:つぶやき。

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL