<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

上ノ平湿原へ I

2017.05.16 Tuesday

 

もうずっとずっと長いこと行きたくて行きたくて、でもなかなか行けないでいる場所がありました。

 

DSC06432.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F11,iso100】

 

両津港から内海府海岸を北上し、目的地への導入となる林道の入口に立ったのは5月5日の朝8時です。

 

DSC06369.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/640,F2,iso100】

 

林道入口には「上ノ平自然環境保護地域」の看板が立っています。

 

DSC06371.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/640,F2,iso100】

 

今から7年半前の2009年12月12日に「幻のエコツアー」という記事がアップされています。

この記事に登場する湿原が、今回目指した「上ノ平湿原」です。

私がずっとずっと行きたかった場所です。

 

DSC06382.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso100】

 

その記事にも記載してありますが、私が上ノ平湿原を訪れたのは記事からさらに遡ること5年前になります。

なので、今回の訪問は実に12年ぶりということになります。

 

DSC06383.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso100】

 

こちらのルートについては、その後1度だけ足を踏み入れたことがありました。

 

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso100】

 

それは2013年のことですが、その時は上ノ平湿原をかすめて通り過ぎるという残念な結果に終わっています。

(団体行動だったため、いつものような身勝手な行動は憚られましたので…)

 

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso100】

 

12年前に見た上ノ平湿原をもう1度凝視したいということと、上ノ平湿原にあった高層湿原性浮島の大きさを確認したいというのが目的でした。

(浮島に見えたんですが…)

 

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso100】

 

高層湿原性浮島といえば、大佐渡スカイライン沿いの「乙和池」が有名ですよね。

“日本最大級の高層湿原性浮島”と言われています。

12年前に見たところ、上ノ平湿原の高層湿原性浮島は乙和池の浮島をしのぐサイズに見えたため、非常に印象に残っていました。

 

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso100】

 

道中の要所要所は断片的に記憶しているんですが、目的地への所用時間は1時間だったか2時間だったか…。

分岐点は2箇所くらいしかなかったハズなので、迷うことがなければ2時間程度で辿り着けるだろうと踏んでいました。

 

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso100】

 

記憶よりずっと山の奥深くまで続いていた林道を車で進めるところまで進みました。

そこからは、はやる気持ちを抑えながら、山野草を眺めながら足を進めました。

 

DSC06395.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/4000,F2,iso100】

 

視界が開けました。

向かって左側は金剛山(962m)、中央奥は雪畑山(1,002m)、その右側が檀徳山(905m)です。(すべて推測ですが)

 

DSC06397.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso100】

 

だいたいこんな道で、こんな感じが続いていて、やがて最初の分岐点…という記憶をもとに足を進めていました。

 

DSC06401.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso100】

 

そして、記憶よりも若干早く最初の分岐点に到着しました。

 

DSC06403.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso100】

 

DSC06405.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1250,F2,iso100】

 

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso100】

 

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1000,F2,iso100】

 

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1250,F2,iso100】

 

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso100】

 

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso100】

 

DSC06425.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso100】

 

DSC06428 (1).JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1000,F2,iso100】

 

途中、ルートが水路と化している部分がありますが、そちらは記憶どおりです。

ここまでの道のりはずっと水の流れと共にしてきました。

ある時は道と並走して流れていたり、ある時は地中に潜り込んだりと。

もう少し行ったところで1本の川に合流しますが、たぶん、そこから麓の田んぼへと水を引く水路があるんだと思います。

雪割草や福寿草を見つけ「まだ咲いていたんだ」と、涼風にも似たような感慨を覚えながらさらに先へと進みます。

 

DSC06431 (1).JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1000,F2,iso100】

 

やがていちばん見覚えのある光景に辿り着きました。

源流部へと降りるための梯子です。

当時はもっと斜面に“架かっている”という感じでしたが、既に“埋もれて”いました。

ここへ来て斜面の崩落や倒木など、山が荒れている印象でした。

 

DSC06436 (1).JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/320,F16,iso100】

 

川辺の岩に腰を掛け、ホッと一息です。

ここまでの道中はほぼイメージどおりに運んできました。

少し気がかりだったのは、ここから先の道中の記憶が不明瞭だったことです。

 

DSC06439.JPG

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F11,iso200】

 

まぁ、進む方向は限られていますから大して迷うことはありませんでしたが、一瞬だけ道を踏み外してしまいました。

道はしっかりと続いているんですが、川べりから先を見上げた時にその踏み跡を見つけることができませんでした。

少しだけおかしな斜面へ踏み込み、しばし迷走したのち、斜面の下に続いている道を見つけることができました。

全行程としては2/3程度に差し掛かっていました。

ここからは、これまでの平坦な道のりではなく、一気に斜面を上がることになります。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:カメラ

 

#上ノ平湿原 #上の平湿原 #北松ケ崎

関連する記事
コメント
高層湿原性浮島といえば、大佐渡スカイライン沿いの「乙和池」が有名ですよね。

華さんいつもありがとうございます。
佐渡は日本最大の島ですが、“浮島”まで日本最大級なのですね。
エコツアーガイドの記事閲覧しました。
18で島を出て、その後はお盆の時期帰省する程度で、佐渡の全容はしるよしも有りません。華さんのブログは勉強になります!!
カメラ家の好奇心と行動力には感服しますが、お気をつけて!!
三人展は残念ながら行けそうに有りませんが、、
ブログギャラリー展などお見せ頂ければ嬉しい限りです!!
大阪住まい高野

  • by 大阪住まい高野
  • 2017/05/17 12:44 PM
大阪住まい高野さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

おっしゃるとおり、高層湿原性浮島といえば「乙和池」ですね!
そして、佐渡の山に潜む池にまつわる「大蛇伝説」や「竜宮伝説」などなど(^^)

日本一おっきな島にある浮島も日本一という(^^)
乙和池にある看板には「日本最大級といわれている」とありますので、厳密ではないのかもしれません。
…が、ここは「日本一」という理解でよろしいかと思います(^^)

私も18で1度島を出ました。
大学の時に友人を連れて佐渡へ帰ったんですが、その時に自分が佐渡を何も知らないことに気づきました(^^;
毎年家族で佐渡一周旅行とかしてましたし、人よりは詳しいつもりでいたんですが…。
「特産品は?」「お土産は何があるの?」「金山以外の名所は?」「〜の由来は?」
などなど、何も答えられませんでした(^^;
25で佐渡へ戻った時も同様でした。

まぁ、当たり前といえば当たり前ですよね。
高校まで、家と学校の往復でしたし、総合学習で地域のことを学ぶ…というようなこともまだありませんでしたし。
今もまだまだ知らないことばかりですけどね(^^)
一生をかけて、佐渡のことを知って、佐渡すべてに足跡をつけたいと思っています!

ブログギャラリー展は、2人の先輩にも相談して考えてみたいと思います(^^)
よろしくお願いいたします!
  • by 華
  • 2017/05/20 8:30 PM
華さん!!
コメ返、興味深く読ませて頂きました。
18で佐渡を出て25でUターン。人生人模様。羨ましくもあります。
ブログギャラリー展。。
マジッすか!! あ〜ざすっ!!(孫〜中1生なら間違いなくこう言います!)
ご無理でなければ、いつの日かに!!楽しみにお待ちしています。
いつもありがとうございます。
  • by 大阪住まい高野
  • 2017/05/22 8:59 AM
大阪住まい高野 さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

ご期待に沿えるよう、色々と考えてみたいと思います!
よろしくお願いいたします(^^)
  • by 華
  • 2017/05/24 9:37 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL