<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Today

2017.05.18 Thursday

 

久しぶりに相川湾の夕陽を見ました。

 

DSC06754.JPG

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/640,F11,iso100】

 

水平線の上にギラギラと光る夕陽。

その右下には、いつもどおり「一里島灯台」が鎮座しています。

 

DSC06759.JPG

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/400,F11,iso100】

 

夕陽もさることながら、この灯台の見える風景…。

私にとっての“ランドマーク”というか何というか…。

 

幼稚園児の頃は、それこそ毎日海へ遊びに行っていました。

友達とひたすら海へ大きな石を投げ込み、水柱を花火に見立てて喜んでいました。

当然、視線の先にはいつもこの灯台がありましたし、相川の海と言えばこの灯台の存在抜きには考えられません。

10数年前に佐渡へ帰って来た時も、変わらぬこの灯台の風景に不思議な安心感を覚えたものです。

 

DSC06612.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F11,iso100】

 

私が車を停めて写真を撮っていると、1台の車がやってきて私の車の前に停まりました。

みなさん、車から降りてきて「キレイな夕陽」とカメラを構えていらっしゃいました。

 

DSC06761.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso100】

 

その後、立ち寄ったのは「京町通り」です。

 

DSC06763.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso100】

 

そういえば、今年ももうすぐ「京町音頭流し〜宵乃舞〜」ですね。

今年は6月3日〜4日が開催日です。

 

DSC06765.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso100】

 

時鐘楼の前から海に沈む夕陽を見下ろそうと思ったんですが…。

夕陽が沈むのはもっと北寄りの海だったようです。

せめてこの絵の中にも灯台は入れたかったんですが、なかなか意図しないものがたくさん入り込んでしまうもんですから…。

難しいですね。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

関連する記事
コメント
おはようございます。
今日も良い天気ですね。凪も良いし。綺麗な夕日が見られるんじゃないですか。
先日、田植えの時に親戚からもらった米とワカメが届きました。さっそく食いました。
生活がかかっているので帰るわけにはいかないので、せめて、と思ってます。
これからは、カンゾウですね。トビウオも獲れるようになってきますね。
  • by 加平
  • 2017/05/19 7:37 AM
華さん!
おはようございます。
一里島灯台の見える風景・・・毎日眺めていた景色です。素晴らしく、懐かしいです。。
PCの背景画面模様替えしました。
私にとって、今となっては“マインドマーク”という感じでしょうか…。
いつもありがとうございます。
  • by 大阪住まい高野
  • 2017/05/19 8:35 AM
華さん おはようございます^^先日は勇気をだしコメントさせてもらって本当によかったです。
お返事を読ませていただいて大変あつかましいですが、遠い佐渡に行ってもひとりじゃない感がわいてきて(笑)ぐんと夢に近づいたように思えてとても嬉しいです(^^)
実は一昨年 父の代理でジェットフォイルに乗って渡島し佐渡在住の叔父の家を訪問して短時間で帰ってきました。その直前に調べていて佐和田海水浴場近くの松林が無くなっていることを知り寂しく思いました。昔、夏休みに滞在中は毎日のように佐和田海水浴場で遊びました。国道の新潟交通佐渡辺りから民家の間を抜け 松林を通り過ぎると真っ青な空と海とさらさらの砂浜が広がっていたのです。その風景がよほど印象深かったのか あの松林は後々何度も夢に出てきました。大人になってからも・・・。
祖母も女手ひとつで5人の子供を育てあげた厳しい人で
父の実家に着いた時には「遠いとこからよぉ来ておくれだ」と言って喜んでくれましたが
滞在中はなぜかよく叱られていて 私が最初に覚えた佐渡弁は「だちかんちゃ!」だったという…(笑)
佐渡は知らないところがたくさんあるのでもし移住出来ましたら職を探して合間にはのんびりとあちこちを訪れて写真を撮りたいなぁ…と思っていますが、その夢はまだまだ叶いそうもないのでまずは観光で伺いたいという思いが日に日に募っています。

公共の乗物が嫌いな父は10年ぶりの8年前、これが最後になると覚悟し78歳の時に大阪から単身で車を運転し帰省しました。叔父の転居先を目指し佐渡ヶ島に到着した日が、すごい確率でトライアスロン大会の当日だったようで「新しい道もよぉわからんし、あちこち通行止めでえらいめにおぉた」と言うてました。
今回も「一緒に行く?」と一応声をかけてみましたが・・・。
佐渡はこれからの季節は明るく活気づいて賑やかになりますね。
静かになる頃に短くても1週間は滞在したいと思っております。
次回はのんびりと、ときわ丸に乗って佐渡おけさを聴くことが出来たら嬉しいです!(^^)!
長文になり申し訳ありません。
  • by かえ
  • 2017/05/20 8:55 AM
こんにちは
海の色が「WE AND THE SEA」を連想してしまいました。アルバムのジャケット写真です。
なんか好きなんですよね、暖かそうで。
国仲の実家では夕陽が森の向こうに沈んでましたが、その先がこの風景なんだと思うと面白いです。

  • by yukiko
  • 2017/05/20 1:13 PM
加平さん、こんにちは!
いつもありがとうございます(^^)

このところずっと良いお天気が続いてまして、
そのせいか(?)タケノコがあまり採れないなんてことを耳にしています(^^;

ワカメは海府のワカメが美味しいですよね♪
好みということもあるんでしょうけど、前浜の方で採れる柔らかいワカメより
私は海府の噛みごたえのあるワカメが好きです!
加平さんにとってはソウルフードでもありましょう。
体に佐渡の元気を注入してください(^^)

カンゾウもポツポツと咲き始めました☆
今週末は大野亀にキャンプでも張ろうかと思ってます!
飛び魚も市場に出回るようになったようです(^^)
  • by 華
  • 2017/05/24 1:00 PM
大阪住まい高野さん、こんにちは!
いつもありがとうございます(^^)

おぉ!
高野さんにとっても、この灯台はランドマークでしたか(^^)
私は今も毎日通勤途中でこの海を見ますが、やっぱりこの灯台あっての相川湾と思ってます!

幼少の頃、近所に転勤で来た一家がありまして、非常に仲良くさせていただいていました。
(姉弟が同い年同志ということもありましたし)
今もたまに連絡を取ったりするんですが、その方も「あの灯台の風景」と今も目に焼き付いていらっしゃるそうです(^^)

何にせよ、同じように感じてくださる方がいらっしゃって嬉しいです(^^)
  • by 華
  • 2017/05/24 1:04 PM
かえさん、こんにちは!
コメントありがとうございます(^^)

夢にまで見られたという松林の風景…。
私の瞼にも浮かんできそうな光景です☆

私が小学生の頃 --- 20年くらい前 --- 、毎週土曜日に佐和田の耳鼻科に通っていました。
新潟交通のバス営業所より2〜300mくらい相川寄りのあたりです。
待合時間、耳鼻科の脇の道を進むとそこが松林になっていて、よく遊んだ記憶があります。
きっと昔はもっと広々とした松林だったと思うんですが、その松林は今も残っています。

それから、レストラン・ラ・プラージュ --- 昔のシルバー・ビレッジの跡 --- の浜側にも若干の松林が残っています。
今は佐和田の海岸線にも立派なバイパス道路ができてしまい、当時の印象とはずいぶん違うと思いますが、砂浜の海岸線は健在です☆
とはいえ、かえさんの記憶に残るような広々とした…という印象はないかもしれませんが…。

松林を抜けて1本道路を挟むのと、松林を抜けてそのまま砂浜と海が広がっているのとでは全然違いますね(^^;
かえさんの記憶の景色を私も見てみたいです☆

「だちかん」は最もポピュラーな佐渡弁のひとつですね(笑)
その言葉を最初に覚えてしまうとは、さぞかし厳しい方だったんですね(^^;
お父様も御年78にして、よく車を飛ばしていらっしゃってくださいました!
トライアスロン大会に遭遇するとは、それもまた何かのご縁だったのかも知れませんね(^^)
(運転するのは本当に大変だったとお察しします)

G/Wの頃は相川の町も人通りがあったんですが、それを過ぎてしまってからは
休日でもひっそりとして人通りがない日があったりします…。
再来週はまた「宵乃舞」といったイベントがあったりするので、一時的に人が押し寄せそうですが
夏場まではのんびりした雰囲気が続くんじゃないかと思います。

いきなり移住して、職も探して…となると現実的には厳しいものがあるかと思います。
市の支援制度のようなものもあるようなので、もしご参考になれば…。

http://www.city.sado.niigata.jp/z_ot/u_i_turn/
「佐渡島 移住・定住 支援情報」

もしお時間がおありなようでしたら、やはり佐渡は1泊や2泊でなく、1週間くらい過ごしていただきたい島です(^^)
9月の稲刈りの時期が終わり、島が静けさを取り戻し、食べ物もおいしいような季節に遊びにきていただけたらと思います(^^)

お待ちしています!
  • by 華
  • 2017/05/24 1:29 PM
yukiko さん、こんにちは!
いつもありがとうございます(^^)

「WE AND THE SEA」のアルバムジャケット…。
1〜2枚目の写真のような海の色ですね(^^?
船やヨットが浮かんでいたら、今度は同じようなものを撮ってみますよ(^^)

私も夕方に国仲方面から相川方面へ向かう時は夕陽を2度楽しませてもらってます♪
海へ沈む夕陽はも素敵ですが、この季節、国仲平野の田んぼを黄金色に照らしながら
山へ沈む夕陽も素敵ですよね(^^)
  • by 華
  • 2017/05/24 1:33 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL