<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

7月7日、晴れ

2017.07.14 Friday

 

少し日数が経ちましたが…。

今年の七夕の日です。

 

DSC09454.JPG

【α99,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/100,F11,iso100】

 

いちいち細かく振り返ったわけではありませんが、過去に七夕が晴れた記憶はありません。

今年はしっかりと晴れました。

夕方過ぎになってから訪れたのは千畳敷(せんじょうじき)です。

 

DSC09461.JPG

【α99,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso100】

 

DSC09473.JPG

【α99,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/40,F5.6,iso100】

 

DSC09693.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso160】

 

ま、強力な“晴れ女”がお2人もいましたからね。

あまりに晴れが過ぎて、満月に近い月が煌々と照らすもんですから、天の川も霞んでしまいました。

 

DSC09713.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/6,F2.8,iso25600】

 

お食事のあとに向かったのは長手岬です。

 

DSC09734.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F2.8,iso25600】

 

この日の主役は“月”でした。

 

DSC09743.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F2.8,iso25600】

 

DSC09784.JPG

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/20,F2,iso25600】

 

DSC09816.JPG

【α7SII,Pentacon AV 80 F2.8,1/40,iso51200】

 

DSC09833.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/15,F2.8,iso25600】

 

長手岬へいらっしゃる方は、沖合いに広がるこの溶岩台地をご存知でしょうか??

(溶岩かどうかは知りませんが)

この時期の昼間に行くと干からびる恐れがあるので、早朝か夕方以降をお薦めいたします。

夜間ですと、1人で来るのは気味が悪いかもですが…。

 

DSC09836.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/15,F2.8,iso25600】

 

台地の向こうはストンと切れ落ちる海ですが、夕陽も星も月もとても近いところです。

この日は、月明かりに向かって影を追いかけて楽しみました。

 

DSC09851.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso51200】

 

DSC09870.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,0.4,F2.8,iso5000】

 

DSC09915.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso51200】

 

DSC09926.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso51200】

 

DSC09945.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso51200】

 

DSC09946.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso51200】

 

DSC09963.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso51200】

 

気がついたら、日付をとっくにまたいでいたくらいに…。

ここに掲載した写真は、まだ“見せられる”範囲のものです。

傍から見たら「良い大人が一体何を…。」と呆れるようなはしゃぎ方をしてしまいましたが、この素晴らしすぎるロケーションとメンバーで、

すっかり年齢のことも忘れてしまいました。

今更ながら、お腹を抱えるほど笑い転げるのがこれほど楽しいもんかと、改めて感じ入りました。

 

最近ではすっかり忘れがちだった、学生時代によく味わった「今、楽しい」という“あの感覚”

久し振りに思い出しました。

 

織姫様と彦星様におかれましては、せっかくの年1回の逢瀬の時間が騒がしいものであったこととお察し申し上げます。

…が、月明かりに遮られ、せめて人目には邪魔されなかったこととお慶び申し上げます。

 

これまでは、「七夕」と聞いても、晴れのイメージが沸くことはありませんでしたが、この夜を境に、今後「七夕」と見聞きするたび、

この日のこの絵を思い出すことになると思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:名所

 

関連する記事
コメント
華さん!!
ご無沙汰しています。
毎日お届け頂いている”今佐渡”を欠かさず楽しみに拝見しています。ありがとうございます。
華さんの手による景色は、田舎なのにどこか都会的で、フレームの中に田舎の匂いがしません。
勿論良い意味で、です!
七夕の夜に浮かんだとお月さまと美女お二人のシルエットが抒情的で、素敵です。。

  • by 大阪住まい高野
  • 2017/07/15 1:01 PM
大阪住まい高野 さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

毎日暑い日が続きますが、お変わりございませんでしょうか(^^?
お褒めのお言葉 --- と理解しております --- をいただきありがとうございます!
都会的だなんて言っていただけると、嬉しいですね(^^)
案外、佐渡が都会なのかもしれませんが(笑)

七夕の日は滅多ない快晴に恵まれました☆
美女に囲まれて素敵な時間を過ごさせていただきました(^^)
ここに載せられないようなお恥ずかしい写真の数々はとてもお見せできませんが(^^;
  • by 華
  • 2017/07/17 10:12 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL