<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

赤ち〇ちん

2017.10.12 Thursday

 

先日、お久しぶりのお店へと足を運ぶ機会を得ました。

 

DSC00544.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F5.6,iso100】

 

場所は北田野浦(Kitatanoura)です。

その名も高き「男と女のヘアーサロン アラキ」

 

…ではなくて。

(こちらでも1度散髪してみたいんですが、生憎、まだそこまで髪が伸びておらず…)

 

 

DSC00545.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F5.6,iso250】

 

そのお向かいにある「お食事処 赤ちょうちん」です。

 

このお店へ初めて足を運んだのはいつのことだったか…。

記憶はまったくありませんが、大学生の頃には、お盆の帰省に合わせて必ず足を運ぶお店になっていました。

このお店でオーダーするのは「納豆ラーメン」と決まっています。

 

DSC00533.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F5.6,iso6400】

 

蒸し暑い日でした。

汗だくになることを覚悟でセルフのお冷をコップに2杯ほど注いでいました。

すると、、、

 

「こっちにしびてぇ(冷たい)お茶あるし飲めや」と…。

結果、コップを3つもお借りすることとなってしまいました。

 

DSC00535.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso2000】

 

「納豆ラーメンを」

「納豆切らしとる」

「…!」

 

ということで、普通のラーメンをいただくこととなってしまいました。

まぁ、少し悔しかったので大盛りにさせていただきましたが…。

前回来たのがいつだったか思い出せませんが、確かここ2回続けて納豆ラーメンにフラれ続けています。

 

お店を訪ねた時間がお昼を少し回っていたので売り切れてしまったんだろうと理解していました。

その上で「何時頃来たら納豆ラーメン食べられますか??」とお聞きしたところ「いつ来てもあるよ」と…。

「おい!」と心の中で突っ込みを入れつつ「じ、じゃぁ、また来てみますね」と…。

 

「これから買(こ)うてくるから、夕方また来いや」

「…!」

 

DSC00539.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F2.8,iso2000】

 

それでいて「こらぁ(これは)サービスだがさ。喰えや」

と、山で採れたであろうミョウガのサービスがあったりと、お客様への感謝は決して怠らないのがこのお店の流儀です。

 

「夜になると、もっと色んなサービスがあるんらろぅ!(あるよ)」

「…!」

 

DSC00540.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso2000】

 

「写真撮るんなら、これ撮ってくれぇっちゃ」

「あ、いーですね。赤ちょうちんのマッチですか」

 

DSC00541.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso2000】

 

マッチに向けて「パシャ」っとやっていると、マッチ越しに声が飛んできます。

「昼間は『赤ちょうちん』らけも、夜は『赤ち〇ちん』っちゅーんだわ。ヒャァッハッハッ」

「…!」

 

この間、当然のように”いつもの会話”も交わされていました。

 

「コショウ振ったか??」

「あ、そうですね。コショウ振ります(笑)」

「コショウ振るんらろ!腰を振るんらねぇろ!」(コショウを振るんだよ。腰を振るんじゃないよ)

「えぇ、腰は振らないです(笑)」

「ラーメン食べるのんに、腰を振るもんがあろうか! 『このスケベ野郎』って言われるろうっ!ヒャァッハッハッ」

 

DSC00546.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F5.6,iso400】


「暖簾、そろそろ変えんなんじゃないですか??」

「”赤”がのうて(無くて)、”ちんち〇”らねかさ。ちょうどえぇ(良い)がさ! ヒャアッハッハッ」

「…!」

 

いつもながらの楽しいお店です。

 

もうひとつ交わされた”いつもの会話”です。

「兄ちゃん、この店初めてか??」

「よく来ますよ(笑)」

「ほぅか!?(そうか?) いや〜、こんないい男見らせんもんしなぁ!(見ないからなぁ)」

「前もそう言われましたよ(笑)」

「ほぅか!? ヒャアッハッハッ」

 

まだまだ顔を覚えてもらうまでには行かないようです。

このお店の”夜の顔”を知るためにも、バァのお元気そうな顔を見るためにも、もっともっと足繁く通う必要がありそうです。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

関連する記事
コメント
同じく、未だ顔を覚えてもらっていない者です。
道は険しいのだ :)

ウチでは、ここの餃子がお気に入りで、行くたびにリクエスト。
でも在庫がなくて涙を飲むことがほとんど。

今度泊まりを含めて行ってみませんか?
  • by shirota
  • 2017/10/13 1:49 AM
華さん、こんにちわ!

赤ちょうちんと言うか、高千も懐かしい
のですが、何より佐渡弁と言うか、
相川弁がとても懐かしいです。

勿論、華さんの通訳無しで、全部分かり
ましたよ♪
  • by Hide Kun
  • 2017/10/13 9:12 AM
この方の次男は、小中学の同級生です。
  • by 加平
  • 2017/10/13 12:35 PM
shirota さん、おはようございます!
いつもありがとうございます(^^)

shirota さんでさえ顔を覚えてもらえていないとなると、
私なんかは相当努力しないと覚えてもらえそうにないですね(笑)

夜は1度だけ行ったことがあるんですが、それはイベントの打ち上げのような感じだったので
今度はじっくりと飲む感じで行ってみたいですね♪

是非、行きましょう!!
  • by 華
  • 2017/10/15 11:08 AM
Hide Kun さん、おはようございます!
いつもありがとうございます(^^)

高千や南部方面では、特に佐渡弁独特の暖かさがありますよね。
今回は、バァの言っていることがどうしてもわからない部分もあり、
まだまだ勉強不足ということを痛感させられました(笑)

ホントは余計な通訳とか付けず、ニュアンスでくみ取っていただきたいんですが(^^;
通訳無しでわかっていただけるなんて嬉しいです!
  • by 華
  • 2017/10/15 11:15 AM
加平さん、おはようございます!
いつもありがとうございます(^^)

おぉ!
またローカルな濃いネタが出てきましたね(^^)
世間はつくづく狭いもんですね♪
  • by 華
  • 2017/10/15 11:16 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL