<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

真野湾の朝

2018.01.19 Friday

 

先週あたりは大雪で大騒ぎをしていたと思うんですが、確か。

 

DSC06441.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F8,iso100】

 

波打ち際まで覆っていた雪も、道路の雪もすっかり消えました。

この2〜3日は気温も10℃近くまで上がり、むしろ「暑い」と思うくらいでした。

 

DSC06206.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/800,F8,iso100】

 

日中は荒天でも、朝方は晴れ間が覗くことが多いです。

この日も真野湾に眩しいばかりの朝日が照らしていました。

 

DSC06224.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/400,F8,iso100】

 

毎朝5〜10分早起きするだけで、真野湾の美しい海岸線を楽しむことができます。

いつもは波打ち際を散歩している人の姿があちこちにあって、逆光にシルエットを映しているんですが…。

今日は波打ち際に立っているのは自分1人だけだったようです。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

関連する記事
コメント
岩谷口の写真の手前の岩から船(小舟)が出ていたんですよ。みんな夏その岩から→大野亀に行きました。キャンプで
  • by 服部昌良
  • 2018/02/02 9:42 PM
小学校の時、その船で願の賽の河原に行きました。
しかし、半世紀も前の話ですよ。
  • by 加平
  • 2018/02/05 12:53 PM
服部昌良さん、こんばんは!
いつもたいへんお世話になっております(^^)

小舟は定期船だったんでしょうか??
まだ海府大橋が開通前でしょうか??
良からぬ妄想ばかりが膨らみます(笑)
  • by 華
  • 2018/02/08 9:48 PM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

海府大橋の開通が昭和45年。(確か…)
それ以前は、岩谷口より北の集落へは船でしか渡れなかったと聞いています。
定期船は鷲崎から出ていたようですが、岩谷口からも出ていたんでしょうか??
服部昌良さんのコメントですと、小型船だったということですが…。

私が生まれるより前のお2人のお話には、ロマンを感じます(^^)
  • by 華
  • 2018/02/08 9:50 PM
こんにちは。
こんな道路状況では、親父は石名から病院までは危険ですね。自分なんか経験が無いので、もっと危ないですね。
岩谷口からの船ですが、奨学1年の夏休みの日記に書いたので、昭和41年です。磯ねぎ用の木造船(かんこ)では無く、漁船のような大きさだったと思いますが、定かではありません。
海府大橋が開通して、小学校の部落旅行(石名の小学生の夏休みの旅行)で大佐渡1周したような気がします。多分。
とにかく運転にはご注意下さい。
  • by 加平
  • 2018/02/09 1:28 PM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

おぉ☆
岩谷口発の船は昭和41年ですか(^^)
しかも、夏休みの日記に残っているなんて、貴重な証言日記ですね!

漁船のような大きな船ですか…。
あちこち証言を探してみようかと思います(^^)
佐渡の色々な文献を探してみたら、出てくるかもしれません♪

部落旅行の大佐渡1周は、バスですよね??
あの大ザレ渓谷を見たら、昔は橋がかかるなんて誰も思わなかったんでしょうね…。
  • by 華
  • 2018/02/20 11:01 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL