<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

敬虔に、厳粛に III

2018.02.25 Sunday

 

両津港を一望できる岸壁に立っていました。

 

DSC08091.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/2500,F2.8,iso100】

 

カーフェリーやジェットフォイルの入出港時間と重なったら…なんて思っていたんですが、停泊している船もなくただただ静寂でした。

…と、そんな静寂の岩壁で足元に目を移すと、水溜まりに何かが跳ねています。

 

DSC08086.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/1000,F2.8,iso100】

 

水溜まりに打ち上げられていたのはフグでした。

波で打ち上ったとは考えにくいですから、きっと釣り客の方が忘れてしまったのか捨ててしまったのか…。

とにかく、浅い水溜まりの中でもがいていました。

 

良いのか悪いのかはわかりませんが、とにかく水たまりから救い出すと、岩壁から海へ放って差し上げました。

「救い出す」とは書きましたが「傘を使って転がして海へ落とした」と言えなくもありません。

海へ着水したあと、元気に泳いで姿を消しました…と思い込みたいです。

なんとなく、元気なく沈んで行ったようにも見えなくもありませんでした。

 

DSC08095.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/2500,F3.2,iso100】

 

という訳で、何となく懺悔したい衝動にかられたもんですから、やって来たのはカトリック佐渡教会です。

 

DSC08099.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/160,F2.8,iso1000】

 

DSC08101.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/160,F2.8,iso1000】

 

DSC08105.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/160,F2.8,iso1000】

 

DSC08108.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/160,F2.8,iso1000】

 

お寺の本堂なんかもそうですけど、こういうところに来て目を閉じてみるだけで頭の奥から「シーン」という音がしてくるようで、

それだけで敬虔で厳粛な面持ちになってしまう --- と思い込んでるだけかもしれませんが --- から不思議なものです。

何となく日頃から身体にためこんでいる --- のかどうかわかりませんけど --- 憑き物や腫れ物が少しだけ浄化された気がしてきます。

 

DSC00280.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/400,F6.3,iso100】

 

帰路の加茂湖畔です。

沖合の筏で作業をしているのは、きっと私の知っている人なんだろうと思います。

こちらで潮の香りみ満ちた冷風を浴びて、もう1度体を浄化しました。

 

岸壁でのフグとの出会いに加え、たまたま観た湊かなえさん原作の映画「贖罪」が私の足を教会へと運ばせたのかも知れません。

この日の”懺悔”が実を結ぶか否かについては、後日やってくるであろう「フグの恩返し」を待って判断してみたいと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:名所

関連する記事
コメント
おはようございます。
毎日、佐渡の景色を見ていますが、寒い寒いとは言っても、雪も融けて、晴れたら何となく春めいて見えますよね。
よく釣りしましたけど、ふぐ(「ちんぷく」と呼んでいましたが)は、鋭い歯でハリスを切ってしまうので、膨らませて岩に叩きつけたりして、メチャクチャやってました。そのうちにバチが当たるかも知れません。もう当たってるのかなぁ?
華さんにはふぐが恩返しに来ますよ。
  • by 加平
  • 2018/02/27 7:41 AM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

おっしゃるとおり、少しずつ春めいて来ていると思います!
私の心がまったく晴れないため、その点について写真からまったくお伝えできていないのかも知れません(^^;

あの大寒波の影響で、寒さに対して通常以上のアレルギー反応を起こしているのかも知れませんね…。
寒い寒いとは言っても、もうそんなに寒いという事はないハズです(笑)

私の釣り人生なんてたかが知れていますが、フグを釣って持ち帰った記憶はありません(笑)
もっとも、食用になりそうなフグを釣った記憶もありません。
「ちんぷく」という呼び名も知りませんでした(^^;

ずいぶん前の爆弾低気圧の時に、
打ち上げられたフグがカチカチに固まって息絶えている姿を見つけたことがあります。
その無念そうな(?)表情を思い出してしまって、水溜まりでもがいているフグを見捨てることができませんでした(^^;

今回のフグにつきましては、海に沈んで行ったようにも見えましたし、
泳いで逃げて行ったようにも見えました(^^;

恩返しか仕返しか…。
外を歩く時は気をつけたいと思います(笑)
  • by 華
  • 2018/03/01 12:13 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL