<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

青く冷たく美しく

2018.04.10 Tuesday

 

4月に入って寒さがぶり返していました。

それなのに、調子に乗って薄着でいた挙句、調子に乗ってお酒を飲み過ぎて車中泊なんぞしたもんですから、風邪をひいてしまいました。

 

DSC09633.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F11,iso100】

 

それでいて、自宅でじっとはしていられない性分なもので、冷たい風の吹きつける海岸線へと降り立ってみました。

 

DSC09634.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F11,iso100】

 

DSC09635.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F11,iso100】

 

DSC09639.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F11,iso100】

 

冷たい風が寒さを通り過ぎて心地よく、黒々とした海に黒々とした青い空です。

 

DSC09649.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1600,F11,iso100】

 

続いて「大間港(Ōma-kō Port)」です。 

 

DSC09660.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/800,F11,iso100】

 

空模様がくるくると変わる1日でした。

 

DSC09665.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/800,F11,iso100】

 

午前中には雪も降りました。

先ほどの海岸線からこの大間港までは車で約2分です。

あれほど黒いほどに青かった空が一気に曇り、ここへ着いた時には激しい雨になっていました。

…が、雨を降らす雲の向こう側には再び青空が向かっていることはわかっていたので、しばし車で待機しました。

 

DSC09682.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/800,F11,iso100】

 

…で、今度はこの青空です。

 

DSC09698.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/400,F11,iso100】

 

少しだけUターンして、今度は「千畳敷(Senjō-jiki)」へやって来ました。

 

DSC09715.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/400,F11,iso100】

 

DSC09718.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/800,F11,iso100】

 

2本の観月橋を渡り、沖合へと突き出た1枚岩(=千畳敷)へと向かいます。

 

DSC09724.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/800,F11,iso100】

 

こちら、沖合の1枚岩は波に飲み込まれていました。

時折大きな波が来ては護岸を飛び越えていました。

そんなことは知らぬが仏です。

たまたま波の弱いタイミングで護岸を渡っていました。

 

DSC09725.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/800,F11,iso100】

 

まぁ、何度も書いていますが…。

 

ここも小さな頃からの遊び場所でした。

夏になれば泳ぎに来たのはもちろんですが、冬の時化の日を待って、波間に浮き沈みする遊歩道を渡って遊んでいました。

そして --- 結局ずぶ濡れになることが分かっていて --- 護岸の上で波を待って、

大きな波が護岸に打ち上る瞬間に逃げる --- そして、間に合わない ---というようなことを繰り返していました。

 

1度、この1枚岩に自転車で乗り込んだことがあったんですが、貝殻か何かを踏んづけたようで、あっという間にパンクしてしまいました。

 

DSC09729.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F11,iso100】

 

順光の方角を振り返ると、今度は海の透明さが際立ちます。

ご覧のように、遊歩道は海面から数10センチのところを通っています。

もう少し波が高ければすぐに水没してしまいます。

前述のとおり、そんな日にこの遊歩道を走り抜けるのがなんとスリリングで楽しかったことか…。

 

DSC08997.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/8000,F2,iso100】

 

DSC09733.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1250,F5.6,iso100】

 

波と風の”吹き溜まり”です。

この泡が風に舞うと、世に言う「波の花」となります。

 

冬場、波の花を見て喜んでいらっしゃる方をよく見かけますが…。

夢も希望も無いようなことを書きます。

触ると臭いです。

そして車にくっついたまま放っておくと、サビます。

ご参考までに…。

 

DSC09738.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/500,F11,iso100】

 

DSC09741.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/500,F11,iso100】

 

青い海に青い空が好きです。

真っ青で雲1つない…というのも悪くはありません。

…が、この日のように、海にも空にも動きがあってなおかつ青い。

最高ですね。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:名所

関連する記事
コメント
ご無沙汰です
相変わらずαの碧は最高ですね♪
α7系キャッシュバックやってますね…
困ったな。。。
おはようございます。
帰省の高速バスは、往復で予約しました。家を6時に出て、佐渡に着くのが18:30、実家には8時過ぎ。時間的には長旅です。呑まなきゃやってられません。
その昔、浪の花は洗剤の使いすぎだと友達が言っていました。大気汚染、水質汚染の酷い頃でした。
波をかいくぐるのは、冒険でしたね。
  • by 加平
  • 2018/04/11 7:24 AM
メタボ歴4年さん、こんばんは!
たいへんご無沙汰しておします!
いつもありがとうございます(^^)

「The α Blue」ですね☆
この黒々とした青こそが真骨頂と思っています(^^)

マウントをAからEに移行しようかと考えています…。
どうしても2台は欲しいもんですから、α9系とα7S系で…。
レンズも、Gレンズの超広角から望遠までの3本に絞ろうかな…と。

まぁ、今すぐにという話ではありませんが。
いずれにせよ、すぐにどうこうできるハズもありませんが(^^;
  • by 華
  • 2018/04/15 10:49 PM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

4月も半ばですね。
G/Wに向けて、郵送機関も宿泊施設も既に予約でパンパンなんでしょうね(^^)

東京にいた頃、盆と正月に帰省した頃のことを思い出しましたよ。
私もひたすら高速バスでした。
陸路だけならまだしも、海上の移動を挟んでしまうので、どうしても時間がかかりますよね(^^;
いつも凪という訳でもないですし(汗)

気をつけてお帰りくださいね♪
もしなら、関越トンネルを過ぎたら、土樽駅と毛渡沢橋梁を探してみてください(^^)

波の花は、今もスリル満点にかいくぐっていますよ(^^)
蛇行運転です…。
  • by 華
  • 2018/04/15 10:58 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL