<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

桜の坂

2018.04.12 Thursday

 

先日もお伝えしました”門前の桜”です。

 

DSC09748.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,2.5,F2.8,iso400】

 

ほぼ満開です。

相川の町中では、もっとも早く咲く桜ではないかと思います。

 

DSC09747.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,30,F5.6,iso100】

 

正面の奥に門が見えますが、そちらが大安寺(Daian-ji Temple)です。

 

DSC09749.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F11,iso500】

 

「生家」なんて言うのは仰々しい感じがしますが、私の生家はこの界隈です。

なので、今もここを通るたび色々な思いが頭の中を過らないことがありません。

 

角のお家はAさん。

優しいおばあちゃんが住んでいました。

そのお隣は幼馴染のM実ちゃんのお家でした。

カメラの真後ろは、3つか4つくらい年上のJ君のお家でした。

 

「目をつぶっても歩ける」

1度、酔っぱらって帰る道中、そんなバカげたことを実行に移したところ、見事に塀に額を直撃させたことがありました。

でも、それくらい色んな風景が思い描ける場所です。

 

DSC09750.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F5.6,iso800】

 

”門前”の道は”上町”へと続いています。

そこには桜のトンネルがあります。

こちらも小さい頃から見慣れていた風景です。

 

石垣の上には門のある立派な”屋敷”があります。

私たち姉弟はある時、兼ねてより興味津々だったこちらの”屋敷”へ潜入することに成功しました。

優しいおばあちゃんが対応してくれました。

家に上げてくれ、TVで「キン肉マン」を観ました。

日曜日の午前中でした。

 

池があって、鯉か何かいたと思います。

散々荒らしまわって遊ぶ私たちにお菓子を出してくれたりと、とても優しいおばあちゃんでした。

35年くらい前の記憶です。

 

DSC09751.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,30,F5.6,iso3200】

 

鉱山祭の最終日。

上町にあった祖父母の家に集結していた私たち従妹5人は、花火大会に間に合うよう、下町へと急いでいました。

桜のトンネルの少し上に、相川湾を一望できるスポットがあるんですが、そこを通りがかった時、花火が1発打ち上りました。

花火大会の開始まではまだ時間があったハズでしたが、急いで坂道を走って下りた記憶があります。

 

通るたび、新しくなることはなくても、いつまでも色褪せない記憶が蘇る場所です。

そんな場所に今年も桜が咲きました。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:SONY

コメント
華さん!!
ご無沙汰しています。
この界隈は、年に一度お盆に帰省してお墓参りに行くとき必ず通ったところでとても懐かしいです。。
今年は佐渡も桜の開花が早いんでしょうか?
4月2日、奈良の吉野山に初めて桜を見に行っていました。吉野山の開花も例年より、一週間程度早かったようです。
  • by 大阪住まい高野
  • 2018/04/15 2:52 PM
大阪住まい高野 さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)
リコメントが遅くて申し訳ございませんm(_ _)m

おぉ!
この界隈の風景をご存知でいただけるとは、私も嬉しいです(^^)
小さい頃に住んでいた場所ですので、今も通りがかるたび、不思議な感慨に襲われる場所です☆

今年は佐渡の桜もとても早かったように思います。
毎年あっという間の季節ですが、今年は見ごろを逸してしまったこともあり、
まったく桜を楽しめませんでした…。

吉野山の桜ですね☆
「死ぬまでに行きたい」リストに書き込みたい場所の1つです(^^)
いつか、桜前線とともに北上するという、壮大な旅を実現させたいものです(^^)
  • by 華
  • 2018/04/28 10:10 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL