<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「三崎そば」美味

2018.05.16 Wednesday

 

八幡(Yahata)の「三崎(Misaki)そば」さんです。

 

DSC02426.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso200】

 

藤の花が咲き誇る季節もそろそろお終いですね…。

 

DSC02435.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F2.8,iso400】

 

事あるごとに「行こう」と言いながら、新学期(新年度)に入って最初の訪問でした。(…と思います)

こちらのお蕎麦の美味しさにハートを掴まれてしまい、それまで通っていたお店への足が遠のいてしまいました。

まぁ、好みの問題ということもありましょうから、適正かつ相対的に”良し悪し”というような判断は出来ませんけれど、これはこれで事実です。

 

DSC02433.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F2.8,iso400】

 

個人的には太麺が好きですが、こちらの麺は非常に細いです。

しかし、この歯ごたえが好きです。

細いけれども、確かな歯ごたえがあります。

 

この日は、お店をお邪魔した時間が13時を過ぎていました。

ひとしきり、お客さんの波は終えたところだったんでしょう。

ご主人お1人での営業です。

大盛りを2つ頼んだところで「…時間がかかりますが、よろしいでしょうか??」と。

時間がかかるのは当たり前と思っているので、大歓迎でした。

 

お蕎麦にありつけたのはお店に入ってから30分後のことでした。

その間も --- 多分、ご主人にとっては予期しない数の --- 来店者が多数いらっしゃいました。

私たちがお蕎麦をすすっている間も、通路を隔てた作業室からは”石臼”を挽く音が聞こえてきました。

 

初めてこのお店に来た時に、ご主人のご友人と思しき方がおっしゃっていた「丁寧なんだよ」という言葉を思い出しました。

その丁寧なお仕事ぶりにハートを掴まされ、待ち時間なんぞは「当たり前」と思っていました。

私たちの後に来店された方も、石臼の音を聞きながら、そんな時間をも楽しみに変えていらっしゃったんじゃないかと勝手に思っています。

 

お蕎麦屋さんって昔はもっと身近な感じがしたんですが、最近は少し敷居が高い気がしています。

だからと言って、蕎麦好きな私としては臆面もなく立ち向かう訳ですが…。

「要予約」のお店は多いです。

”こだわり”と比例している部分は大きいかと思います。

もちろんお店としては利益を上げることが第1ですから、そこは理解します。

しかし --- 消費者の側から勝手を言わせて頂ければ --- 「要予約」は勝手が悪いです。

しかし --- だからこそ --- 待ち時間には寛容である必要があると思っています。

お店は最善のサービスを提供するために時間を要している訳ですから。

 

googlemapを見ると、こちらのお店の電話番号(携帯番号)が掲載されています。

お店にも同様の表示がありますが、違う点は「出来れば予約してください」との記載があることです。

美味しいお蕎麦 --- に限らずですが --- を食べたいと思ったら、ケツの時間なぞ想定しないことです。

極論ですが「いつまでも出来上がりを待つよ」という心持で来店いただけたらと思います。

こちら「三崎そば」さんは、そんなお店と思っています。

 

 

 

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL