<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

あの頃

2018.08.30 Thursday

 

クルクルパーになるまで飲んで、最終のバスで相川へ帰って来ました。

 

DSC01750.jpg

【α7SII,LA-EA4,50mm F1.4,1/20,F2.8,iso5000】

 

相川三丁目町です。

小学生の頃、この界隈に住んでいたことがありました。

 

DSC01752.jpg

【α7SII,LA-EA4,50mm F1.4,1/20,F2.8,iso5000】

 

狭い界隈に、車の整備工場、鮮魚店、旅館(2軒)、味噌蔵、書店、クラブ(って言うんでしょうか…)、煙草屋、パーマ屋、、、色々ありました。

夏になると、観光客の方が浴衣姿で下駄を鳴らして歩いていました。

現存しているのは、クラブとパーマ屋くらいでしょうか…。

 

その当時は、佐渡への観光客数が100万人もいた頃です。

人も多かったですし、ホテルもどんどん増築していたような頃です。

 

DSC01756.jpg

【α7SII,LA-EA4,50mm F1.4,1/10,F2.8,iso6400】

 

三丁目からゆっくりゆっくりと歩き、二丁目、一丁目(天領通り)を経て羽田商店街へと差し掛かります。

相川の中心地にあるカフェ・ド・カトレアです。

昔はこの向かいに"バス会社"があって、交通の拠点となっていました。

レトロな雰囲気の建物でした。

 

DSC01758.jpg

【α7SII,LA-EA4,50mm F1.4,1/10,F2.8,iso6400】

 

カフェ・ド・カトレアから続く羽田商店街です。

7〜8月にはお祭りが多いということもあり、提灯のゲートが続いていました。

この日、提灯ゲートも無くなっていることに気づきました。

夏も終わり、また静けさが戻って来ています。

 

私のようにたかだか40年しか生きていないような人間ですが、またに思います。

「結構遠くまで歩いて来たのかな…」と。

いつまでも変わらず続くと思っていた色々が、今は全然違う姿形となっています。

それぞれ、小さなスパンで色々な変化がありました。

ただそれを「40年間」といようような括りで振り返ると、ずいぶんと大きく変わったように感じます。

そして、"あの頃"からずいぶんと遠くへ来たような気がしてしまいます。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:SONY

関連する記事
コメント
おはようございます。
中学校までは、相川に出るのは一大イベントでした。参考書を買いに行くと言って小遣いを貰い、一日過ごしました。買ったのは川嶋書店。お昼はいずみのラーメン。
相中に勤めていた頃は、富新で釣り道具を買ってましたよ。
あのバス会社、懐かしいですね。
  • by 加平
  • 2018/09/02 5:08 AM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

今と違って道も狭かったり、青にならない信号があったり…。
当時は外海府⇔相川はもっともっと遠かったんでしょうね(^^;

相川にもお店がたくさんありましたよね!
加平さんのおっしゃったお店の中で今も残っているのは富新さんだけですもんねぇ…。

あのバス会社は本当に懐かしいです☆
独特の匂いと雰囲気がありました。
バスの乗り口のところには改札みたいなのもありましたし、
2階の奥にあるトイレへと続く、きしむ廊下が思い出されます☆
  • by 華
  • 2018/09/03 10:14 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL