<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

30th ANNIVERSARY 佐度国際トライアスロン大会 III

2018.09.10 Monday

 

11時30分頃のメイン会場近く --- 河原田本町(Kawaharada Honmachi)商店街 --- です。

 

DSC08211.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/1250,F5.6,iso200】

 

Aタイムのスタートからは約5時間半、B/Rタイプ・日本選手権のスタートからは約4時間半が経過していました。

この頃には、B/Rタイプ・日本選手権の選手が続々とバイク競技を終えようとしているところでした。

 

DSC08212.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/1250,F5.6,iso200】

 

DSC08216.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/1250,F5.6,iso200】

 

DSC08217.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

DSC08218.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

DSC08219.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

DSC02103.jpg

【α7SII,LA-EA4,50mm F1.4,1/3200,F2,iso100】

 

商店街のアーケード通りを過ぎ、最後のこのコーナーを曲がると約100m先がバイク競技のフィニッシュです。

ここまで来ると、コース誘導員からは「減速」の指示が出ます。

それくらい、バイク競技のゴールは目と鼻の先です。

 

DSC02105.jpg

【α7SII,LA-EA4,50mm F1.4,1/3200,F2,iso100】

 

私もかつて何度かRタイプに出場させていただいたことがありました。

担当はバイクでした。

 

DSC08242.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

何故バイクを選択したかと言いますと「楽そうだから」という根拠のない思い込みでした。

 

DSC08246.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

"水泳"には自信がありました。

…というか、実績がありました。(小学生の頃の話ですが)

泳ごうと思えば、何キロでも泳げます。

 

DSC08254.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

しかし、トライアスロンのスイム競技については、

「まるで洗濯機の中を泳ぐようだ」

「身体の上を乗り越えて追い越される」

「選手は手を"グー"にして泳いでいる。殴り合いみたいなものだ」

といった、周りの方の体験談を聞くうちにヤル気が失せました。

 

DSC08255.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

"マラソン"については、私が最も嫌いな競技なので、最初から選択肢に入っていませんでした。

 

DSC08265.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

…とすれば、バイク競技しかありません。

小佐渡1周(=105km)くらいであれば、何とかなるだろう…と。

しかも、自転車なんだから…と。

 

DSC08273.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

まぁ、上位進出を狙うような感じでもなかったので、16時までに競技を終えれば良いという甘い甘い考えもありました。

しかし、参加経験のある方との試走にも何度か参加させていただき、漕ぎ方やらパンクの修理方法やら色々と教えていただきもしました。

 

DSC08287.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

特段、練習時間というようなものは設けませんでしたが、大会1ヶ月前からはバイク通勤を始めました。

距離は40km程度ではありましたが、毎日中山峠を往復するのはなかなかのトレーニングになったと思います。

 

DSC08302.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

まぁ、せめて「バトンをリレーできるだけの練習」です。

 

DSC08315.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

大会当日は、アドレナリンもたくさん出たと思いますが、何より背中を押してくれたのは沿道の皆さんの声援でした。

WSでの給水なんかも、とても有難かったですね。

 

DSC08324.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

こだわり --- というほどのものでは無いでしょうけれど --- は、決してバイクを降りないことでした。

トイレには寄らない --- 垂れ流しもしない --- こと。

WSでもバイクを降りないこと。

急な坂道だろうが何だろうが、絶対に漕ぎ続けること。

 

DSC08325.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

どれも当たり前のことでしょうけれど、競技中は絶対にバイクを降りることはしませんでした。

しかしまぁ、お尻とオ〇ン〇ンの間のところがあんなに痛くなるものことも、最初は思ってもいませんでした。

 

DSC08329.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F6.3,iso400】

 

DSC08332.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F6.3,iso400】

 

1度だけ、小木の長い長い坂道の最初のところで足が攣ってしまい「もうだめだ。降りよう」と思ったことがありました。

…が、まさにその瞬間、沿道にはお知り合いのおばちゃんの顔が…。

そして「ほれっ!! 華くん、もっと頑張れ頑張れっ!!」と。

 

DSC08335.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F6.3,iso400】

 

とにかくガムシャラにペダルを回し続けたところ、足の攣りもどこかへ飛んでいくという…。

何のことはありません。

スタミナ切れを恐れ、ずっと抑え気味に走り続けていたことがふくらはぎにストレスをかけていたようでした。

練習不足を如実に語る一場面であったと自負しているところです…。

 

DSC08343.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F6.3,iso400】

 

DSC08344.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F6.3,iso400】

 

DSC08345.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

…で、結局のところ何が言いたいのかと言いますと、、、

 

DSC08346.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F6.3,iso400】

 

長い長いバイクコースを走り抜け、いよいよこの商店街にやって来た時の安堵感といったら、他にありません。

「無事にランにリレーできる」と確信できるのも、ここへ帰って来た時です。

 

DSC08348.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F6.3,iso400】

 

沿道の皆さんの声援はもちろん、万国旗のトンネルやメイン会場の実況ブースからの「おかえり」コールがとても心に響きます。

私なんかは、バイク競技単独でしか味わったことがありませんが、Rタイプ以外の選手の皆さんは、ここを通り抜けて「フィニッシュ」な訳です。

大会に懸ける思いは参加者の数だけあると思いますが、参加者の皆さん1人1人の目にはこの通りがどんな風に映るんだろうな…と。

 

DSC08355.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F6.3,iso400】

 

次々とやってくるバイク走者を見ていたら、そんなことを考えてしまいました。

 

DSC08356.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.3,iso400】

 

まぁ、私みたいなものがそんなことを語るにはおこがましいこと甚だしい…という話ではありますが…。

 

DSC08362.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

さて、続々とバイクの選手が戻ってくる中、入れ違いにラン競技が始まっています。

 

DSC08368.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

また私事で恐縮ですが、バイク競技を終えて自転車を降りると、足がまるで言う事を聞かない状態になっています。

大地を踏みしめて前へ進むことがこんなに困難な作業なのか…と思い知らされること数限りなしです。

アストロマンの皆さまにおかれましては、ここから20km/40kmのラン競技に向かおうというんですから、その鉄人ぶりには頭が下がる思いです。

 

DSC08378.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/2000,F5.6,iso400】

 

続いて国仲方面へラン競技の観戦に向かおうと思いますが、実は私はこの場所で「人待ち」をしていました。

いつもRタイプのラン競技で参加している先輩の応援に駆け付けたつもりだったんですが、"通過予定時間"を過ぎてもその方は一向に姿を現しませんでした。

「見逃したのかな…」「もう行ってしまったのかな…」

 

何度となくそんな思いに苛まれてしまいましたが、辛抱強く待ち続けてみました。

結果、先輩は予定時間より30分ほど遅れてここを駆け抜けて行きました。

「もう疲れた」

なんて言葉を残して…。

 

待ち続けて良かったと思いました。

戦いはまだまだこれからです。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:トライアスロン

JUGEMテーマ:SONY

コメント
おはようございます。
昨日、今日と雨は降らなくて、稲には良かったですね。かなりの稲が倒れてるんでしょうね。
マラソンとかトライアスロンとか、持久力の競技は、やった者で無いと解らないことですよね。終わったときの開放感は、何者にも代えがたいものがありますよね。自分もフルマラソンを何度か走りましたが、華さんの書かれたとおりですよ。
やってみたいと思うけどなぁ。
  • by 加平
  • 2018/09/12 7:38 AM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

ようやく秋雨前線から解放された感があります☆
時折雨が落ちてきたりもしますが、今日あたりは「まだ夏だな」と思わせてくれるような暑さでした(^^;

台風の爪痕は残ってます。
国仲平野の田んぼは、どれも同じ方向に稲が倒れてます…。
中には、穂先が水溜まりに浸かっているような場所も…。

持久力の競技はホント苦手です(^^;
わたしにとっての開放感は、苦痛から解放される開放感なのかも知れません(^^;

私もまた、バイク担当でやってみたいと思っています(^^)
  • by 華
  • 2018/09/14 12:16 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL