<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018夏休み IV 〜 一ノ倉沢へ 〜

2018.09.17 Monday

 

結果的にこれが今年の夏休みの最終日です。

 

DSC05320.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/320,F5.6,iso100】

 

地味に好きな赤城PS(下り)で小休憩ののち、車を走らせた先は、、、

 

DSC05371.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/800,F2,iso400】

 

世にも奇妙な点線国道こと「R291」です。

 

DSC05373.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/640,F2,iso400】

 

これすなわち、日本一の大岩壁である「一ノ倉沢」への導線であります。

 

DSC05381.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/8000,F2,iso400】

 

DSC05382.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/8000,F2,iso400】

 

10時に谷川岳ベースプラザを出発し、とにかくゆっくりゆっくりと歩いてきました。

この連休中はとにかく暑かったこともあり、若干の脱水症状を起こしていたようです。

車内はエアコン全開な訳ですから体の表面は冷えていくんですが、体の内部は熱がこもっているような感じでした。

それでいて、トイレには行く訳ですから知らず知らずのうちに水分不足に陥っていたんでしょう。

 

ベースプラザから一ノ倉沢の往復4kmの道のりも、正直なところバスで移動したかったくらいでした。

…が、バスについては台風の影響を受け、早々に全便欠航を決定していたようでした。

幸い、木陰に入ると涼しい風が吹いていましたので、無事に全行程を徒歩移動することができました。

 

DSC05384.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/8000,F2,iso400】

 

空模様は目まぐるしく変わっていました。

道中、何度か小雨が落ちてくることもありました。

 

DSC08233.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/400,F5.6,iso200】

 

そこは、木々のトンネルがうまいこと機能してくれたんですが、一ノ倉沢に到着した時に降り出した雨がいちばん厄介でした。

 

DSC05389.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/8000,F2,iso400】

 

DSC08238.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F5.6,iso200】

 

雨のせいで岩壁が見えなくなるというようなことはなかったんですが、しばらくは木陰への退避を余儀なくされました。

ま、それはそれで仕方のないことなんですが、問題は私自身のいで立ちでした。

ハーフパンツに葉袖のTシャツという…。

いつものことなんですが、ここが高所であり谷川岳山麓ということを失念しておりました。

たまたま通り雨だったから良かったものの、あの雨が降り続いたらどうするつもりだったのかな…と。

「厄介」なんて書きましたけど、これは自分の意識の低さを指してのものです。

老若男女を問わずたくさんの方々とすれ違いましたが、私のような軽装をしている方は1人もいらっしゃいませんでした。

その意味で、とても恥ずべき行動だったと反省しているところです…。

 

DSC05400.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/8000,F2,iso400】

 

DSC05402.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso400】

 

DSC05404.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso400】

 

DSC05408.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso400】

 

DSC08240.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F5.6,iso1600】

 

DSC08242.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F5.6,iso1600】

 

そして14時30分、無事にベースプラザへと帰って来ました。

登山指導センターでは、出発時に見送ってくださった方が迎えてくださいました。

「無理は絶対にしないように」「何かあったらすぐに引き返すこと」

笑顔の中にも厳しい眼差しでそう伝えてくださったこの方にお礼を伝えて車へと向かいました。

 

DSC05439.jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/80,F2,iso800】

 

ベースプラザから「R291」を下り、このお店へとやって来た時には15時を過ぎていました。

当然、営業はしていないものと思っていたんですが、思いがけず暖簾が下がっていました。

「そば屋敷 坪乃庵」さんです。

いつものように「硬くて太くて真黒い田舎蕎麦」をいただきました。

 

DSC08245.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F11,iso200】

 

そして時刻は18時40分です。

間もなく新潟市へ入ろうかというところで美しい夕景が車窓に映っていました。

「これからがスタートだったら良かったのに…」

「時間が過ぎるのが早すぎる…」

そんな愚痴が声を突いて出るのはいつものことです。

 

昨年は色々ありまして、夏休みを取ることが出来ませんでした。

一昨年は、当初は北九州あたりまで行く勢いだったんですが、結局は新潟県を出ることはありませんでした。

ここ数年、私自身も老いを感じる節がままあるため、こんな車中泊の放浪をいつまで続けられるのかも分かりません。

…が、そこは踏ん張りどころと信じ、まだまだこんな"馬鹿"は続けたいと願っています。

 

その新たなスタートとして(?)今月末には突貫工事的にですが「あの海」へ行ってみたいと思っています。

 

 

 

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:旅写真

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL