<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

佐渡を離れて后‘光滝めぐり〜吹割の滝〜

2009.09.22 Tuesday

JUGEMテーマ:旅写真

遅ればせながら夏期休暇となったため、2泊3日で関東方面へ放浪に出かけてきました。

行程としては、

‘光の滝めぐり
越谷の友人宅
K質軾湘
っ川岳

を予定して出発しました。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 20mm  2.5秒 F11.0 ISO=100 WB=昼光色蛍光灯 多分割測光 --

2009/09/16 04:54
佐渡汽船両津港ターミナルを出発です。

まだまだお月様が空の高いところに輝いていました。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 1/100秒 F9.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

10:51
関越道を約2時間半。沼田ICから国道120号線(通称:日光ロマンチック街道)へ。

途中、見晴らしの良いところから眺めた赤城の山です。

高速や新幹線で群馬を通過するときにいつも思うんですが、この赤城山の裾野の美しさは素晴らしいです。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 30mm 1/125秒 F5.6 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

11:21
高速道路を降りて約1時間ほどで、吹割れ渓谷へと着きます。

この吹割の滝昨年も来たところなんですが、ちょっと不愉快な思いをしたりもしたので寄るつもりはありませんでした。

不愉快というのは(小さいことですが…)、
『無料駐車場』とうたっているにも関わらず、駐車場のお店で500円分の商品を購入しなければならないというシステムなんですが、、、

今年はホントに無料でした。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 28mm 1/5秒 F22.0 ISO=100 WB=日陰 多分割測光 --

さて、駐車場から歩くこと約3分。
吹割の滝の下流にある鱒飛の滝(ますとびのたき)というものです。

昨年は上流から降りてきたので、この滝には気付きませんでした。
今年は下流からです。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/640秒 F6.3 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

鱒飛の滝から、おっかない遊歩道を歩き、目の前に現れたのは涼しげな吹割の滝です。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/640秒 F6.3 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

昨年はどんよりとしたお天気の中、夕暮れ時に来たので"今ひとつ”という印象でしたが、今年は絶好の"滝日和”でした。
(撮影するにはちょっと厳しい状況でしたが…)




【70-300mm F4.5-5.6】
-- 75mm 1/640秒 F7.1 ISO=200 WB=曇天 多分割測光 --

お客さんもたくさん見えていたようです。

あっという間に団体客に囲まれてしまいました。




【70-300mm F4.5-5.6】
-- 75mm 1/640秒 F8.0 ISO=200 WB=曇天 多分割測光 --

この滝は、岩の裂け目に流れ込んでいく形の滝なんですが、基本的に手すりや柵はありません。

一応、白いラインが引いてあり、それより先には進まないようにという注意が放送されていますが、基本的には自己責任です。

したがって、事故もよく発生しているようです。

撮影に夢中になってしまうと確かに足元への注意がおろそかになってしまいますが、今年も何とか転落せずに戻って来れました。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 18mm 1/320秒 F9.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

それにしても良いお天気でした。

この滝を撮影するにあたって、スローシャッターで撮ることしか考えていなかったんですが、
高速シャッターで撮ることでかえって清涼感が増したようでした。

しかし、実際には清涼感なんてものはなく、ただただ暑かったです。。。




【70-300mm F4.5-5.6】
-- 75mm 1/640秒 F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

繰り返しになりますが、ホントに良いお天気でした。
実に天気で、ホントに天気が良いお天気でした。



さて、ここから、日光ロマンチック街道を越え、次に目指したのは湯滝です。

いよいよ日光の滝へと向かいます。
コメント
吹割の滝・・・
私は好きです♪♪

確かに少し観光化(観光地なんですが・・・)してますが
一帯が滝みたいで
見てると滝の真ん中にいる
錯覚を起こさせてくれる@(・ェ・)@
気がします

水量が凄いわけでも
高さが凄いわけでもないですが
他に類を見ない形状ですよね

こんな綺麗な写真を
見ちゃうとまた行きたくなっちゃいます(・・∂)
  • by 翠
  • 2009/10/04 11:28 PM
翠さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

吹割の滝・・・
私も好きです♪♪

翠さんのおっしゃるとおりですよね。高さがあるわけでも、ものすごい水量で圧倒するわけでもないんですけど、この滝は「滝は落ちてくるもの」という概念を覆してくれますね(^^)

滝って裂け目に落ちるものなんだと思わせてくれる滝です☆

少し上流にはつり橋のようなものも見えましたが、そこから見たらまた面白い景色なのかも知れません。

季節を変えて、また行ってみたいところです(^^)
  • by 華
  • 2009/10/05 9:13 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL