<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ドンデン(笑)へ II

2018.11.01 Thursday

 

ドンデン山荘駐車場に車を止め、ここからは徒歩でドンデン池を目指します。

 

DSC02503 (1).jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/500,iso100】

 

ドンデン山荘は標高約890mに位置しています。

対するドンデン池は標高約840mに位置しています。

 

DSC02506 (1).jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/500,iso100】

 

全行程は約1.5kmです。

 

DSC02509 (1).jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/640,iso100】

 

それだけ聞くと、ゆるやかな下り坂を想像してしまいそうですが、実際には2つのピークを越える行程になります。

 

DSC02523.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1250,F5.6,iso100】

 

1つ目のピークに立ちました。

ドンデン山荘から登山道を上ること約5分です。

標識もなく、電波塔が立っています。

 

一般的に、ドンデン山(=タダラ峰)は標高が「934m」とされているようです。

国土地理院の地図にはこの地点が標高「934m」とされていますが、山名表記は何もありません。

「タダラ峰」の表記はもう少しズレたところに大雑把な感じで記載があります。

この地点を「ドンデン山」と言っても良いのかどうか、私にとっては古くからの疑問です…。

 

ここから2つ目のピークを目指します。

2つ目は、写真中央手前に見える三角形のピークです。

 

DSC02526.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F5.6,iso200】

 

その道中、見下ろすのは入川(Nyūgawa)渓谷と外海府の海です。

ほのぼのとして見えますが、何気に登山道を少しだけ外れると直滑降です。

入川渓谷の藻屑とならないよう、何気に注意が必要な個所でもあります。

 

DSC02529.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/800,F5.6,iso200】

 

そして2つ目のピークにたどり着きました。

最初のピークから約7分です。

 

国土地理院の地図では、このピークにも標高しか記されていません。

しかし、ここには列記とした山名があります。

ここが世に言う尻立山(Mt.Shiritate yama)(940m)です。

 

DSC02531.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F5.6,iso200】

 

尻立山からの眺望です。

写真のほぼ中央に見えるのが雪畑山(Mt.Yukihata Yama)(1,002m)です。

やはり、国土地理院の地図には山名の記載がありません。

しかし、佐渡で4座ある1,000m峰の1つです。

 

そこから右側へ続く稜線を経て聳えるのが金剛山(Mt.Kongō San)(962m)です。

2009年12月8日に初登頂して以来、しばらく足を運んでいません。

 

写真中央手前やや左に赤い屋根が見えますが、これが世に言うドンデンキャンプ場です。

そこから右側へ視線を移していくとドンデン池が見えます。

 

DSC02532.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F5.6,iso200】

 

同じ場所から少しだけ視線を左側へ移します。

V字に切れ込んでいるところが入川渓谷ですが、谷の落ち口 --- 写真ほぼ中央 --- のひときわ高い山が名峰・間峰(Mt.Ma-Mine)(907m)です。

どのあたりが"名峰"なのかについては存じ上げません。

 

ただ、この山を私に教えてくれた方が「あれが名峰・間峰だっちゃ」と繰り返し繰り返し伝えてくれたことが思い出されます。

やたら"名峰"を強調していたな…と。

きっと"名峰"なんでしょう。

 

DSC02540.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/250,F8,iso200】

 

さて、尻立山からは割と急なガレ場を下ることになります。

普通のスニーカーで来たもんですから、何度も足を取られました。

 

見下ろす登山道には1人の登山者の姿がありました。

そしてその先に大きく聳えるのは金剛山です。

 

DSC02546.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/640,F8,iso200】

 

視線を大きく右へ振ると、両津湾(Ryōtsu Wan Bay)と姫崎(Hime Saki)が視界に入ってきます。

 

DSC02549.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/640,F8,iso200】

 

両津湾方面です。

向かって右側に突き出している半島が姫崎です。

 

天気は良かったですが、それほど眺望が利くという訳ではありませんでした。

空気が澄んでいたら、新潟市から村上市にかけての海岸線や、その後方に聳える県境付近の山岳地帯まで望めたはずです。

 

DSC02518 (1).jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2000,iso100】

 

何本もの登山道が交錯しています。

この椿(Tsubaki)へと続く登山道を降りたところには、未だたどり着けない「聖滝」(Syō Taki Fall)があるはずです。

12月に入って、もし時間に余裕ができたら、また「滝めぐり」をしたいところです。

 

DSC02550.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/500,F4.5,iso200】

 

DSC02555.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/100,F8,iso200】

 

そして、辿り着いたドンデン池です。

 

DSC02568.jpg

【α99,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/60,F8,iso200】

 

何年ぶりでしょうか…。

 

 

 

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

関連する記事
コメント
おはようございます。
小中学校の秋の登山を思い出しますね。
特に中学校の時の金北山。
「間峰」は高千北小学校の校歌にもあります。
「名峰」だと思います。
でも、登った記憶は定かで無いし、どの山かも知りませんけど。
  • by 加平
  • 2018/11/02 7:58 AM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

小中学校の秋の登山ですね☆
相川小学校は大平高原、相川中学校は金北山でした(^^)
「間峰」は高千中学校の校歌にもありますね♪
高千北小学校というのは、以前に北田野浦に建っていた学校でしょうか(^^??

地元の方が「名峰」というのなら、名峰なんでしょうね(^^)
地図では位置を確認しましたが、普段はどの山というのは私も知りません(笑)
  • by 華
  • 2018/11/10 7:49 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL