<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

灯台へと続く道

2018.11.05 Monday

 

昨日の記事でお伝えした、姫崎灯台(Himezaki Tōdai Lighthouse)へと続く道です。

 

DSC01477.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/200,iso100】

 

すなわち、前浜(Maehama)小中学校から姫崎灯台へと続く道です。

 

DSC00864.jpg

【α99,50mm F1.4,1/6400,F2,iso100】

 

DSC01481.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/2500,iso100】

 

そもそも、姫崎灯台へのアクセスについては、車輛で徒歩50mほどのところまで進入が可能です。

ただ、この日についてはたくさんのお客さんが詰めかけたため、駐車場のキャパをあっという間に超えてしまいました。

交通整理にあたっていた海上保安部のお兄さんが申し訳なさそうに「最寄りの駐車場は前浜小中学校になってしまうんです…」と。

それはもう仕方のないことですから、2つ返事で前浜小中学校へと向かいました。

 

私の前後にいた車の方はそうはいかなかったようですが…。

 

DSC00872.jpg

【α99,50mm F1.4,1/8000,F2,iso100】

 

ま、私としては普段なかなか歩く機会のないところを歩かせていただく機会を得たという理解でした。

私のほか、5台ほどが前浜小中学校に車を止めていました。

皆さま"灯台へと続く道"を楽しまれたでしょうか。

 

DSC01483.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/500,iso100】

 

「たぶん、ここを行ったらショートカットできるだろうな」

勝手にそんな風に踏んで、この小道を行きました。

 

DSC00876.jpg

【α99,50mm F1.4,1/2500,F2,iso100】

 

ま、結論から申し上げると、ショートカットには成功したんですが、見事に私有地を横切る羽目になってしまいまして…。

迷い込んだ玄関先で、親切なお母さんがそこからの行き先を丁寧に教えてくださいました。

後ほど灯台でもお会いすることになりましたが、たいへん失礼をいたしました。

そして、ありがとうございました。

 

DSC00878.jpg

【α99,50mm F1.4,1/2500,F2,iso100】

 

DSC00949.jpg

【α99,50mm F1.4,1/8000,F2,iso100】

 

北海道斜里郡斜里町にある「天に続く道」を彷彿とさせてくれる(?)道路です。

年に数回程度車で走るくらいでした。

今回、じっくりと歩くことができて非常に良い思いをさせていただきました。

 

DSC00953.jpg

【α99,50mm F1.4,1/2500,F2,iso100】

 

楽しい道中が終わりに差し掛かるころ、田んぼで精力的に作業をされているお父さんをお見かけしました。

この後、くるっとこちらに振り向くと「わっはっはっ!!」と…。

次いで、キチっと気を付けをしたかと思うと「私は今年で90になります!!」と…。

突然の告白にびっくりしましたが、とてもお元気なお父さんでした。

こんな出会いにも感謝です。

 

ところで、前述したとおり姫崎灯台手前では「私の前後にいた車の方はそうはいかなかったようですが…」ということがありました。

私が灯台へ到着した時、私を含めて3台の車が誘導のお兄さんのところでストップしていました。

既に駐車場は満車状態であったため、このお兄さんも対応に非常に苦慮されていたことと思います。

 

私は3台のうち真ん中にいました。

前の車は、駄々をこねたんでしょう。

困惑するお兄さんを横目に駐車場方面へと進入していきました。

私の後ろの車の女性は「小学校がどこにあるかわからない人はどうしたらいいんですか??」などとのたまっておりました。

一本道ですし、遮るものもありませんし、わからない人は手元のスマホで地図アプリでも何でも開けばすぐにわかるんじゃないでしょうか…。

そんな風に思いましたね。

 

私が姫崎灯台へ到着した頃にも、そんな押し問答は続いていました。

「あそこに停められるだろう??」

「いや、あそこは駐車場ではないので…」

「そう言ったって、車1台分くれぇ止められるだろう」

「そうすると、駐車場の車が出られなくなる恐れがありますので…」

「寄せて止めれば出られるねかさ!!」

「それでは、寄せて止めてください…」

 

私もそこで、運転手に一言「ガタガタ言ってねーで従えや!!」くらい言えたら良かったんでしょうけれど…。

別に私は自分が正しいとか思っている訳ではなく、単純に「ルールは守れよ」と言うだけです。

ゴネれば何とかなると思っている佐渡人らしいなとため息をついてしまった瞬間でした。

"こみっともねー"ですね。

 

以前、佐渡汽船で島民割引を受けるための「佐渡市民サービスカード」を忘れた方が割引きを受けられずゴネるという案件を新聞で見ました。

結局、佐渡汽船の対応が悪かったような話の流れの中で、佐渡汽船側も「そういった場合の対応について考える」というようなコメントをしていました。

いやいや、佐渡汽船は何も悪くないでしょう。

忘れた本人が悪いだけです。

義務やルールは守らないけど権利だけは主張する人っていますよね。

"こみっともねー"です。

 

せっかく佐渡まで来てくれて、誘導にあたってくれた新潟海上保安部のお兄さん。

たいへんお疲れ様でした。

これに懲りず、また佐渡へいらしてくださることを心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:日常。

 

関連する記事
コメント
おはようございます。
今日の話は、どこにでもある話で、人が集まる時や場所では、そんなもんなじゃないかと諦めてます。学校なんかでも結構な頻度ですよ。
そうじゃない人も大勢いる事に安心するしかないんじゃないですかね。
晩秋の青い空と海、紅葉した山、ススキの原。良い季節ですよね。
  • by 加平
  • 2018/11/08 7:54 AM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

まぁ、どこでもそうなんでしょうか(^^;
東京や大阪、京都あたりへ車で行くと、いちばんお金がかかるのが駐車場ですから(^^;
あのあたりは、路駐すら許されませんからね…。
そもそも、路駐=当たり前という考え方がおかしいのでしょうけれど…。
…とはいえ、私もその1人ですし、その恩恵を受けている人間でもありますorz

ま、自分は傍から見て、こみっともなくない程度にはいたい…という程度のものです(^^;

秋の空は雲が色々な演出をしてくれて、好きです☆
ススキが日中は白く、夕方は黄金色に輝いてますね☆
四季を問わず、秋も良い季節ですね(^^)
  • by 華
  • 2018/11/10 7:54 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL