<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

大佐渡石名天然杉遊歩道へ

2018.11.30 Friday

 

一昨日の続きです。

大佐渡石名天然杉遊歩道です。

 

DSC03917.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/20,F11,iso100】

 

時刻は12時を回った頃でした。

今シーズン最後の"営業日"ということで、たくさんの人の姿があるかと思ったんですが、駐車場には私の車のほかは軽自動車が1台のみでした。

 

DSC03710.jpg

【α99,50mm F1.4,1/125,F2,iso100】

 

遊歩道へと続く"作業道"を進みます。

約800mくらいの作業道です。(たぶん…)

 

まぁ、遊歩道へ入ったからと言って急にアップダウンが激しくなったりする訳ではありませんが、この作業道はウォーミングアップと考えています。

ただし、3度くらいの(たぶん…)上りが800m続くことを考えると、何気に体力を使う作業道でもあります。

これを不安に思う方は、今回の私のように、ここへ来る前に法力和光滝を拝んで来たら良いと思います。

心拍数は最大に上がり、ドバッと汗をかくはずです。

そうなれば、こんな勾配など問題になりません。

 

DSC03713.jpg

【α99,50mm F1.4,1/3200,F2,iso100】

 

作業道の途中、視界が開けたところで振り向きます。

写真中央手前には大野亀(Ōnogame)が見えます。

 

DSC03715.jpg

【α99,50mm F1.4,1/2500,F2,iso100】

 

視界を少し移します。

左奥に見えているのは山毛欅ヶ平山(Mt.Bunagahira-yama)です。

 

DSC03929.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F2.8,iso100】

 

そして遊歩道へ到着しました。

 

DSC03720.jpg

【α99,50mm F1.4,1/100,F2.8,iso100】

 

言うほど頻繁に足を運んでいる訳ではありません。

かといって、ものすごく久しぶりということでもありません。

いつも新鮮な気持ちで来ますが、足を踏み入れればやはり見慣れた感はあります。

 

DSC03723.jpg

【α99,50mm F1.4,1/200,F2,iso200】

 

そこは、どんな時でも初めて来た時のような顔をすることが大切です。(たぶん…)

 

DSC03938.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F4,iso400】

 

そうすることによって、常に新たな発見があるものと思っています。(…と思います)

 

DSC03943.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F5.6,iso640】

 

「四天王杉」です。

この遊歩道にあって、いちばん存在感を放っている杉と思います。

 

DSC03735.jpg

【α99,50mm F1.4,1/80,F2.8,iso400】

 

超広角レンズで広く収めるのは良いですが、そうすると迫力に欠けるきらいがあります。

なので、連結している根本付近を迫力よく切り抜くのが良いと思っています。(…と思っています)

 

DSC03956.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F4,iso800】

 

DSC03962.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso125】

 

DSC03749.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso125】

 

DSC03966.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F4,iso250】

 

「象牙杉」「四天王杉」「大黒杉」「家族杉」「羽衣杉」など、名付けのある杉の木については、確かに見ごたえのあるものが多いですが…。

ただ、それ以外の"無名"の杉も目を惹くものばかりです。

私はこの、山毛欅ヶ平山の大王杉のミニチュアのような杉がお気に入りです。

 

DSC03752.jpg

【α99,50mm F1.4,1/400,F2,iso400】

 

DSC03969.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/13,F11,iso250】

 

DSC03973.jpg

【α7SII,Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC,1/30,iso500】

 

「羽衣杉」です。

こちらの遊歩道にあって、いちばん人気のある杉なんじゃないでしょうか。

文字通り羽衣をまとったような優雅な立ち姿です。

撮影するときは、どんな被写体であってもいちばんよい"表情"を探す訳なんですけど、この杉はそれを探すのが特に難しいです。(…と思います)

 

DSC03992.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/250,F5.6,iso100】

 

遊歩道と金剛山・雪畑山登山道が交わるところにある展望台です。

低い雲の下の青い海は内海府の海。

写真左奥に見えるなだらかな山のあたりが山毛欅ヶ平山です。

 

DSC03994.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/125,F2.8,iso100】

 

DSC03758.jpg

【α99,50mm F1.4,1/3200,F2,iso100】

 

DSC03997.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F2.8,iso250】

 

遊歩道に入ると、当然陽の光が遮られる訳ですが、周辺よりもずいぶんと冷え込んでいました。

確かに、夏場でも涼しい空気の流れているところです。

この日は足元から冷気が立ち上っているようで、体の芯から冷えました。

 

私が遊歩道から作業道へ戻った時、2家族くらいの方々が遊歩道へ入っていくところでした。

駐車場まで戻る導入にも1組のご夫婦(たぶん)とすれ違いました。

駐車場は私の車を含めたら、ほぼ満車状態になっていました。

 

皆さま、この遊歩道を歩く今年最後の機会を楽しまれたことと思います。

私については、また春が来る前にどこかのタイミングでここを目指せたらと思っています。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:SONY

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL