<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

善知鳥神社例祭 〜 2018 相川祭り 〜 I

2018.12.04 Tuesday

 

今日は暖かな1日でした。

首都圏では夏日となったところもあったようです。

思わず12月であることを忘れそうな感じでした。

まぁ、暖かとはいえ陽が射す訳でもなく、16時を過ぎたころの暗さと生ぬるい風は風雲急を告げるかのようでした。
 

DSC01654.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2000,iso100】

 

この日からもう1ヶ月半が経ってしまいました。

 

DSC01655.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/200,iso100】

 

10月19日は「善知鳥神社例祭」。

世に言う"相川祭り"でした。

 

DSC01661.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2000,iso100】

 

今年も棒組として参加をさせていただきました。

棒組とはすなわち、お神輿の担ぎ手のことです。

 

DSC01662.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2000,iso100】

 

DSC01664.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2000,iso100】

 

DSC01671.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/5000,iso100】

 

DSC01676.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/250,iso100】

 

例年、12時頃に善知鳥神社へ銘々が集合します。

そして白装束に着替えます。

毎年毎年「どっちが前だっけ?? 忘れた…。毎年『忘れた』って言うとる…」というような会話が繰り広げられます。

 

棒組につきましては、固定メンバーというのはほんの一握りなんです。

毎年、地域振興局の方がたくさん参加してくれます。

人が足りないときは自衛隊の方が参加してくれる時もありました。

1隊約20名強として、最低でも2隊必要なんですが人の確保に苦慮するのは毎年のことです。

今年も担ぐ前から「今年は人がいないらしいぜ」というような会話があちこちで交わされていました。

 

DSC01688.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2000,iso500】

 

着替えが済むと、賄い料理をいただきます。

当然、お酒も用意されています。

 

DSC01691.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2000,iso500】

 

13時30分になってお祓いを受け、お神酒をいただきますが、この頃には皆さんだいたい「いい気分」になっています。(…と思います)

そして、1年ぶりにお神輿を外へと連れ出します。

 

DSC01704.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/2500,iso500】

 

DSC01715.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/6400,iso500】

 

お神輿に鳳凰を取り付けるのは年男の役目です。

とても名誉なことと思います。

 

DSC01719.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/6400,iso500】

 

DSC01721.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/5000,iso500】

 

DSC01723.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/5000,iso500】

 

獅子組は石扣(Ishihataki)町と小六(Koroku)町です。

これから"馬"に安置されたお神輿の周りを舞うところです。

 

DSC01724.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/5000,iso500】

 

DSC01731.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso500】

 

DSC01738.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso500】

 

DSC01739.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso500】

 

DSC01744.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/5000,iso500】

 

DSC01748.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/5000,iso500】

 

DSC01750.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/5000,iso500】

 

DSC01754.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso500】

 

DSC01760.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso500】

 

獅子舞が終わると、続いて下り羽です。

獅子舞に次いで、こちら下が羽会の笛と太鼓の音を聞くと「今日は相川祭り」という実感がものすごく沸きます。

 

DSC01766.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso500】

 

今年の相川祭りは金曜日でした。

なので、写真の子供たちは"公休"扱いです。

 

私が小学生の頃もそうでしたが、お祭りの日には学校よりもお祭りの行事への参加が優先されます。

棒組については --- 言い方はとても悪いですが --- 寄せ集めな感じですが、それ以外については旧・相川町の各々の大字に役割があてられています。

なので、当然、お祭りへの参加の意識は非常に高いですし、1人1人が誇りを持ってこのお祭りに参加しています。

 

大学生になって島を離れていたとしても「この日だけは帰ってくる」という方もとても多いです。

正確な統計資料ではないですが、こうしたお祭りがある地域の方が若者が帰ってくる率が高いとも言われています。

 

DSC01768.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso500】

 

以前私が少年野球のコーチをしていた頃の"教え子"たちが、今、ちょうど大学生になっています。

毎年このお祭りでその子たちの清々しい顔を見つけます。

 

「だって、今日は帰らんなん日でしょう」

「偉いなぁ、ホント」

「華コーチは、相変わらず盗撮ですか??」

「オマエ、ホント『盗撮』とか言うなよ(笑)」

 

毎年こんな会話をしています。

 

DSC01773.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso500】

 

DSC01780.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso500】

 

DSC01783.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso500】

 

DSC01787.jpg

【α7SII,Ernst Leitz Wetzlar Summarit 5cm F1.5,1/3200,iso500】

 

さてさて、いよいよ大工町の太鼓組が到着しました。

善知鳥神社の境内を取り囲む群衆も、いつのまにか増えていました。

皆さん、相川の"鬼太鼓"を観に来ているようです。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地元の祭り

 

コメント
おはようございます。
相変わらず強風波浪警報の日々です。
祭りで学校が休みって良いですね。地元感いっぱいですね。
そう言えば、小学校の頃には、「田植え休み」があったように記憶しています。「稲刈り休み」もあったのかなぁ?
祭りで、他県に住んでいる人が帰って来るのあるようですね。石名にはこんな祭りが無いので、せいぜいがお盆ですけど、あんまり帰ってくる人はいなくなりましたねぇ。正月は海が時化るしね。
  • by 加平
  • 2018/12/05 8:06 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL