<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

牡蠣のホイル蒸し

2019.01.20 Sunday

 

牡蠣 --- に限らずですが --- が美味しい季節です。

 

DSC06579.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/50,F2,iso500】

 

養殖の牡蠣は「加熱食用」です。

私はこれを生食でいただくこともありますが、決してオススメはいたしません。

柔突起の1本1本までに神経を研ぎ澄ます必要がありますので、決して真似はしないでください。

 

DSC06584.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/50,F2,iso500】

 

タイトルのとおり、この日は牡蠣をホイル蒸しにしてみました。

我が家では、昔からこの食べ方をしてきました。

特にお客さんが見えた時なんかは、囲炉裏でこのホイルを蒸してふるまっていました。

 

DSC06588.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/50,F2,iso500】

 

作り方に難しいことは何もありません。

よく洗った牡蠣をアルミホイルに包み、そこにひとかけらのバターとひとかけらのレモンスライスを忍ばせ、あとは蒸すだけです。

 

DSC06592.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/50,F2,iso500】

 

7セット作りました。

最初の2セットは蒸し時間が長すぎて焦がしてしまいました。

…と、この時点で、最初にアルミホイルに薄く油を塗っておかなければならなかったことを怠っていたことに気づきました。

急遽、残る5セットにオリーブオイルを注入し、調整します。

結果、最後の2セットを蒸すあたりになって、ようやく懐かしい香りと味を感じることができるだけの仕上がりになりました。

 

今回のホイル蒸しですが、牡蠣が佐渡産なのはもちろん、今や市(国)内外の高級店で使用されるまでになった希少な「佐渡バター」を使っています。

レモンについてはとりあえず冷蔵庫にあったものを使用しましたが、これを佐渡レモンに替えればオール佐渡産の一品(逸品)となります。

お気軽にお試しになってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

JUGEMテーマ:食!

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL