<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

赤泊でまち歩き

2019.02.22 Friday

 

スタートは「優遊飯店(Yūyū han-ten)」でした。

 

7M307808.jpg

【α7iii,LA-EA3,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/200,F2,iso1600】

 

ご高名はかねてより伺っておりましたが、このたび初めてお邪魔をさせていただきました。

 

7M307811.jpg

【α7iii,LA-EA3,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2.8,iso1600】

 

数日前、仕事の相棒に「佐渡でいちばんおいしいラーメン屋ってどこ??」と問うたところ、力強く返ってきたのが「優遊です」の回答でした。

しかも「僕は『優遊の担々麺がいちばん好きです』」とのことでしたので、私もこの日は担々麺をいただくつもりでおりました。

しかし、ドアの横には「本日のラーメン」ということで、こちらの麻婆麺の写真が掲示されておりまして…。

結局、あっさりと誘惑に負けてしまった私は麻婆麺をオーダーしてしまうことになりました。

 

麺に特徴がありました。(…と思います)

細い訳でも太いわけでもなく、独特のコシがありまして…。(…と思います)

麻婆も、ピリっとした山椒独特の風味が脳天を刺激してくれまして、つむじのあたりが疼いてしまいました。

この日食せなかった担々麺は次回以降のお楽しみに取っておくということで、「優遊飯店」さん、また近いうちに来たいと思います。

短い時間で、身も心もアツアツにしていただきました。

ごちそうさまでした。

 

7M307812.jpg

【α7iii,LA-EA3,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F5.6,iso100】

 

さて、汗ばむほどに体全体が温とまったところで、冷たい風に当たりに出ました。

 

7M307817.jpg

【α7iii,LA-EA3,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F5.6,iso100】

 

旧・赤泊港フェリーターミナルから見た赤泊の家並みです。

写真に向かって中央左側の丘の上に見えるのは「城の山公園展望台」

写真中央に見えるのは「赤泊体育館」

そこから右側に目を移すと「赤泊小学校」が見えます。

 

全然知らないという訳ではありません。

…が、「知っている」と言えるほど、この赤泊に足を運んだこともありません。

「こんな風に見えるのか…」

というのが正直なところでした。

「豊か」と感じるのが正直なところでした。

 

7M307819.jpg

【α7iii,LA-EA3,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F5.6,iso100】

 

赤泊港フェリーターミナルです。

私が大学生の頃、自宅にあった父の"遺品"の原チャリに乗って"本土"へと渡りました。

その時は、この赤泊港から対岸へと向かいました。

私の赤泊港の最後の記憶は、その20数年前に遡ります。

 

7M307820.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/1000,F2.8,iso100】

 

赤泊港の目と鼻の先にあるので赤泊臨海運動公園です。

通称「タコ(チュー)公園」です。

佐渡の地域を問わず、市民に愛されている公園と耳にしておりました。

この日、私はこの公園に初めて足を踏み入れさせていただきました。

 

このタコ(チュー)は、アスレチック、滑り台、ハンモック、ターザンロープ等々様々なお楽しみ要素で構成されています。

この年になって、声を出して遊具で遊ばせていただいたことは、今後の人生において大いに役立つことと思います。

傍目には、「いい歳こいて何しとるんだ」としか映らなかったことと思いますが…。

 

7M307827.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/800,F2.8,100】

 

そして赤泊の町並みの中へ…。

かねてよりここを歩くことはしてみたかったんですが、ようやく念願が叶いました。

 

7M307829.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/800,F2.8,iso100】

 

合併前は「佐渡郡赤泊村」でした。

港町である赤泊です。

 

7M307831.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/800,F2.8,iso100】

 

1周線より1本内側にかつての旧道が走っているのは、佐渡の海岸線の地域ならどこも一緒です。

私の住む相川と同様、平野の少ないであろう赤泊も「埋め立て」によって土地の確保をしています。

狭い平野部の裏手には急峻な海岸段丘が迫っているところも似ています。(…と思います)

 

こちら「旅館大井屋」さんです。

大正年間建築の旅館なんだそうです。

暖簾に歴史と品格を感じます。

 

7M307832.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/800,F2.8,iso100】

 

こちら、世に言う「二階屋旅館」さんです。

平屋建てしか許されない時代に二階建てを許されたのが屋号の由来なんだそうです。

以前「忘年会はここの旅館で泊りがけでやろーぜ」というお話が出たことがありますが、実現していません。

 

7M307836.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/800,F2.8,iso100】

 

最近は見ることもなくなりました。

「公衆電話」のマークです。

 

7M307843.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/640,F2.8,iso100】

 

格子の通りを行きます。

 

7M307847.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/640,F2.8,iso100】

 

車で通ることは幾度となくあったんですが、じっくり歩いて通るのは初めてでした。

次から次へと、色々な妄想の膨らむような町並みが姿を現します。

 

7M307849.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/250,F2.8,iso100】

 

7M307850.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/80,F2.8,iso100】

 

7M307853.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/125,F2.8,iso100】

 

路地の先にはお社とお寺と不動尊(確か)と…。

不動尊にはちゃんと花が手向けてありました。

ここに限らず、佐渡の人の信仰心の厚さがそこかしこで感じられる光景でした。

 

7M307855.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/125,F2.8,iso100】

 

その路地の入口にあるのが「中川作左エ門商店」さんです。

可愛らしいショウウィンドウには2020年を見据えてなのか、五輪マークが…。

 

7M307857.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

そのお向かいのお宅の2階の窓がとても気になりました。

格子を含めて外壁なんかは新しく改装したと思われる建物が多かったんですが、窓とか、門とか、改装前のたたずまいを残しています。

こちらのお宅のお隣あたりが「カフェ カサブランカ」さんの裏手にあたります。

 

7M307861.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

この素敵な町並みにあってひときわ目に留まるのがこちら「旧田辺邸」です。

特徴的な望楼部がランドマーク的な存在です。

 

7M307863.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

7M307865.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/800,F2.8,iso100】

 

現在は一般の方の住宅となっています。

佇まいに魅せられて玄関を潜りたくなってしまいますが、公開されている訳ではありませんので、無断で立ち入ることの無いようお気をつけください。

 

7M307867.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/800,F2.8,iso100】

 

また路地に入ります。

 

7M307869.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/800,F2.8,iso100】

 

長い階段の先に見えるのは八幡若宮神社です。

 

7M307874.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/500,F2.8,iso100】

 

ここの神社の狛犬たちは、勢いよくお尻を突き上げてますね。

 

7M307876.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/500,F2.8,iso100】

 

立派な佇まいの八幡若宮神社です。

中に入ると、おみくじができます。(20円です)

 

7M307881.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/500,F2.8,iso100】

 

この階段を上っただけで膝がプルプルしていました。

 

7M307883.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/500,F2.8,iso100】

 

立派な蔵がたくさんありました。

窓枠には"松竹梅"です。

 

7M307885.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/500,F2.8,iso100】

 

7M307889.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

7M307892.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

7M307895.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

7M307899.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

旧道にはかつてのガソリンスタンドがポツリと…。

佐渡の海岸線のどこの集落もそうなんですが、昔はこんな細い道を車やバスが行き来していたんだなぁ…と。

まぁ、今よりよっぽど交通量も少なかったんでしょうけど。

 

7M307900.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

7M307903.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

7M307906.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

そして再び、旧田辺邸に差し掛かります。

 

7M307908.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

八幡若宮神社を過ぎてから、赤泊体育館に立ち寄り、赤泊保育園の脇を通って赤泊小学校を目指しました。

 

7M307910.jpg

【α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso100】

 

小学校へと続く階段のことろで工事をしていたため、そこから引き返してきましたが、いずれも赤泊港フェリーターミナルから見えた風景です。

帰路にも、味のある工務店や温かみのあるバス待合所がありました。

道中でお会いしたおかあさんはとても優しい笑みを向けてくださいました。

 

この町並みについては、ずっと雪の降る夜に来てみたいと思っていたんですが、日中にこうして来ることができて良かったです。

車で何度か走り抜けることはあったんですが、実際に歩いてみると、こうも見えてくるものが違うのかと感心したところです。

この冬はもうこれ以上の雪は望めませんが、また機会を見つけてこのコースを歩いてみたいと思います。

その時は、様々なレンズを駆使してみたいですね。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:おすすめの店

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:名所

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL