<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

桜の相川まち歩き II

2019.04.24 Wednesday

 

先日お伝えしました「桜の相川まち歩き」の翌日の写真です。

2日続けて快晴の相川の町を歩くことができました。

 

7S202882.jpg

【α7Sii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/640,F2.8,iso100】

 

この日もスタートは"門前"です。

門前近くにある塩釜神社(Shiogama Jinja Shirine)の境内に咲く桜が目に留まりました。

 

7M303144.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,1/1600,F2.8,iso200】

 

この日も"門前"の桜が映えていました。

この短い通りにも、昔は焼き鳥屋、寿司屋、蕎麦屋、ラーメン屋(中華料理屋)、割烹が並んでいました。

 

7S202886.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F14,iso200】

 

写真の左奥の石段に続いて見えるのは大安寺(Daian-ji Temple)です。

幼少の頃からお世話になっているおじさんとバッタリ遭遇しました。

 

7M303155.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,1/250,F8,iso200】

 

大安寺の山門に立ってみました。

何気に相川湾を一望できる一等地です。

この参道でどれだけ遊びまわったことか…。

昔はもっともっと長い長い参道に感じました。

 

7M303159.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,1/2500,F2.8,iso200】

 

先ほど見えていた石段の上から、"門前"の桜を眺めてみました。

 

幼少の頃はこの界隈に住んでいたんですが、先日、年老いた母が「いちばん肝を冷やした」という話を聞かせてくれました。

ある日、大勢のお客さんが我が家に遊びに来ていたそうです。

広いお家でした。

両親と姉はお客さんと一緒に囲炉裏のある台所にいたそうなんですが、私だけは離れた居間で1人で遊んでいたそうです。

母はたまに私の様子を見に行ってくれたらしいんですが、特に変わった様子もなく1人で遊んでいたようです。

 

20時頃、母が再度私の様子を見に行ってみたところ、私の姿はなくなっていたんだそうです。

周辺は里山ですから、崖やら川やら墓地やら色々あります。

真っ青になった母はお客さんにも助けを求め、総出で捜索に当たったんだそうです。

 

結局、私はこの桜の木の下で発見されたんだそうです。

バケツをもっていたそうです。

私がまだ3歳になるかならないかの頃のことだそうです。

 

私の移動距離そのものは2〜300mにも満たないものだったようですが、

暗闇の中、よく1人でそこまで移動したものと驚いたそうです。

 

私はバケツを持って何をしたかったんでしょうか??

墓地に囲まれたこの参道で暗くなるまで遊びまわっていたこともあり、昔も今も私は暗闇が好きなんです。

 

7S202896.jpg

【α7Sii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso100】

 

下町から上町へと続く坂道です。

県職員のアパートがあるあたりです。

たまたまお会いした入居者の方に色々とお声がけいただきました。

 

昔はアパートがグリーンに塗装されていたこともあり「グリーンアパート」の愛称で知られていました。

今は入居者も少なく、スカスカしているんだそうです…。

 

7S202909.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/250,F5.6,iso200】

 

7S202918.jpg

【α7Sii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F2.8,iso200】

 

散り際に差し掛かっていました。

風が吹くと、ヒラヒラとチラチラと花びらが散っていました。

そういう風景を写真で撮ろうとなると、結構な量の花びらに散っていただく必要があるんですが…。

 

幸せな気分になりますよね。

桜が散る中に身を置けるということは。

切なくもありますが。

 

7M303164.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,1/5000,F2.8,iso200】

 

7S202927.jpg

【α7iii,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/400,F2.8,iso200】

 

"坂の町・相川"を代表する春の花がツルニチニチソウです。(たぶん)

桜の開花より早く花開き、桜が散ったあとも咲き誇っています。

相川の坂道の石垣という一等地から、桜を眺めているなんて羨ましい限りです。

 

7M303173.jpg

【α7iii,70-200mm F2.8 GM OSS,1/250,F8,iso200】

 

間切川(Kengiri-gawa River)に沿って南沢(Minami-sawa)の方面へと進んできました。

寺町(Tera-machi)への分岐点です。

相川の市街地にお住まいの方であっても、なかなか足を踏み入れることは少ない場所なんじゃないかなと思います。

 

川沿いの細い道が続いています。

私が生まれるもっと前の話になりますが、私の叔父がこの川に車ごと転落したそうです。

叔父の妹 --- 私の叔母 --- が知らせを聞き、現場に駆け付けると、川底からフロントライトがカッと上空を照らしていたんだそうです。

しかし、川に転落している車の中には人の姿は無かったそうです。

 

転落地点から少し行ったところに、叔父の親戚のおじさんの家があったんですが、叔父はそのおじさんを送る道中だったそうです。

ちなみに、叔父はおじさんと酒を飲み、飲酒運転でおじさんを送ろうとしていたそうです。

2人の姿が車内にないことを確認した叔母は、すぐにおじさんの家へと向かったそうです。

そこには、頭から血を流した叔父とおじさんが酒を酌み交わしている姿があったそうです。

 

「酒を飲んで運転したオマエが悪い」

「いーや。酒を飲んだ俺に運転させたアナタが悪い」

そんな内容だったそうです。

古き良き時代の思い出話です。

 

 

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

 

コメント
どこもかしこも懐かしい風景です(笑)
あー、あの川ってそういう名前だったんだ〜。
とか、地名とか花の名前とか、勉強になるわ!
  • by 次女R
  • 2019/04/25 12:42 PM
次女Rさん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

私にとっても、どこもかしこも懐かしい風景です(^^)
大安寺の山門なんて、何年ぶりでしょ…。
近くにいると、それはそれでなかなか足を運ばないもんです(^^;

昔から咲いていた馴染みの花や、いつも足元を流れていた川や、
案外、名前となるとちゃんと覚えていなかったりしますよね(^^)
私も日々、勉強です♪
  • by 華
  • 2019/04/27 7:19 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL