<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

林道・地獄谷線の紅葉が見頃です

2019.11.06 Wednesday

 

昨日の記事にも書いたとおり、現在、大佐渡スカイラインの金井側の防衛省管理道路の一部一般車両通行止めとなっています。

私が「下ノ廊下」でキャッキャ言って騒いでいるうちに、落石があったんだそうです。

 

7M302012.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/640,F2.8,iso100]

 

その影響で、現在は「林道・地獄谷線」が迂回路となっています。

 

7M302014.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2500,F2.8,iso100]

 

私としては、"普通に"馴染みのある林道で、年に1〜2回程度は通ることがあるんですが、

一般の方 --- という書き方も変ですが --- にはなかなか馴染みのない林道かと思います。

 

7M302019.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1250,F2.8,iso100]

 

大佐渡山地の麓付近を横断する林道が、国仲北線です。

その上にある、大佐渡山地の中腹を横断する林道が、地獄谷線です。

 

7M302021.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1000,F2.8,iso100]

 

林道の名前の由来は、大佐渡スカイラインの標高最高点から相川方面へ下ったところにある「地獄谷」ですね。

石田川(Ishidagawa River)の源流に遡ります。

林道の佐和田側の視点に立つと、ちょうど正面に地獄谷が見えます。

 

7M302022.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1600,F2.8,iso100]

 

7M302025.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1250,F2.8,iso100]

 

7S201824.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/400,F5.6,iso100]

 

「地獄谷大橋」付近です。

このあたりが、いちばん紅葉もキレイだったように思います。

昨日の記事と同じことを書きますが、既に落葉はじめの稜線付近より、こちらの中腹の方が「覆いかぶさるような紅葉」が楽しめます。

 

7S201828.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/1000,F6.3,iso100]

 

地獄谷大橋に立って臨む真野湾方面です。

 

7S201832.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/400,F8,iso100]

 

7M302029.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1250,F2,iso100]

 

橋から真下を覗き込みます。

石田川源流部付近の流れです。

偏光フィルターがあれば良かったです。

 

7M302033.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso100]

 

妙見山(Mt.Myōkensan)(1,042m)です。

 

7S201839.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/400,F8,iso200]

 

7S201841.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/4,F11,iso100]

 

過去2回ほど「名も知らぬ小瀑」としてご紹介させていただいた小瀑です。

 

7M302036.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso320]

 

7M302039.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso320]

 

7M302042.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso320]

 

林道から続く踏み跡を辿って2〜3分です。

こちらは藤津川(Tōtsugawa River)の源流部になりましょう。

「どなた様も踏み跡を辿ってこの滝をご覧になってください」と言いたいところですが、完全に安全な踏み跡とも言い切れないものですから…。

(まぁ、「完全」なんてものは有り得ない話ですが)

 

7S201860.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/4,F16,iso100]

 

7M302052.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/3200,F2,iso100]

 

7M302053.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/5000,F2,iso100]

 

7M302054.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/5000,F2,iso100]

 

7S201864.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/160,F14,iso100]

 

藤津川の源流部付近と林道が交差するあたりの付近から望む国仲平野です。

写真中央下のV字型の谷が藤津川です。

ここに「黒滝」や「白滝」といった名瀑が鎮座しています。

 

7M302057.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/5000,F2,iso100]

 

そう。

実を言いますと、この日私がこの林道を辿ってきたには理由があります。

当初は、藤津川ダムのバックウォーターから藤津川を遡行するつもりでした。

何でも、この川の道中には10本くらいの滝があると聞いたもんですから…。

 

で、この日は、最初はダムのバックウォーターを目指すべくダム湖畔に降り立ってみました。

ところがまぁ、どうやったってダムからはバックウォーターへは辿り着けなさそうで、別の道を見つけて目指し直したりしていました。

ところがまぁ、1時間近くも壮絶な藪漕ぎをした結果、これ以上前進できそうもないという状態になってしまったため、退散してきたところでした。

で、とりあえず、この日のところは上流から辿れるだけ辿ってみようということで、この林道を車を走らせてきました。

結果、素敵な紅葉に出会えたということです。

 

この日のこれ以降の行動については、ここから藤津川を下るということになります。

(結果として、数100m程度で頓挫しましたが…)

その様子については、また後日にでもお伝えできたらと思います。

 

とにかく今は、林道・地獄谷線の紅葉が見頃です。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:紅葉

関連する記事
コメント
おはようございます。
もう40年も目の当たりにしたことの無い景色です。名所の紅葉も良いですが、こぢんまりとした佐渡の紅葉の方が落ち着きますね。
良い景色です。
  • by 加平
  • 2019/11/07 7:15 AM
春に藤津川を遡行しました。
白滝まで小さな滝も含めて6つ程滝がありました。
地獄谷線迄出たら両尾山経由で下れば、国仲北線に戻れるはずです。
子供といつもブログ楽しみに見ています。
  • by tetsuiwana
  • 2019/11/07 9:38 AM
加平さん、こんにちは!
いつもありがとうございます(^^)

なるほど!
春や夏や秋に帰省はされても、
紅葉の時期にお戻りになることはなかなか無いのですね…。
(「なかなか」というか、約40年ですか…)

おっしゃるとおり、紅葉の名所と呼ばれるようなところは、
「さぁ、見事な紅葉でしょ?」てな感じの場所が多いのもまた事実で、
やっぱり見慣れた土地で、季節柄の日常の楽しみといった風情が良いですね☆
  • by 華
  • 2019/11/10 3:16 PM
tetsuiwana さん、こんにちは!
コメントありがとうございます(^^)

貴重な情報をいただき、たいへんありがとうございます!
私がこの日にここへ繰り出す契機となったサイトがあるのですが、
きっと、当該サイトのオーサー様はあなた様なのだと思います(^^)

「こんな場所、どうやって行ったの??」
というものばかりで、非常に感銘を受けました。
また、未知の情報に心ときめいております♪

また、藤津川上流へ繰り出されるご予定がありましたら、是非ともご一緒させていただきたいです!
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
  • by 華
  • 2019/11/10 3:22 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL