<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

佐渡名瀑さがし 〜 藤津川上流 〜

2019.11.15 Friday

いよいよ佐渡の山も冠雪しました。

本日、国道を両津方面へ車を走らせると、金北山、妙見山、ドンデン山、金剛山あたりが冠雪していました。

例年よりもずいぶんと早い気がします。

 

さて、写真は激しい「黒部ロス」に陥っていた11月頭の3連休の頃です。

時系列的には、この日の記事の続きです。

 

7M302057.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/5000,F2,iso100]

 

林道・地獄谷線から藤津川(Tōtsugawa River)の上流へと踏み込みます。

下流には「黒滝」「白滝」といった名瀑が連なっていますが、その前後にも複数の滝があるらしいとのことで足を運びました。

 

7S201865.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/160,F7.1,iso100]

 

7S201871.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,0.6,F22,iso50]

 

7S201877.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,0.4,F22,iso50]

 

7S201878.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,0.4,F22,iso50]

 

「日電歩道みたいなおっかない道を歩けたんだから、何も怖くない」

そんな風に意気込んで川へ下りたんですが、道も何もない川に沿って下るのは非常におっかないですね。

おぼつかない足取りに、笑えてしまいました。

 

7S201880.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1,F22,iso50]

 

何か所かこんな場所がありました。

先が切れ落ちていて「あそこに滝が??」と思わせてくれました。

ここまでは、滝らしい滝はありませんでした。

 

7M302060.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso250]

 

7M302061.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso250]

 

7S201884.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,3.2,F22,iso50]

 

先ほどの切れ落ちたところに辿り着きました。

こうやって広角レンズで撮ると滝に見えますが、そんな立派なものではありませんでした。

しかし、その先は大きく切れ落ちているようでした。

 

7S201885.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,2.5,F22,iso50]

 

滝ですね。

落差は10〜15mくらいでしょうか。

上から見ると高く見えます。

 

7M302065.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1600,F2,iso1250]

 

しかし、、、

 

7S201889.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,04.F14,iso100]

 

これは降りれません…。

この谷は、見事にV字で人を寄せ付けません。

ずっと前にも、黒滝の脇の斜面を登って上流の様子を窺おうとしたことがあるんですが、ザイルでもないと辿り着けそうにありません。

この場所も、両岸を見渡してみたんですが降りられそうな場所は見当たりませんでした。

いちばん手っ取り早いのは、ここを滑り落ちることなんでしょうけれど…。

 

7M302069.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1600,F2,iso1250]

 

この滝の下も、鋭く切れ落ちていますね。

ひょっとしたら、私の立っている落ち口は「黒滝」の落ち口なのかも知れません。

そうすると、「黒滝」は3段以上の50mもある大きな滝なのかも知れません。

 

7M302071.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso200]

 

残念ながら、ここまでです。

可能性があるとすれば、「黒滝」の両岸のどちからを登り、斜面をトラバースするしかなさそうです。

 

7S201892.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,3.2,F22,iso50]

 

Uターンです。

 

7S201895.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,0.5,F11,iso100]

 

7S201897.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,0.5,F22,iso50]

 

それぞれ、2〜3mくらいの滝 --- といえるのかどうか --- を越えます。

登りは早いです。

下るときの3倍くらいのスピードでさくさく進みます。

 

7S201903.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/25,F14,iso400]

 

7M302082.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/640,F2,iso200]

 

7S201912.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/60,F14,iso100]

 

7S201913.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/60,F11,iso100]

 

無事、林道へ"帰還"です。

無事故無違反の素晴らしさを実感します。

また近々に足を運んでみたいと思うんですが、以前は林道から通じていた「黒滝」「白滝」までの道が途絶えているらしいです。

それすらも、結局は足を運んで確かめてみるしかないんですけどね…。

 

それにしても、佐渡の山もとても深いです。

そして、とてもとても魅力的です。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:紅葉

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

コメント
「道に迷っても沢に下りるな」の格言通り、ザイルなしで沢を下降するのはとても危険です。遭難死の多くが滝からの滑落ですから、無茶はしないでくださいね。昨日、小佐渡の飯出山を登って来ましたが、眼下に大きな滝が何ヵ所か見えました。佐渡には無名の滝がまだたくさんあるようです。
  • by tetsuiwana
  • 2019/11/16 7:00 AM
tetsuiwana さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

とても「ためになる」ご助言をいただきありがとうございます!
それにしても、先日は金剛山、今回は飯出山と、素晴らしいアクティビティですね(^^)

飯出山から見える滝となると「小倉四十八滝」でしょうか。
私もいつか歩いてみたいところです(^^)
  • by 華
  • 2019/11/19 9:51 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL