<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

この冬最初の「金福」にて

2019.12.24 Tuesday

 

もう10日ほども前になりますが、この冬最初の「金福(Kimpuku)」へとお邪魔をしました。

「この冬」というのは、厳密に言ってしまえば今年の1〜2月あたりも「この冬」な訳ですが、ここはひとつ「今年度の冬」とご理解いただけたらと思います。

 

7S203231.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/30,F2.8,iso400]

 

…という訳で、いずれにしても「お久しぶり」の金福です。

最近、このお店へお邪魔する時はいつでも「お久しぶり」な感じです。

 

7S203237.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/15,F2.8,iso400]

 

この日は、本当は開店と同時にお店の暖簾をくぐるくらいの勢いでいたんですが、

色々と立て込んでおりまして、結局は暖簾をくぐったのは20時前になってしまいました。

 

7S203240.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/15,F2.8,iso400]

 

「正肉」「トマト巻き」「さび焼き」「レバー」「砂ぎも」「うずら」「納豆巻き」「銀杏」「ししとう」

いつものメニューをオーダーします。

 

7S203246.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/30,F2.8,iso400]

 

通常メニューはメニュー表にあるのですが、オプションメニュー --- という言い方が正しいのかどうかは別として --- は小さな黒板に記されています。

そろそろ私の大好きな「煮込み」の文字がこの黒板に踊っていることと期待して来たんですが、

残念ながらこの日時点で「煮込み」はメニューにはありませんでした。

 

7S203248.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/30,F2.8,iso400]

 

それでも何でも、オーダーの際にはいつもこっそりと「煮込み」を含ませてみるんですが、当然、ないものはない訳であります。

いつもどおり、マスターである福嶋さんに「ないッ」と切り捨てていただきました。

福嶋さんに切り捨ててもらいたいがために、いつも繰り返している愚行です。

福嶋さん、この日もお相手していただきたいへんありがとうございました。

多分、今現在におかれましては、黒板には「煮込み」の文字が躍っていることとお慶び申し上げるところです。

 

7S203251.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/30,F2.8,iso400]

 

7S203255.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/30,F2.8,iso400]

 

7S203259.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/15,F2.8,iso400]

 

7S203269.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/15,F5.6,iso1600]

 

さて、この日は比較的お店は空いていた感じではありましたが、店内は静かな賑わいを見せていました。

いつもお世話になっている地元の重鎮 --- という言い方が正しいのかどうかは別として --- の皆さまと、お店を訪れた若者との交流の図です。

 

7S203278.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/15,F5.6,iso1600]

 

たまたま席が隣り合ったことで交流が生まれた訳ですが、関東方面から佐渡を訪ねてくれた若者2人のうち1人は佐渡に縁があったそうです。

お2人は大学時代にバイト先が一緒だったということで、社会人になって以降も友人としての付き合いの中で、

割りと定期的に佐渡へ足を運んでくださっているようでした。

 

「コイツ、合コンとかで知り合った女の子にも『…』なんすよ」とのことでした。

(『…』の中身については、男女が合コンで知り合って、例えばきっとお互い「コイツはないな」と思ったとしても、一定の大人の対応は必要であり

「そうだよね〜」等の相槌を打ってさえおけばその場は平穏にかつ無難にやり過ごすことが出来る訳ではあるんですが、

とにかくそんな妥協は許さず、己の主張や意見は通すという愚直さを兼ね沿えた男である…と。そんな内容とご理解ください)

 

そんなこんなもあり、とても好印象な若人であったと記憶しています。

その相方におかれましても、「コイツに連れてこられるまでは佐渡なんて…」というようなニュアンスの感じだったそうなんですが、

連れて来られ続けて以来、佐渡については好印象を持っていただいているご様子でした。

 

私は既に「福嶋さん、もう1杯だけ…」を繰り返して3〜4杯目に差し掛かる頃で、

福嶋さんにも「華はここからが長いんだよなぁ〜…」と呆れられている状況でした。

 

なので、あまり詳細なことは覚えていませんが、この若者お2人が思った以上に佐渡を好きで、かつ、佐渡を知っていると。

そして、来年の「相川祭り」には神輿を担ぎに来てくれる…と。

しっかりと記憶しているのはその2点でございます。

お互い、名前の交換もしませんでしたが、またこのお店なり相川祭りなりでお会いできることと思っています。

その時のことを楽しみに、また近いうちに金福をお邪魔し、その時こそは「煮込み」に舌鼓を打ちたいを思っています。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:オススメのお店

コメント
おはようございます。
学生の時、室堂まで行きました。雨晴海岸については、氷見にその時一緒に行った人が住んでいます。
富山湾越しの雪の立山連峰の景色は良いですね。
いつもの金福ですね。行った事はありませんが、常連になった気分ですよ。美味そうだなぁ。このところ呑み疲れているので、今夜は休肝日にしようと思ってたんですけどね・・・
佐渡高校のバレー部がテレビで紹介されていましたね。こっそり応援に行こうと思ってますが、寄付はしましたよ。
頑張って欲しいです。
  • by 加平
  • 2019/12/25 8:46 AM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

室堂については、こちらも憧れの場所でしかありません☆
これまでも写真等でしか見たことがなく、
いつか足を運んだ時の感動を忘れないものにしたいと思っています(^^)

富山湾越しの立山連峰については、
こちらは3月の頃に改めて訪ねてみたいなと考えています(^^)

佐渡高校バレー部につきましては、
新聞等見ますと、少なくともベスト4を目標としているようですね☆
そんなに簡単な世界でないことは理解していますが、
それでも期待してしまうのは地元贔屓なんでしょうか(^^;

寄付につきましては、私も微々たるものですがさせていただきました。
かつて野球部が甲子園に出場した際にも、
野球部OBということで、口座に300円程度しか残らないほど寄付をさせていただきました。
それにも関わらず、先輩からは「その300円も持って来い」と言われてしまいましたが(笑)

頑張って欲しいですね(^^)
  • by 華
  • 2019/12/31 11:08 PM
コメントする