<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

里山に春が到来しています

2020.02.09 Sunday

 

まぁ、この時期になりますと体が勝手にここへ向かう訳です。

 

7S208188.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1,F22,iso50]

 

佐渡一の清流を誇る「戸地川(Tojigawa River)」です。

 

まぁ「里山に春が到来している」ことについては、既に先日の記事でもお伝えしたところですが、

改めて、局所的にというのではなく、佐渡の里山に春が到来しているというニュアンスをお汲み取りいただければと思います。

 

7M308279.JPG

[α7iii,50mm F2.8 Macro,1/160,F2.8,iso100]

 

南向きの斜面に目を凝らすと、雪割草が姿を現していました。

こちらの一輪につきましては、顔をもたげた後に雪に襲われ、多少ボロボロになってしまった…という感じでしょうか。

 

7M308284.JPG

[α7iii,50mm F2.8 Macro,1/100,F2.8,iso100]

 

こちらの一輪については、眠たい頭をもたげたところですね。

ちゃんと目を覚ますのは明日以降になりましょうか…。

今週半ば以降から気温が一気に高くなる予報ですから、周辺に見え隠れしている株も含めて近いうちに一気に咲き誇ってしまうのかも知れません。

 

7M308288.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/160,F8,iso100]

 

さらに林道を進みます。

いつもの冬であれば、この時期にこんなところまで車で進んで来られるはずもありません。

私の前にもタイヤの跡がついていたんですが、タイヤの主はこちらの杉並木の枝打ちをしていらっしゃいました。

 

それにしてもこの杉並木。

いつの間にこんなに立派に大きくなったんでしょうか…。

もっと背丈の低い頃から知っているだけに、驚きでした。

 

7M308294.JPG

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/160,F8,iso100]

 

さらに林道を上流方向へと進みます。

かつての戸地川第1発電所のあるあたりです。

ちょっと見づらいですが、上の写真の手前少し左側から上に向かって続く階段のようなものが見えます。

ここにかつての水路管跡が残っています。

 

この水路管跡を辿ると稜線上にはさらに水路があり、上流へ続く水路の一部は、この先にある砂防ダムの上から見ることができます。

この水路管跡をいつか辿ってみたいと思うんですが、行くとすればこんな季節しかチャンスはないんだろうと思います。

今年は雪も少ないので、今がまさにチャンスなのかも知れません。

かといって、ちょっとした思い付きでは行けそうにありませんね…。

 

7M308296.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,0.5,F20,iso50]

 

何年か前にも、こうして雪の少ない冬の戸地川で遊んだ記憶があります。

 

7M308299.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,0.4,F20,iso50]

 

今年はさらに雪が少ないですし、気温も高いんでしょうね。

岩にくっついた氷やつららがとても心もとない感じです。

 

7M308300.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,0.4,F20,iso50]

 

7M308303.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,0.4,F20,iso50]

 

7M308310.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1,F20,iso50]

 

7S208192.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/160,F2.8,iso100]

 

さて、川べりを離れ、林道をもと来た方向へと戻ります。

 

7S208194.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/160,F2.8,iso100]

 

こちらには福寿草が花開かせていました。

 

7M308313.JPG

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/200,F2,iso100]

 

福寿草については、例年、雪割草より一足早く咲き始め、一足早く見頃を迎えます。

その意味におきましても、今年も雪の上に花開かせ、来週あたりには花の状態もキレイになるんじゃないかなと思います。

早くも「年度末」などという言葉がチラつき始め、気分の上でも忙しなさが募る季節に差し掛かろうとしていますが、

里山がこんな楽しそうな状態になると、さらに忙しなさに拍車がかかりそうです。

 

 

 

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

コメント
コメントする