<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Close to the night 〜 月夜の外海府海岸 〜

2020.03.09 Monday

 

満月2日前の明るい夜でした。

 

7S209798.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/100,F5.6,iso100]

 

こちらはまだ月も低い位置にある頃です。

写真右手には、鬼の横顔のような「鬼ヶ城(Onigaze)」が見えます。

(googlemapには「獅子岩」とありますね。これは私は初耳でした)

 

7S209802.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F11,iso100]

 

夕焼け後の美しいグラデーションが残る空です。

水平線から遠ざかるにつれて、優しく深い青に変わっていきます。

石花(Ishige)の漁港から望む「藻浦崎(Mourazaki)」です。

 

7S209806.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F11,iso100]

 

「影の神(Kagenokami)」です。

星空なんですが、背後からは月明かりが降り注いでいるため、ほとんど星が見えません。

元旦の日に、佐渡の最高峰・金北山の影を映すと言われる「影の神」です。

月夜にはウサギの影を映す、、、なんてことはないようでした…。

 

7S209875.JPG

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,30,F11,iso3200]

 

海に突き出た突端は「入崎(Nyūzaki)」です。

海岸段丘の上からレーザービームのように沖合を照らす光があります。

世に言う「入埼灯台沖の神子岩照射灯」です。

この日もブレることなく、沖の神子岩を照射し続けていました。

 

7M300461.JPG

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,217,F11,iso100]

 

その入埼灯台から望む夜景です。

手前から、高千(Takachi)、入川(Nyūgawa)、北立島(Kitatatsushima)、北川内(Kitakawachi)、後尾(Ushiroo)です。

写真中ほどやや奥に見える橋の手前が入川です。

その左奥に校舎が建っていますが、入川です。

その校舎の右少し奥には海に突き出た防波堤が見えますが、手前が北立島、向こうが北川内です。

そして、その背後の「影の神」のあたりが後尾です。

 

ookura.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,482,F11,iso100]

 

もう1箇所だけ。

小田(Koda)の山中から望む大倉(Ōkura)です。

直線道路の向こう側は大倉トンネルです。

写真左奥の断崖絶壁の下には、かつての難所である「大倉走り(Ōkurawashiri)」です。

名前の由来については、交通の難所である親不知・子不知に同じです。

かつての"大倉トンネル"のロック・シェードが連なって見えます。

 

月夜に映し出された波の動きを撮りたいと思って、夕方以降に外海府海岸へと車を走らせました。

まったくもって波がなく、波の動きを撮るどころではなかったところ、月夜に照らされた夜景が思った以上に美しい夜でした。

似たような視点で、こんな感じの佐渡の夜景をたくさん探してみたいですね。

しかも、明日は幸いにも「満月」です。

 

…なんて思ったら、明日は雨のようですね。

思うようには行かないものですが、この日がうまく行き過ぎたと考えれば、人生はやっぱりプラマイゼロですね。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:海と空の写真

 

コメント
おはようございます。
今朝は雨模様ですね。
帰省すると相川市街を抜けて、この岩が見えると帰ってきたなぁと思います。と言っても、ここからが長いんですけどね。
自分としては、今ひとつ違和感があるのは、高下と千本をまとめて高千という言い方ですね。小学校は、高下から石名までが、高千北小学校でしたからね。浜口一夫先生の著書によれば、沖の神子は高下と千本の入会地で、争いもあったとか。高下と千本の間は、今では市役所の分室や保育園や消防署とか色々ありますが、昔はここに豚小屋があって、中学に行くときに「くさい!」と言いながら通ったような気がしますが、中学になったときは、もう無かったかも知れません。忘れちゃった。
  • by 加平
  • 2020/03/10 7:20 AM
9日夕方、国仲平野の田んぼを両津へ向かって走っていた時小佐渡の東側にまん丸〜いお月さんが見えました。てっきり満月だと思っていました。
満月の光(あかり)に写った集落の夜景、沢山の電信柱も印象的ですね。
  • by 夢椿
  • 2020/03/10 8:32 AM
加平さん、おはようございます!
いつもありがとうございます(^^)

私は幼少の頃から外海府海岸が好きでしたが、滅多に連れて行ってもらえませんでしたので、
この岩を通るときは、いつもウキウキした気分でした(^^)
私もそこに違和感があったんですが、
以前?合併前?は「高下」「千本」って、住所としてあったと思うんですが、今はすべて「高千」なんでしょうか?
道中にある「ここは〇〇です」の看板にも「高下」「千本」はあった気がしたんですが…。

土地も資源もさほど多い訳ではなかったのでしょうから、各所で境界線の紛争は絶えなかったんでしょうね。
特に、田んぼの水の争いは大変だったことでしょう…。

豚小屋の存在はまったく知りませんでした(^^;
市役所の連絡所や消防署も老朽化が著しいですね。
複合化しながら縮小させなければならないのでしょうが、これまた難しい問題ですね…。
  • by 華
  • 2020/03/14 9:33 AM
夢椿さん、おはようございます!
いつもありがとうございます(^^)

何かと邪魔をする電柱や電線も、
時と場合によっては素敵な被写体になるから不思議ですね(^^)

夢椿さんが満月と思われた月さまは、私も満月かと騙されたお月さまでした(笑)

http://sado2008.jugem.jp/?day=20200311
  • by 華
  • 2020/03/14 9:36 AM
コメントする