<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

大佐渡スカイラインが開通しています

2020.04.30 Thursday

 

こんなに雪の少ない冬は、私個人としては記憶にないんですが、そのことと春の訪れが早いか否かについては別問題のようです。

既に大佐渡スカイラインが開通しています。

開通は4月13日でした。

例年とさほど変わりはありません。せいぜい、2〜3日早い程度と思います。

 

こんなに雪の少ない冬だったので、私個人としては、スカイラインの開通は3月末とか4月初旬になるんじゃないかななんて思っていました…。

何だかんだ、雪の量と季節の移り変わりの関連性は薄いようです。

 

7S208714.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/125,F11,iso400]

 

2週間ほど前の写真になります。

佐渡金山は道遊の割戸(Dōyū no warito)です。

裏側から望むこのアングルは、第5駐車場からです。

 

7S208718.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso400]

 

同じく第5駐車場から空を見上げます。

この日は比較的暖かでもあったことから、第5駐車場には数台の車が停まっていました。

どの車も窓を全開にして、車内での日向ぼっこを楽しんでいるようでした。

 

7S208724.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso400]

 

今シーズン初の大佐渡スカイラインです。

小仏峠の中腹から見下ろす"道遊の割戸"と春日崎です。

 

7M303148.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso200]

 

今シーズン初の大佐渡スカイラインです。

乙和池(Otowaike)です。

 

7S208727.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/320,F8,iso400]

 

7M303152.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso200]

 

7S208732.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/320,F8,iso400]

 

7S208734.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/4000,F2.8,iso400]

 

7M303156.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso200]

 

お久しぶりの乙和池でした。

「乙和池初め」は、反時計回りに1周してみました。

木々が芽吹く前なので、スカスカしています。

緑が芽吹き、新緑が眩しくなるのはあっという間です。

 

7M303159.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso200]

 

「遭難碑(Sōnanhi)」です。

毎年、スカイラインの"始め"と"最後"には足を運ぶ場所です。

今回も、今シーズンの山の無事のお祈りに来ました。

きっと、私と同じような思いを抱いている方もたくさんいらっしゃるんだと思います。

 

7M303161.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/5000,F2,iso200]

 

「地獄谷(Jigokudani Valley)」です。

ちょっと雲の多い時間帯でした。

 

7M303162.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/5000,F2,iso200]

 

7S208746.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/400,F11,iso400]

 

大佐渡スカイラインの最高地点付近です。

前方左手のなだらかな山が佐渡第2の高峰・妙見山です。

 

7M303168.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/800,F5.6,iso200]

 

加茂湖(Kamoko Lake)から両津湾(Ryōtsuwan Bay)方面です。

 

7M303169.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/800,F5.6,iso200]

 

人気スポットである「千竜桜(Senryūzakura)」を見下ろします。

早くも人が集まっています。

皆さん、いつ咲くのかと期待を膨らませていらっしゃるようです。

 

7M303180.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/800,F8,iso200]

 

交流センター白雲台(Hakuundai)からの両津湾方面の眺望です。

新潟港発のカーフェリー、そして、両津港発のジェットフォイルが見えます。

 

7M303182.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F8,iso200]

 

同じく、白雲台から見下ろす国中平野です。

小佐渡丘陵の向こう側に、微かに弥彦山が見えます。

国中平野の田んぼに徐々に水が張られています。

 

7M303186.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/3200,F2,iso200]

 

そして、千竜桜に立ち寄ってみました。

もちろん、この大木が花開くのはまだまだ先のことです。

 

7S208754.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/200,F11,iso400]

 

7S208756.jpg

[α7Sii,FE 16-35mm F2.8 GM,1/1000,F11,iso400]

 

7M303191.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2000,F2,iso200]

 

7M303193.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2000,F2,iso200]

 

7M303195.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/4000,F2,iso200]

 

例年通りであれば、こちらの桜が開花するのは5月25日前後でしょうか。

ここ数年、特に痛みの激しかった部分もありますが、昨年あたり補修されています。

また、根本周辺についても、"みっちり"と整備されているような感じです。

私もこの付近に咲く桜の周辺を覆っている熊笹とかをバッサリと刈り取ってやりたいと思っています。

 

写真の時から既に2週間程度経っていますので、いまはこの木の周辺もカタクリの花に覆われているのかも知れません。

G/Wの間に、1度くらいは足を運んでみたいと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:里山

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:カメラ

 

関連する記事
コメント
おはようございます。
実家から、田植え終了の連絡が来ました。
帰省しても、石名から出ない生活なので知るよしも無いのですが、千竜桜を見に来る人って多いんですね。
女房が自転車を買いました。佐渡を1周する気です。自転車を佐渡まで運ぶ方が大変じゃ無いかと思ったりしてますが、200kmありますから、そう簡単では無いでしょうね。
  • by 加平
  • 2020/05/01 7:34 AM
加平さん、こんにちは!
いつもありがとうございます(^^)

今年も田植えが無事に終了されたようで何よりです!
見かけた各所の田植えの風景は、ジャージを着た中学生の姿が目立ったような気がしました。
帰省される方が極端に少なく、居る人間を総動員している感じが見られました。

千竜桜は人気のようですね☆
故・天野 尚 さんの写真で一気に有名になりましたからね(^^)

奥様、自転車で佐渡を1周なんて素晴らしいですね☆
確かに、運ぶことも大変かとは思いますが、
一層のこと自転車に乗って佐渡までいらっしゃるのもアリなんじゃないでしょうか(^^)

佐渡まで400km+、佐渡1周200劼任垢(^^)
  • by 華
  • 2020/05/06 4:55 PM
コメントする