<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

稜線の向こう側の夕焼けはものすごかったんじゃないかなと思うんですが、稜線のこちら側の夕焼けだってものすごかったです。

2020.05.26 Tuesday

 

帰途に就いた頃は、曇ったような霞みがかったような冴えない夕景が広がっていると思っていました。

 

7S200120.jpg

[α7Sii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso100]

 

国中平野のR350バイパスを走行中、冴えない夕景は劇的に変化して行きました。

農道に似つかわしくないような赤いトラックが、しかしこの夕焼けにはとても似合いでした。

 

7M304844.jpg

[α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/250,F2.8,iso100]

 

7M304848.jpg

[α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/60,F5.6,iso200]

 

大佐渡山地は小仏峠の背後から放射線状に夕陽の光線が広がっていました。

稜線付近から炎が燃え上がっているようでした。

農道に似合いの白い軽トラックが、しかしこの夕焼けに殊更似合っていました。

 

7M304854.jpg

[α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/60,F5.6,iso200]

 

大佐渡山地には雲がかかっていました。

大佐渡スカイラインを上ってみたら、稜線の向こう側の素晴らしい夕焼けやら、国中平野側には雲海でも見られたかも知れません。

しかし、それを叶えるについては、圧倒的に時間が不足していました。

「どこでもドア」があればと思いました。

 

7M304858.jpg

[α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F2.8,iso100]

 

間もなく19時を迎えようとする、今日の国仲平野の夕景でした。

 

7M304871.jpg

[α7iii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F2.8,iso1600]

 

それから約20分後の相川湾です。

国中平野から望んだ、"稜線の向こう側"です。

夕陽を見ることはできませんでしたが、見事な照り返しを見ることができました。

 

月並みではありますが、今日も素晴らしい夕景の佐渡島です。

そしてそれは、佐渡島の"日常"でもあります。

そう。"日常が絶景"の佐渡島です。

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

 

コメント
おはようございます。
やっぱり夕景は良いですね。
ただ、親戚の叔父さんから貰った夕景の写真は、あの大震災直前のもので、もの凄く全体が赤いんですよ。
コロナの影響なら良いんですが、何かの予兆だと嫌だなぁと思いますが、杞憂でしょうかね。
  • by 加平
  • 2020/05/27 7:43 AM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

夕景は良いですね(^^)
夕景を堪能できるこの時期はとてもありがたいです☆

地震雲と呼ばれたり、地震の直前に撮られた空って異様ですよね…。
あの新潟県中越地震の直前の空は、ものすごく甘ったるいような青い空だったことを覚えています。

今回の夕焼けは、杞憂でしょう!
そう決め込みましょう(^^)
  • by 華
  • 2020/05/27 10:03 PM
コメントする