<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

THE BEAUTiFUL HOUR 〜 大野亀 〜

2020.06.11 Thursday

 

6月4日の「大野亀(Ōnogame)」です。

 

7M305052.jpg

[Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F14,iso100]

 

時刻は17時30分に近い頃でした。

 

7M305057.jpg

[α7iii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/1000,F14,iso100]

 

大野亀の今年の夜景は見ました。

大野亀の今年の朝景も見ました。

 

7M305063.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 OSS,1/6400,F2.8,iso100]

 

なので、まだ見ていない夕景と、お日様がてっぺんにある大野亀を見たいと思った訳です。

 

7S200635.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F14,iso100]

 

…で、いっぺんに両方は無理なので、この日は夕景を見に来ました。

 

7S200649.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/200,F14,iso100]

 

7S200656.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/100,F14,iso100]

 

普段はあまり通ることのない、「大野亀島」の鳥居を抜け"参道"を行きます。

 

7M305068.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 OSS,1/640,F5.6,iso100]

 

しばらく「通行止め」となっていた、山頂への"参道"にいつものバリケードが無いことに気づきました。

とりあえず、1周してから登るかどうか考えてみることにしました。

 

7M305069.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 OSS,1/1250,F2.8,iso100]

 

「二ツ亀(Futatsugame)」を望みます。

西日を受けて輝いています。

この時期、この付近は海から日が昇り、海へ日が沈みます。

 

7M305076.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 OSS,1/125,F8,iso100]

 

7S200667.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso100]

 

7S200687.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/200,F14,iso1000]

 

7S200692.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/250,F8,iso1000]

 

7S200708.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/500,F14,iso200]

 

7S200719.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/500,F14,iso200]

 

7M305085.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 OSS,1/500,F2.8,iso100]

 

7S200727.jpg

[α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/400,F14,iso200]

 

7S200761.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/50,F14,iso200]

 

7S200786.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/1000,iso1000]

 

7S200796.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F14,iso1000]

 

…大野亀の夕景です。

こんな風にじっくりと見たことって、ひょっとしたら無かったかも知れません。

 

7S200815.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso200]

 

そして、久しぶりの"登攀"です。

 

7S200817.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso1250]

 

7S200821.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/250,F11,iso1250]

 

大野亀の頂上へ登るなんて、それこそ10数年ぶりです。

思っていたほど疲れもしませんでしたが、思った以上に長い道のりでした。

その全域に渡って歩道を整備してくださった方には、心よりお礼申し上げるところです。

 

7S200825.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso1250]

 

"山頂"からの風景も久しぶりです。

間もなく満月という立派な月が東の空にお目見えしていました。

 

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso1250]

 

外海府の海岸線です。

突き出している半島の突端は入崎(Nyūzaki)のあたりなじゃないかと思います。

 

7S200832.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso1250]

 

10数年前よりも山頂周辺は身動きが取りづらいように思えました。

写真の手前の斜面に写っているような若松が繁茂していたためかも知れません。

 

7S200837.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/400,F11,iso1250]

 

山頂より、北西の海へと沈む夕陽です。

 

7S200839.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso1250]

 

山頂へと続く歩道ですが、最後の10数mは"馬の背"を行くようなスリリングさです。

まぁ、歩道の両サイドは潅木ですし、そうそう足を滑らせて滑落することなどないと思います。

私自身も常に"我が事"として、人様に迷惑を掛けないよう心掛けたいと思います…。

 

7S200848.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/125,iso1250]

 

山頂にいたのは、10分程度だったでしょうか。

みるみるうちに暗くなって来たもんですから、あんまり長居はできないのかなと思っていました。

登り一辺倒で汗をかいていたんですが、10分も経つと涼しいくらいでした。

 

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso250]

 

帰途に就きます。

 

7M305104.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/100,F2,iso250]

 

7S200861.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/60,iso1250]

 

7S200864.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,1/30,iso1250]

 

7S200868.jpg

[α7Sii,Fish-eye-Takumar 17mm F4,30,iso400]

 

無事に下山しました。

時刻は19時30分を過ぎていました。

 

7S200871.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1732,F11,iso100]

 

20時過ぎから約30分ほど長時間露光してみました。

満月に近いような明るい月が背後に昇っていました。

カンゾウの園に明かりが当たるのは嬉しいんですが、大野亀上空の星空は最後まで目立たずじまいでした。

また、そこそこの風が吹いていたため、カンゾウの黄色い花影が波のように流れて写ったりするかななんて期待したんですが、期待外れでした。

 

7S200875.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,30,F2.8,iso400]

 

平日とあって、素晴らしいロケーションだったんですが、いかんせんお客様が少なかったようです。

まぁ、今年ばかりは仕方がないのかもしれません。

夜の大野亀を独り占めです。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:夕景

コメント
おはようございます。
今日の写真こそ、見たかった景色です。大野亀も登れるようになったんですね。今年、帰省できればチャレンジしたいですが、手伝いがあるしなぁ。
  • by 加平
  • 2020/06/12 7:12 AM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

嬉しいですね。
見たかった景色をお届けできたようで(^^)

大野亀の山頂までの歩道については、
もともと地元の集落の方が登るためのもので、一般の方が登るための「歩道」という類ではないらしいです(^^;
私も知りませんでした…。
  • by 華
  • 2020/06/15 10:59 PM
コメントする