<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

羽黒神社の長い長い石段 II

2020.06.12 Friday

 

約5年ぶりにこの神社を目指すにあたり、まずは腹ごしらえと思いました。

 

7S200002.jpg

[α7Sii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/50,F2.8,iso400]

 

両津夷にある「りんか亭」さんにお邪魔しました。

魚料理にこだわったお店ということで、前日あたりにお店のSNSを見てランチに来ようと決めました。

 

7S209996.jpg

[α7Sii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/80,F2.8,iso400]

 

お邪魔したのは初めてでした。

店内、統一感のある独特の装飾で彩られています。

ちょうどCovid19による緊急事態宣言が解除された頃で、こんな風にお店にお邪魔することがものすごく久しぶりでした。

お店のSNSをチェックしたら、最近は岩ガキを提供してくださるようで、今度はお酒を飲みに行ってみたいと思います。

 

7M304581.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso200]

 

そして、羽黒神社(Hagurojinja Shrine)です。

 

7M304582.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2500,F2,iso200]

 

地図で見ると、両津港の北西方向に五月雨山(羽黒山)という風流な名前の山があります。

きっと、カーフェリーで両津港に入港する際なんかに目の前に見えている山なんだと思います。

相変わらず、独特の迫力と、何とも言えない威圧感を放つ門です。

 

7M304585.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1600,F2,iso200]

 

さて、長い長い石段のスタートはとても急な石段です。

 

7M304587.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1000,F2,iso200]

 

7M304589.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/125,F2,iso200]

 

孟宗竹が日々成長中の頃でした。

 

7M304596.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso200]

 

急な石段を上り切ったら社殿が…ではありません。

今度は下りの石段です。

そして、石段を下りきった谷底には赤い欄干の橋が架かっています。

その先には、さらに続く上りの石段です。

そして、石段の途中に見える赤い鳥居。

また社殿は見えません…。

 

「なんだここは??」と「佐渡にもこんなところがあったのか」と。

5年前に目一杯驚いた場所です。

 

7S200004.jpg

[α7Sii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso400]

 

橋の欄干には「羽黒神橋」とあります。

そこから見上げる石段と三の鳥居です。

 

7S200007.jpg

[α7Sii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso400]

 

7M304605.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso100]

 

7S200009.jpg

[α7Sii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso400]

 

こちらの石段は、最初の上りは96段。

続く下りは56段。

最後の上りは213段です。

最初の上りがそんなにあるとは思いませんでした。

 

7S200011.jpg

[α7Sii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/320,F2.8,iso400]

 

そして社殿まで駆け上がりました。

 

7M304615.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso200]

 

佐渡で「羽黒神社」を検索すると3つの羽黒神社がヒットします。

 

7M304617.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso200]

 

このうち、安養寺の羽黒神社は「能」が。

この羽吉の羽黒神社は「流鏑馬」が有名なようです。

 

7S200013.jpg

[α7Sii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/1000,F2.8,iso400]

 

奈良時代の頃に、出羽の国の羽黒山より五月雨山の山頂に奉祀されたそうで、加茂歌代より鷲崎までの20集落の総鎮守神であるそうです。

 

7M304624.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso200]

 

7S200016.jpg

[α7Sii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/400,F2.8,iso400]

 

五月雨山山頂から現在地へ奉遷されたのはそれから約350年後のことだそうです。

 

7M304622.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso200]

 

その当時から流鏑馬が神事としてあったのかどうかはわかりませんんが「佐渡 神々のおやしろ」(新潟県神社庁佐渡地区協議会)によれば

「昭和40年4月流鏑馬神事を復活」とあります。

 

7M304628.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso200]

 

神社の麓にあった案内板によれば、この流鏑馬が県指定の無形民俗文化財に登録されたのは昭和40年4月7日とのことです。

長らく途絶えていた神事を、この登録を機に復活させたとは考えづらく、前述の「復活」という記述の意味がイマイチわかりません…。

 

7S200024.jpg

[α7Sii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/400,F2.8,iso400]

 

ちなみに、この神社の例祭日は6月15日ですが、流鏑馬が行われるのは3年に1度の本祭の時だけだそうです。

さらに、その時にはこの長い石段を神輿が渡御するんだそうです。

前回この神社へ来た時から5年の歳月が流れていますので、少なくとも1回以上の本祭が執り行われているはずです。

 

前回の記事において、

「是非1度見てみたいですね」

なんて言っていますが、当然のようにまだ見られていません。

 

7S200032.jpg

[α7Sii,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/60,F5.6,iso400]

 

再び谷底の神橋から、振り返って三の鳥居です。

つい先ほど、久しぶりに味わった感動を思い出しながら、再びこの長く上り下りする石段の荘厳な姿に感動を噛みしめて歩きました。

 

このところすっかり足が遠のいていますが、あの「清水寺」の荘厳な参道に勝るとも劣らない風景です。

また5年後にこの石段を見に来てみたいなと思います。

…と同時に、久しぶりに清水寺の参道も歩いてみたくなりました。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:オススメのお店

関連する記事
コメント
おはようございます。
静かな海ですね。蒸し暑いんでしょうね。
昔、中学生の時に野球の大会を両津高校でやったような気がして、その時だけしか行ったことがありません。
なので、中等学校になったとか言われてもイメージができないですね。
でも、こんな所も佐渡にはあるんですね。
  • by 加平
  • 2020/06/13 9:47 AM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

いよいよ梅雨入りですね。
日中は蒸してきましたが、夜は空気が冷たい気がしています…。

なるほどー。
私が中学生の頃は両津球場が新しく出来た頃で、大会もそこでやってました。
何故か私たちは、いつもサブグラウンドの方でしたけど(^^;

この神社は、リンク先のとおり、数年前に初めて足を運んだ場所ですが、
階段を上って降りてまた上るという、これまでに経験したことのないことでした。

まだまだ知らない佐渡だらけです(^^)
  • by 華
  • 2020/06/15 11:10 PM
コメントする