<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Today

2020.06.21 Sunday

 

「何で夜の写真ばっかりなのんさ??」

という問いかけをいただきましたので、日中の写真を掲載いたします。

 

7S201858.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/160,F11,iso100]

 

確か、2〜3日前の天気予報では雨っぽかったはずでした。

それが、雨の予報はどんどん後へ後へとズレて行きました。

今日も雲一つない"快晴"でした。

 

7M305729.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/320,F5.6,iso100]

 

大佐渡スカイラインへと駆け上ってみました。

写真中央は、佐渡金山の象徴である「道遊の割戸(Dōyūnowarito)」です。

背後の海に突き出た突端が、世に言う春日崎(Kasugazaki)です。

今日は海が本当に青かったです。

 

7M305731.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/320,F5.6,iso100]

 

ほぼ同じアングルです。

割戸の右後方には、ちょっと見づらいと思いますが北沢浮遊選鉱場(Kitazawafuyūsenkōba)が見えます。

 

7S201860.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/160,F11,iso100]

 

大平高原(Ōdairakōgen)です。

カンゾウが最後の見頃を迎えています。

 

7S201862.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/160,F11,iso100]

 

入れ代わり立ち代わり、ここを通りがかる方が足を停めていました。

県をまたいだ移動が解禁となって、佐渡市内にも県外ナンバー車が見られるようになりました。

 

7S201863.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/160,F11,iso100] 

 

7S201870.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/640,F5.6,iso100]

 

7S201874.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/250,F5.6,iso100]

 

見下ろす国中平野です。

写真右手の山頂に構造物が見えるところが小仏峠(Obotoketōge)のテレビ中継所です。

 

7S201871.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/250,F5.6,iso100]

 

国中平野もすっかり濃い緑になりました。

もう、春先のような"水浸し"のような感じは一切ありません。

季節が過ぎるのはあっという間です。

 

7M305735.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/2000,F2.8,iso100]

 

カンゾウ…。

間近で見ると、ずいぶんと痛んでいました。

もう、花期はお終いですね。

 

同じことを書いたかも知れませんが、今年は本当にカンゾウにたくさん触れました。

さらに、いつも佐渡を訪れたり帰省されたりしている皆さんにとって、カンゾウのある風景がとても愛されていることも知ることが出来ました。

 

7M305751.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/3200,F2.8,iso100]

 

7M305753.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/3200,F2.8,iso100]

 

また1年後に会いたいと思います。

 

7S201879.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/100,F14,iso1250]

 

さて、陽射しが強くなってきたため日陰に避難です。

 

7S201880.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/100,F2.8,iso400]

 

7M305766.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso100]

 

7S201887.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/30,F11,iso400]

 

まぁ、日陰だからと言って涼しいとは限りません。

風通しもあまり良くなく、鬱蒼とした乙和池(Otowaike)でした。

 

7S201892.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/125,F11,iso400]

 

7S201901.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/125,F14,iso400]

 

7S201911.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/125,F14,iso400]

 

7S201915.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II,1/80,F11,iso400]

 

このところ、雨らしい雨も降っていませんし、池は水位が随分と下がっているようです。

なので、池の外周をぐるっと回ることは難しいことではありませんでしたが、とても鬱蒼としているため、オススメはいたしません。

 

7M305770.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/200,F2,iso100]

 

7M305774.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/160,F2,iso100]

 

7M305780.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1250,F2,iso100]

 

こちら、乙和池についても、私が到着した時に入れ違いのご夫婦が1組。

私が池の反対側の鬱蒼としているあたりで苦戦している最中にもう1組やって来ました。

こういうことが往々にしてあるんですが、こういう時にガサガサと姿を現すと周囲を驚かせて気味悪がられるばかりなので、

ひっそりと息をひそめたまま退散です。

 

そういえば、冒頭の問いかけについてですが。

これについては、とても重要な理由があります。

「ここだけの話し」ということで、皆様にはこっそりお伝えしたいと思います。

 

何故、夜の写真が多くなりがちなのかということにつきましては、、、

日中は仕事をしているからでございます。

それでは、また明日の夜にお会いしましょう。

 

 

 

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:里山

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

JUGEMテーマ:地域/ローカル

関連する記事
コメント
おはようございます。
昨夜、父の日と言うことで実家に電話を入れたら、親父は村の会議で不在でした。お袋に言付けましたが、雨が降らないので、畑がピンチとのことです。
お天気ばかりは、我々の思い通りに行かない、むしろこのところ予想外の事ばかりですね。
県外ナンバーが増えたとの事だと、お盆の帰省は大丈夫そうですね。
  • by 加平
  • 2020/06/22 7:16 AM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

相変わらずタイミング遅れのリコメントで申し訳ございません。
梅雨入りしてからも雨の降らない佐渡島です(^^;
先週あたりから天気予報に傘マークは増えてきましたが、降っているのかどうか…。
佐渡は広いので、局所的に降っているところとそうでないところの差も激しいようです…。

既に、県境をまたいでの移動も可能となっていますんで、お盆の帰省は問題ないかと思います!
…が、東京方面での、第2波と言えそうな感染者の拡大が気になりますね…。
  • by 華
  • 2020/06/30 11:31 PM
コメントする