<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

外海府へ

2020.07.31 Friday

 

昨日の記事の続きです。

海岸線を北上します。

 

7S203505.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/500,F14,iso200]

 

名勝・佐渡海府海岸は外海府海岸(Sotokaifu)です。

石名(Ishina)です。

 

7S203506.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso200]

 

私が勝手に言う「海府三景」の1つです。

他は、矢柄と跳坂です。

 

7M307817.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1000,F8,iso100]

 

石名の沖合に浮かんでいる漁船です。

磯ねぎ漁ですね。

 

7M307820.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1000,F8,iso100]

 

7M307822.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/1000,F8,iso100]

 

7S203509.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F14,iso200]

 

その矢柄(Yagara)です。

私の勝手な「海府三景」の1つです。

 

7M307827.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/400,F8,iso100]

 

関漁港からの眺望です。

大野亀が眼前に迫ってきました。

 

幼少の頃は、大野亀なんてとっても遠い場所でしたね。

それこそ、年に1回行けるかどうかという…。

決して裕福な家庭ではありませんでしたが、年に1回は必ず家族で佐渡1周のドライブをしました。

佐渡1周といっても佐渡の海岸線をぐるっと1周するのではなく、年ごとにルートは異なりました。

ルートは、父の行きたい場所でした。

 

今は、簡単に行くことができるようになりました。

 

7S203512.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso200]

 

関(Seki)の海岸線iです。

世に言う「寒戸崎(Sabutozaki)」です。

 

7S203514.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso200]

 

そう、ここの海岸線は知行山(Mt.Chigyōsan)が崩れてできたと云われる海岸線です。

県道に車を停め、初めて歩いてみました。

海から打ちあがったであろう角の取れた丸い石と、山が崩れたであろうゴリゴリした岩が分かれながら海岸線をなしています。

 

7S203520.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F14,iso200]

 

7M307828.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F8,iso100]

 

7S203521.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F14,iso200]

 

岩谷口(Iwayaguchi)です。

 

7S203525.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F11,iso100]

 

その「海府三景」の最後の1つです。

跳坂(Hanezaka)です。

 

7S203528.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F14,iso200]

 

海府大橋です。

橋の下を流れる大ザレ川は、大ザレ滝となって海岸線に落ち込んでいます。

いつかここを降りてやろうと思いながら、なかなか実現させることができないままでいます…。

 

7M307833.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2000,F2,iso100]

 

そんな訳で、とうとう願(Negai)です。

大好きな願です。

「荘厳にして雄大なる景観」を求めた結果、やっぱりこの場所へ来たんだなという印象です。

…と言いますか、そんな景観はこの場所以外ないなと…。

県外ナンバーの皆さんと同様の視線を得ようと"知らんぷり"を続けていましたが、

もしも私が佐渡を訪ねた観光客であったとしても、ここ願には足を運ぶんだろうなと。

 

私自身にとっても、久しぶりの願でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

コメント
おはようございます。
田んぼの写真ありがとうございます。先日、妹から出穂の写真が送られて送られて来ました。順調のようです。隣の休耕田も草刈りされてますね。
願の同期も去年会ったきりで、すっかりご無沙汰です。岩谷口の浜も、相中の生徒と黒鯛釣りに行きました。滅多に行くことがないので、とても新鮮です。そろそろ梅雨も明けると、暑くなりますね。残念ですが、今年はここで見てます。
  • by 加平
  • 2020/08/01 7:46 AM
加平さん、こんばんは!
いつもありがとうございます(^^)

本日、別のところで稲穂を間近に見たところ穂が出ていました。
これから開花するんでしょうか(^^?
私もそのあたり、勉強しなければと思います(^^;

同期との再会なんて、そんな感じなのかなと思います(^^)
岩谷口の浜は、私も滅多に足を停めませんが、昔はここで分館行事(キャンプ)をした記憶があります。
その時に、見上げた先にあった跳坂トンネルが、今や自身の最もお気に入りの撮影スポットなんて不思議なものです。

梅雨も明けましたね。
  • by 華
  • 2020/08/02 7:14 PM
コメントする