<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

乙和池へ

2010.11.07 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
大佐渡スカイラインの大平高原付近から少し奥まったところにある乙和池(おとわいけ)へ行って来ました。



DSC03068.JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 300mm 1/400s F8.0 ISO=100 WB=太陽光 スポット測光 --

標高200mくらいから、この乙和池の付近までの紅葉は非常に色鮮やかになっています。



DSC04142.JPG
【α550】+【SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 HSM】
-- 8mm 1/60s F11.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

前日に雨が降っていたので、乙和池は満水でした。

先週は嵐のようなお天気が続いたので、紅葉もずいぶん散ってしまったようです。



DSC04148.JPG
【α550】+【SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 HSM】
-- 8mm 1/100s F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --



DSC03095.JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 300mm 1/50s F8.0 ISO=100 WB=太陽光 スポット測光 --



DSC03103.JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 300mm 1/100s F8.0 ISO=100 WB=太陽光 スポット測光 --

今年もまた“紅葉”よりも“黄葉”が目に付きます。

若干枯れかかっているような感じですね。。。



DSC04152.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 60mm 3.2s F22.0 ISO=200 AWB スポット測光 C-PL --

風が吹くと湖面に浮んだ落ち葉がゆっくりと流れていきます。

鏡のような湖面にはもうひとつの世界が映っていました。



この後、そのままスカイラインを金井方面まで走ってみたんですが、
紅葉が楽しめるのは相川寄りはこの乙和池付近まで、金井側は白雲台のあたりまでではないでしょうか?

それ以外の区間は、すでに枯れてしまっているような印象です。
また、金井側の方が“紅葉”は多いようです。



今月あたりに、ドンデン山から金北山までの縦走を計画しているんですが、どうやら縦走路あたりの紅葉はすでに終わっていそうな雰囲気です。。。
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL