<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

雪景色

2011.12.01 Thursday

JUGEMテーマ:迫り来る冬
 
今日から12月ですね。

今年も早や1年が過ぎようとしています。


昨日は随分と冷え込みましたが、厚い雲に覆われた山々はさらに冷え込んでいたようです。



DSC01057(AWB).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 1/400sec F8.0 ISO=100 AWB 多分割測光 --

朝、ひんやりとした硬い空気を切り裂くように視線に飛び込んできたのが、朝陽に照らされた白い山並みと澄んだ青空です。



DSC01060(AWB).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/640sec F8.0 ISO=100 AWB 多分割測光 --

もともと好きな色といえば「青」と「白」なんですが、自然界が時折見せる「青」と「白」のコントラストには、
「この世にこんな綺麗な色があるのか…」と驚かされます。



DSC01073(太陽光).JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6G SSM】
-- 200mm 1/500sec F8.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

雪はもうずいぶんと低いところまで迫って来ています。

標高656mの小仏(おぼとけ)峠も中腹まで雪です。



DSC01075(太陽光).JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6G SSM】
-- 210mm 1/500sec F8.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

そこから少し東側に目を移します。

写真のちょうど中央あたりが乙和(おとわ)池ですが、綺麗な樹氷に覆われているんでしょうか?

左側のなだらかな稜線のあたりが大平(おおだいら)高原です。



DSC01076(太陽光).JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6G SSM】
-- 330mm 1/500sec F8.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

そこからさらに東側へ目を移します。

地獄谷も雪です。

写真右側の稜線が盛り上がっているあたりの裏側がスカイラインの最高点です。



DSC01077(太陽光).JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6G SSM】
-- 400mm 1/500sec F8.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

そこからほんの少しだけ東側へ目を移します。

写真中央の白雲台も雪です。



DSC01078(AWB).JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6G SSM】
-- 110mm 1/500sec F8.0 ISO=100 AWB 多分割測光 --

そして、主峰・金北山(1,173m)です。

天狗岩のあたりや、神子岩(みこいわ)のあたりも雪です。



DSC01080(太陽光).JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6G SSM】
-- 250mm 1/800sec F8.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

ずっと視線を東側へ移します。

佐渡の名峰・ドンデン山(934m)も当然雪です。


今年、2年ぶりに開通した入川(にゅうがわ)〜ドンテン山までの縦貫線も結局行けずじまいでした。。。



DSC01084(AWB).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 26mm 1/640sec F8.0 ISO=100 AWB 多分割測光 --

国府川沿いの赤い橋の袂より望む大佐渡の山々です。



DSC01085(曇天).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 70mm 1/320sec F8.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

そして、ぐるりと180度回れ右です。

とうとう小佐渡丘陵の峰々までにも白い雪が訪れました。


明日は今日より少しは気温も上がるようですが、また週末に向かって雨模様の天気となりそうです。



今週末、石花登山道から金北山までの縦走を企てていたんですが、慣行するには苦しい状況となってしまいました。。。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL