<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

乙和池

2012.05.11 Friday

 
乙和池(おとわいけ)に今年初めて行ってきました。

DSC02188.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/15sec F5.6 ISO=100 多分割測光 Wb=池の中の空をグレー点指定 --

スカイラインが開通して2週間になりますが、3〜4回は上りました。(全線走破はしてません)
この日は初めて相川側から上がりました。
雲が低く、霧が覆っていましたが緑は眩しかったです。

DSC02191(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 18mm 1/25sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

日本で最大級の高層湿原性浮島があることは有名な話ですね。
もっとも「高層湿原性」なんて難しいことを言う人はほとんどいないと思いますが。。。
「乙和池の浮島」です。

DSC02197.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 22mm 1/30sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

この前日、前々日とよく雨が降りました。
この日も午前中はずっと雨でした。
なので、池への上り口は溢れ出た池の水が川となっていました。

DSC02200.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 1/30sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=池の中の空をグレー点指定 --

雨にしっとりとした緑が、余計に濃さをましていました。

DSC02209(AWB).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 1/30sec F5.6 ISO=100 多分割測光 AWB --

池の水面は鏡のようです。

DSC02214.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/30sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

今でこそ池のすぐ脇まで車道が走り、簡単に足を踏み入れることができますが、昔はもっと神秘に包まれたような池だったんでしょうね。
麓の村の「おとわ」という娘がこの池の主である大蛇に見初められ、大蛇に代わってこの池の主になったと言います。
「おとわ」が池の主となった日が7月23日とされ、「乙和池まつり」が執り行われているそうです。

昔この池に来たとき、ここで出会ったおじさんにこの話を教えていただきました。
ただ、そのおじさんによれば「おとわ」が入水した日は4月28日ということでした。

DSC02224(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/25sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

また雨上がりに来てみたいと思います。
そして早朝が良いですね。
さらに、雲の切れ間から朝陽が射しこみ、この池全体に光芒が降るような景色だったら最高ですね。

それから。
先の話ではありますが、まだ見ぬこの池の雪化粧した姿も今年は見てみたいと思います。
JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:カメラ

 

#乙和池 #高層湿原性浮島 

コメント
こんばんは にゃ〜みです
最近 パソコンを開いていませんでした
久々に開いて華さんのサイトに来て
またまた ステキな空間に出会えました
ありがとうございます
とても 神秘的な雰囲気の漂う池ですね
ほんとは色んな音がするんでしょうけど
『静寂』
って 感じの写真ですね
雪化粧した姿 楽しみにしています
  • by にゃ〜み
  • 2012/05/12 12:00 AM
にゃ〜みさん、おはようございます!
いつもありがとうございます(^^)

この池こそ、にゃ〜みさんのいらっしゃる東京あたりでは中々味わえない感覚があるのかも知れません。
おっしゃるとおり『静寂』に包まれたところです。

聞こえてくるのは、カエルのゲコゲコ・・・、という声や、
キツツキが木をつついているカカカカカ・・・、という音です。

そんな音もこの池に吸い込まれていっているような感じです。

この池の雪化粧した姿。
ここまで来るのには相当苦労しそうですが、ぜひとも挑戦してみたいと思います(^^)
  • by 
  • 2012/05/14 9:25 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL